IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

頭囲の平均サイズはどれくらい?測り方や帽子の選び方も併せて紹介

更新日:2022年09月05日

服装・髪型

頭が大きいと悩んでいる多くの方は、帽子選びにも苦労しているのではないでしょうか。本記事では頭の大きさの簡単な測定方法と、平均的大きさや帽子選びの注意点について説明しています。帽子を選ばれる際には本記事を参考にして、お似合いの帽子を入手してください。

「頭が大きくて気に入った帽子を被ることができない」 「顔が大きく見えスタイルが悪く見えるのではないだろうか」 このように、頭が大きいことをコンプレックスに感じ気にしている方も多いでしょう。しかし、自分の頭のサイズを正確に把握している方は意外に少ないものです。 この記事では頭のサイズの測り方や男性、女性及び子供の頭囲の平均サイズを紹介しています。また、頭が大きいと帽子が似合わない原因や、どうすれば似合うのかなどの対処方法について述べています。 この記事を読んでいただければ自分の頭が気にするほど大きくないことに気づき、帽子が似合うコツが分かり、安心してお洒落ができるようになります。 頭囲を測り、サイズのあったお気に入りの帽子を選び、お洒落を楽しみましょう。

頭囲サイズの測り方を紹介

頭のサイズは基本的には頭囲ですがそれ以外に、頭長と頭幅があります。 頭長とは、眉間と後頭部の一番離れた箇所との直線距離のことを指します。正確に測るためには滑動計という専用定規を使いますが、普通の定規でも代用可能です。 頭幅は頭の横幅ですが、耳の上の横幅が最も広い箇所の直線距離で、やはり正確な測定には滑動計を用いますが、左右水平になるように注意してください。 同じ頭囲でも日本人と欧米人とでは頭長と頭幅には違いがあります。欧米人は頭長が長く奥行きがありますが、日本人は頭幅が長く、平べったいかたちになります。

手順と方法

まず、頭囲を正確に測るために鏡とメジャーを用意します。 正面を向いて鏡の前に座り、まずメジャーの0cm目盛りを眉間に当てます。そのあとメジャーを後頭部へ水平にまわし、眉間まで持って行きます。眉間の所でメジャーを重ねたら、鏡を見てメジャーがきちんと水平になっているか確認して目盛りを読みます。 一人では困難ですが、手伝ってもらえば簡単です。髪の毛の多い方は水泳のキャップを被って測ると正確に測りやすいです。 また、自分が平均より大きいか小さいかを簡単に知る方法もあります。A5サイズのノートを自分の顔に合わせ、顔がノートからはみ出すようであれば平均より大きく、収まるようであれば小さいということです。

頭囲の平均サイズは?

自分の頭囲を測っただけでは自分の頭が大きいのか小さいのか判断できません。そのため、平均頭囲を知って、自分の頭囲と平均頭囲と比較してみましょう。そうすることで、客観的に自分の頭の大きさを把握できます。 ここからは、男性、女性、赤ちゃんの頭囲の平均サイズについて紹介していきます。

男性

男性の平均頭囲については、国立研究開発法人産業技術総合研究所が「AIST頭部寸法データベース2001」で公表しているデータを参考にしました。 データは18~34歳の青年層と60~84歳の高齢層に分類されていて、男性青年層の平均頭囲は575.9mm、男性高齢者層の平均頭囲は571.6mmとほとんど差はありません。 出典:AIST頭部寸法データベース2001|国立研究開発法人産業技術総合研究所 参照:https://www.airc.aist.go.jp/dhrt/head/index.html

次のページ:頭囲が大きい人の悩み
初回公開日:2022年09月05日

記載されている内容は2022年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング