IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

修学旅行のスローガンは何がいい?作り方のポイントや例文も紹介

更新日:2022年11月21日

雑学・歴史

修学旅行のスローガン作成は意外と難しく感じるのではないでしょうか。本記事では、ポイントと注意点、熟語や英語、面白い表現を含む例文をご紹介します。修学旅行のスローガンをつくるためのネタ探しをお考えの方は、是非チェックしてみてください。

「修学旅行のスローガンって、どんなのを考えればいいの?」 「スローガンを決めるために気を付けなければならないことはどんなことだろう?」 このように、修学旅行のスローガンを考えている方には気になることが多いのではないでしょうか。 本記事では、修学旅行のスローガンを決める際のポイントと注意点、熟語や英語、行き先別の例文などをご紹介しています。 この記事を読むことで、修学旅行のスローガンとはどのようなもので、どういった表現が考えられるかを確認できるため、アイディア出しをスムーズに進めることができるでしょう。 学生時代の貴重なイベントである修学旅行を楽しむためのスローガンを作りたいとお考えの方は、是非この記事をチェックしてみてください。

修学旅行のスローガンを作る時のポイントと注意点

まずは、スローガンを作るにあたって、ポイントと注意点を確認しましょう。

ポイント

スローガンを考えるときのポイントは、わかりやすくシンプルであり、言ってみて楽しくなるようなリズム感があることです。 なぜなら、そもそもスローガンをつくる目的は、楽しい修学旅行にすることだからです。 そのため、自分たちで使ってみて、気持ちが明るく盛り上がるようなものにしましょう。

  • みんなにわかりやすい、シンプルな表現を使う
  • 楽しく、新しい経験をしたいという想いを込める
  • 全体のリズム感を大事にする

注意点

スローガンを考えるにあたり、気持ちが暗くなったりネガティブな気持ちになったりする表現には注意しましょう。 また、修学旅行は普段の生活からかけ離れた場所での特別なイベントです。学校や家庭では経験できない体験がしたいという想いを取り入れることで、修学旅行に前向きに臨むための心の準備にもなります。 なお、他の人が見たり聞いたりしたときに分かりにくい表現や長々とした言い回しはスローガンとしてふさわしくないため、避けた方が無難です。

  • 暗い表現やネガティブな表現は使わない
  • 普段の学校生活や家庭ではできない体験への希望を入れる
  • わかりにくい表現や長々とした言い回しは避ける

修学旅行スローガンの例文

ポイントと注意点をおさえたところで、次に具体的な例文を見ていきましょう。

四字熟語

四字熟語は意味があらかじめ決まっているため、修学旅行のテーマや旅立ちに向けた考えや想いを込めたスローガンが作りやすいでしょう。 修学旅行へのイメージから考えてもいいですし、好きな四字熟語から修学旅行への希望を考えてみるのもいいですね。

  • 一期一会:一生に一度だけの出会いを大切にしよう
  • 温故知新:古くからの場所をたずね、新しい見識を取り入れよう
  • 花鳥風月:美しい自然や風情に触れよう
  • 唯一無二:このときしかないことを楽しもう
  • 明鏡止水:曇りのない澄んだ心で取り組もう
  • 四海兄弟:真心と礼儀を尽くすことで、兄弟のように仲良くなろう
  • 電光石火:電気や光のように一瞬で、火のように激しく動こう
  • 楽学両道:楽しむことと学ぶことの両立を目指そう
  • 雲外蒼天:努力によって苦しみを乗り越え、素晴らしい世界にたどり着こう
  • 一致団結:同じ目的に向かって一つにまとまろう

二字熟語

次のページ:【地域別】修学旅行スローガンの例文
初回公開日:2022年08月15日

記載されている内容は2022年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング