IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面白い四字熟語総合69選|人に関係するものや繰り返しの漢字など

更新日:2022年11月21日

四字熟語

四字熟語と言えば、どのような四字熟語が思い浮かぶでしょうか。本記事では、聞いたことのある四字熟語から読み方がちょっと難しい四字熟語まで、どこか面白さのあるさまざまな四字熟語を紹介します。四字熟語に興味がある方は是非この記事を読んでみてください。

抱負にも使える面白い四字熟語8選

今年の抱負を決めようと思ったときに、どのように表現するでしょうか。四字熟語の中には、抱負にも使えるものがいくつもあります。 ここでは、抱負にも使える面白い四字熟語を8つ紹介します。もし、自分の抱負にふさわしいものがあれば、使ってみるとよいでしょう。

1:七転八起

「七転八起」は、「しちてんはっき」と読み、「何度失敗しても、くじけずに挑戦を繰り返し、努力すること」を意味します。「七転び八起き」とも言います。 用例としては、「難しい挑戦であったが、七転八起の精神でついに成功をおさめた」のように使用します。

2:一騎当千

「一騎当千」は「いっきとうせん」と読み、「一騎で多くの敵を相手にできるほど強いこと、転じて、人並み外れた能力や経験を持ったもののたとえ」を意味します。類語として、「一人当千」、「一人当百」などがあります。 用例としては、「彼は非常に能力が高いので、一騎当千の活躍を見せてくれた」のように使います。

3:意気衝天

「意気衝天」は「いきしょうてん」と読み、「意気込みや元気が、天を突かんばかりに盛んなこと」を意味します。やる気がみなぎっている様子を表します。やる気を持って物事に取り組みたいという抱負に使えるでしょう。 用例としては、「今日は運動会なので、意気衝天して早めに家を出た」のように使用します。

4:勇気百倍

「勇気百倍」は「ゆうきひゃくばい」と読み、「勇ましい気持ちが非常に大きくなること」を意味します。人気のキャラクターが元気になったときに口にする言葉なので、誰でも聞いたことがある四字熟語なのではないでしょうか。 用例としては、「大好きな君に応援されると、勇気百倍で何でも乗り越えられそうだ」のように使います。

5:勇気凛々

「勇気凛々」は「ゆうきりんりん」と読み、「失敗や危険を恐れずに、勇敢に立ち向かっていくさま」を意味します。「凛々」だけでも「勇ましいさま」を表すので、勇気があることが強調されている四字熟語です。 用例としては、「彼女の何事にも動じない勇気凛々なさまは見習いたい」のように使います。

6:風林火山

次のページ:人に関係する面白い四字熟語36選
初回公開日:2022年07月21日

記載されている内容は2022年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング