IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

往復はがきはコンビニで買える?取扱店や購入方法について解説

更新日:2022年07月21日

暮らしの知恵

往復はがきを郵便局以外で買えることはご存じでしょうか。この記事では往復はがきが買える場所を中心として往復はがきや切手の購入について幅広く紹介しています。郵便局まで買いに行くのが遠いという方はこの記事をチェックしてみてください。

ミニストップにおいても往復はがきを買うことができるほか、ポストも設置されているので往復はがきを投函することも可能です。 ただ、ローソンとは異なり、郵便物の集荷は1日に1回のみ行っています。急ぎの場合は郵便局で差し出すほうが良いでしょう。

コンビニで購入できるはがきや切手の種類と値段

コンビニでは往復はがきの他にも、通常のはがきや年賀はがき、各種切手類についても買うことができます。ローソンやミニストップではポストも設置されているので、そのまま投函することもできて便利です。 価格は郵便局で買う場合と変わりません。通常はがきが1枚あたり63円、往復はがきは1枚あたり126円で買うことが可能です。また、年賀はがきについては例年11月頃から取り扱いが始まります。 切手については63円普通切手、84円普通切手、94円普通切手を主に取り扱っています。これらの他にも120円切手や慶事用切手などがありますが、店舗によって在庫の有無が異なるので、お求めの際は事前に問い合わせた方がスムーズでしょう。 出典:第二郵便物 はがき|日本郵便株式会社 参照:https://www.post.japanpost.jp/service/standard/two/type/index.html 出典:普通切手|日本郵便株式会社 参照:https://www.post.japanpost.jp/buy/index.html#sec01

クレジットカードや電子マネーは使える?

キャッシュレス化が進む現在、コンビニで往復はがきや切手を買う時もクレジットカードや電子マネーが使えると便利です。しかし、残念ながらコンビニで切手やはがき類を買う場合は基本的に現金決済のみとなっています。 しかし、「基本的に」と述べた通り、例外も存在します。セブンイレブンではnanacoが使えるほか、ファミリーマートではファミマTカード、ミニストップではWAONを使うことができるのです。 また、郵便局の窓口で買う場合にはキャッシュレス決済を利用することが可能です。どうしてもクレジットカードや電子マネーしか使えないという時は郵便局を利用するほうが良いでしょう。

コンビニ以外の往復はがき販売店は?

これまで、コンビニで往復はがきが買えるかどうかを紹介しました。コンビニで往復はがきを買えるのは便利ですが、一方で普段あまりコンビニを利用しないという方は、わざわざコンビニで往復はがき1枚買いに行くのも気が引けるのではないでしょうか。 実は普段食料品を買いに行くスーパーやインターネットでも往復はがきを買うことができるのです。 コンビニ以外で往復はがきを買う方法を知りたいという方は以下もチェックしてください。

郵便局

もちろん郵便局の窓口で往復はがきを買うことができます。郵便局ならコンビニと違い、往復はがきを取り扱っていない店舗は無いので安心です。 郵便局なら在庫に悩まされることなく買うことができますが、仕事などで郵便局の営業時間内に買いに行くことができないという方もおられるのではないでしょうか。そんな時はゆうゆう窓口を利用してみると良いでしょう。 ゆうゆう窓口は郵便局の営業時間外に郵便物の差し出しや切手の購入などのサービスを提供する窓口のことです。ゆうゆう窓口は大きめの郵便局に設置されていることが多く、土日も営業しているところもあります。 さらに、郵便局ではネットショップも展開しています。送料はかかってしまいますが、わざわざ買いに行く必要がないので便利です。

スーパー

スーパーでも往復はがきを取り扱っている場合があります。はがきや切手を取り扱っている場合、インフォメーションコーナーやサービスカウンターに「〒」のマークが記載されています。 また、コンビニと同じように購入する際は現金決済のみとなるので注意が必要です。 よく行くスーパーで買い物のついでに往復はがきも買えると、わざわざコンビニや郵便局まで買いに行く手間を省くことができます。まずは取り扱いの有無を問い合わせてみると良いでしょう。

金券ショップ

次のページ:コンビニで往復はがきの印刷はできる?
初回公開日:2022年07月21日

記載されている内容は2022年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング