IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「筆まめ」の意味は何?対義語や類似の表現などもあわせて紹介

更新日:2022年07月21日

言葉の意味・例文

「筆まめ」を使い際に、使い方や言葉の意味がよくわからず、不安に思っている方も多いのではないでしょうか。本記事では、「筆まめ」の意味や由来を解説しながら、使い方などを紹介します。「筆まめ」の使い方に疑問や不安を持っている方はぜひチェックしてみてください。

「筆まめ」の意味や対義語、類似する表現と合わせて例文を紹介し、使い方を解説してきました。ここからは、筆まめを使用するときの注意点として筆まめの英語表現を紹介します。 「筆まめ」の英語表現は「筆まめ」の意味を英語で表現しているところがポイントになります。「筆まめ」の英語表現にはいくつかありますので、それぞれの表現を紹介します。日本語だけではなく英語表現についても英会話の中で使えますので、しっかりと押さえておきましょう。

筆まめの英語表現

「筆まめ」を英語で表現すると「good correspondent」となります。「correspondent」は「文通する人」という意味です。そこに「good」をつけて「よく文通する人」として「good correspondent(筆まめ)」となります。 また、この他にも「筆まめ」の英語表現では「good letter-writer」があります。「letter-writer」は「手紙を書く人」で「good letter-writer(筆まめ)」となります。 「筆まめ」の英語表現はいろいろとありますが、ここでは「good correspondent」と「good letter-writer」を挙げます。

「筆まめ」の言葉で手書きの手紙の良さを見直したい

ここまでは「筆まめ」の意味や由来、使い方などについて紹介してきました。「筆まめ」は「筆」と「まめ」をたとえとしてそこから派生して生まれた言葉です。「筆まめ」の他にも「物をたとえ」として生まれた言葉はたくさんあります。 「物をたとえ」とすることは日本語独特の奥の深い表現方法です。この「筆まめ」という言葉を知ることによって、パソコン全盛時代であっても、手書きの手紙や文章の良さがわかりました。 筆跡は人それぞれによって異なっています。パソコンによって画一化された文章や手紙ではなく、味のある手書きの良さを見直すことも必要です。

初回公開日:2022年07月21日

記載されている内容は2022年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング