IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「筆まめ」の意味は何?対義語や類似の表現などもあわせて紹介

更新日:2022年07月21日

言葉の意味

「筆まめ」を使い際に、使い方や言葉の意味がよくわからず、不安に思っている方も多いのではないでしょうか。本記事では、「筆まめ」の意味や由来を解説しながら、使い方などを紹介します。「筆まめ」の使い方に疑問や不安を持っている方はぜひチェックしてみてください。

「筆まめの意味や由来はどのようになっているのだろうか?」 「筆まめの使い方や例文を知りたい」 「対義語や類似表現は何だろうか?」 このように筆まめの意味や使い方を知りたい方にはたくさんの疑問があるのではないでしょうか。 本記事では、筆まめの意味や由来さらには対義語や類似表現、英語表現など基礎的な知識に加えて、筆まめの使い方や例文など適切な用い方の要点を紹介しています。 この記事を読むことで、その場に応じた筆まめの使い方や英語での表現について把握できます。この記事で得た知識によって筆まめへの一層の理解が深まり、筆まめの使い方に疑問を持っている方でも筆まめを適切に使えます。 筆まめの意味や使い方などを知りたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

筆まめの意味とは?

「筆まめ」と聞くと年賀状の作成ソフトを連想する人もいます。この作成ソフトは「筆まめ」という言葉を命名したことにより、関心を集めて有名になりました。作成ソフトは有名ですが、「筆まめ」のもっている意味には深いものがあり、意外と知られていないようです。 「筆まめ」は「面倒くさがらず手紙や文章を書くことやその様子」ということです。「筆まめ」の意味はその字体からは想像できません。 日常会話の中では使われる場面はあまり少ないようですが、「筆まめ」のもつ由来や言葉の意味には深いものがあります。ここからは、この言葉の由来や成り立ちを紹介しますので、しっかりと押さえておきましょう。

筆まめの由来

「筆まめ」を分解してみると「筆」と「まめ」から構成されています。この中で「まめ」という語が「筆まめ」の由来に関わるポイントです。 「筆まめ」は漢字で「筆忠実」となります。「忠実」(まめ)は「労苦をいとわず物事に励むこと。また、その様子。勤勉」という意味です。そして「筆」は「筆記用具の総称。文章を書く。」ことです。 つまり、「労苦をいとわず文章を書く」でことあって、「筆忠実」から派生して「筆まめ」となり、広く使用されるようになりました。

「筆まめ」の例文

「筆まめ」は「おっくうにならず文章や手紙を書く」という意味からも相手への尊敬の念やほめ言葉としても使われます。また、会話の中でも敬意を表すとともに相手に対する親しみの気持ちとして表現します。 ここからは、「筆まめ」に続く様々なフレーズを使った例文を紹介します。例文として使用するフレーズは「筆まめに」、「筆まめになる」、「筆まめである」、「筆まめな人」です。 それぞれのフレーズにより場面に応じた例文です。文章や会話の中で「筆まめ」を使うことによって一味違った趣のあるものになります。しっかりと押さえておきましょう。

「筆まめに」

・恩師からは筆まめにいつも定期的な連絡があります。 ・友人はいつも旅先から筆まめに手紙で連絡してくれます。 ・いつも筆まめに連絡をいただきありがたいことです。

「筆まめになる」

・私も父親を見習って筆まめになるようにと思っています。 ・筆まめになるためには普段から文章を書く習慣を身につけることです。 ・パソコン全盛の時代ですが手書きの良さを思い筆まめになるようにしています。

「筆まめである」

・先生はいつも新聞のコラムに投稿する筆まめである。 ・彼は筆まめであることをとても誇りに思っています。 ・彼はすべての年賀状に手書きの文をそえる筆まめである。

筆まめな人

・長男は亡くなった父親に似て筆まめな人です。 ・私は皆さんから筆まめな人であると思われるようにしていきます。 ・手書きの温かさを知ってこれからは筆まめな人になること目指します。

次のページ:筆まめの対義語
初回公開日:2022年07月21日

記載されている内容は2022年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング