IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「哀愁漂う」の意味とは?使い方や例文そして対義語についても紹介

更新日:2022年07月22日

言葉の意味・例文

人や風景、芸術作品に対して「哀愁漂う」と表現することがあります。この「哀愁漂う」はどのような感情を表すのでしょうか。この記事では「哀愁漂う」の意味や使い方、英語のフレーズなどを紹介しています。意味を正しく理解して繊細な感情を伝えてみましょう。

憂鬱や物悲しさを意味する「Melancholy」を使っても「哀愁漂う」を表現できます。 「Air of Melancholy」で「物悲しい雰囲気」となりますので、「哀愁漂う」と使えるでしょう。

「Felt melancholy」

もうひとつ「Melancholy」を使った表現で、「Felt melancholy」が挙げられます。意味は「物悲しく感じた」なので、こちらも「哀愁漂う」と伝えられる表現です。

「Drown in sadness」

悲しみを意味する「sadness」と、溺れるを意味する「drown」を使った「Drown in sadness」というフレーズも挙げられます。意味は「悲しみに溺れる」です。 「sadness」と「sorrow」の違いは悲しみの深さです。様々な程度の悲しみを表す「sadness」に対し、「sorrow」は深い悲しみを表します。 そのため、「Drift in sorrow」の方が、深い悲しみを表現していると言えるでしょう。

「哀愁漂う」の使い方を知って正しく使おう

「哀愁漂う」は寂しげな状態を表すため、人に対しての場合は誉め言葉とはとらえにくいフレーズです。しかし、芸術作品や風景などの場合は「悲しげ」と表現するよりも繊細な感情を伝えることができるでしょう。 意味を正しく理解して、自分の感じた「哀愁」を伝えてみましょう。

初回公開日:2022年07月22日

記載されている内容は2022年07月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング