IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「哀愁漂う」の意味とは?使い方や例文そして対義語についても紹介

更新日:2022年07月22日

言葉の意味

人や風景、芸術作品に対して「哀愁漂う」と表現することがあります。この「哀愁漂う」はどのような感情を表すのでしょうか。この記事では「哀愁漂う」の意味や使い方、英語のフレーズなどを紹介しています。意味を正しく理解して繊細な感情を伝えてみましょう。

風景や芸術作品を見たときに、「哀愁漂う作品だ」と表現することがあります。また、人に対しても「哀愁が漂っている」と表すこともあるでしょう。 ところで、この「哀愁漂う」とはどのような感情のときに使う言葉なのでしょうか。 この記事では、「哀愁漂う」の意味や使い方などについて例文を交えて紹介していきます。また、「哀愁」を感じる人の特徴や「哀愁」の対義語にも触れているため、意味や使い方が正しく理解できます。 さらには、英語で表現する場合のフレーズも紹介しているため、この記事を読むことで、自分の繊細な感情を明確に伝えられるようになるでしょう。 「哀愁漂う」は、寂しさや悲しさを感じる言葉ですが、繊細な感情を表せる美しいフレーズでもあります。意味を正しく理解して、自分の感じた「哀愁」を伝えてみましょう。

「哀愁漂う」の意味と読み方

「哀愁漂う」の読み方は「あいしゅうただよう」です。 「哀愁」は物悲しさを、「漂う」はある雰囲気が辺りに満ちていることを表しているので、「物悲しい雰囲気が漂っていること」を意味します。

「哀愁が漂う」と「哀愁を誘う」の違いは?

「誘う」には「その原因によってある雰囲気を引き起こさせる」という意味があります。 すでに物悲しい雰囲気が満ちている「哀愁が漂う」とは違い、物悲しい雰囲気を「引き起こさせる」ことを表しますので、間違えないようにしましょう。

「哀愁漂う」の使い方

「哀愁」を意味する「物悲しい」は、なんとなく悲しいことを表します。そのため、理由はないけれど心が痛んだり、悲しみを覚えたりしたときに「哀愁漂う」と表現するのが一般的な使い方です。

人に使う場合

「常に寂しげで、うつむきがちで物静かな人」に対して使うことが多いでしょう。 また、生活の苦労が感じられるくたびれた服や、使い古した小物などを身に着けている人に対しても使います。

風景や芸術で使う場合

「哀愁漂う」は、人が少なく寂しげな風景に対して使うことが多いでしょう。1日が終わることに、なんとなく寂しさを感じる黄昏時の風景に対しても使用します。 芸術作品も同様です。華やかさはなく、どこか影を感じる暗い雰囲気に対して使用することが多いでしょう。

「哀愁漂う」の例文

「哀愁漂う」は、どのような場面で使えるのでしょうか。ここからは、例文を使って紹介します。「哀愁」を感じるときの特徴も紹介していますので、併せて確認してください。

「彼からは哀愁が漂っている」

物静かで寂しげな人に対して使う例文です。うつむきがちであったり、悲しげな表情をしていたりする人物に「哀愁」を感じたときに使います。 普段は明るく元気な人が一人静かに佇んでいたり、ふと寂しげな表情を浮かべたりしたときにも使用できる表現です。

「哀愁を漂わせた演技」

次のページ:「哀愁」の対義語
初回公開日:2022年07月22日

記載されている内容は2022年07月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング