IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「杞憂に終わる」ってどんな意味?使い方や例文もあわせて紹介

更新日:2022年07月21日

言葉の意味・例文

「杞憂に終わる」という言葉の使い方はご存じですか?この記事では語源から使い方や注意点、さらには類義語や例文を含めて詳しく解説しています。また「杞憂」を使ったその他の表現についても紹介しています。「杞憂に終わる」の使い方が知りたい方は確認してみてください。

「強迫観念」とは、打ち消そうとしても頭から離れず不安な気持ちになることの意味で使われます。 「失敗できないという強迫観念があり、緊張が頂点に達し足が震えた」というような使い方をします。

危惧

「危惧」とは、ものごとに対し悪い結果を想定し不安や恐れを抱くことを意味します。 「○○対策が失敗に終わらないか、有識者の間からは危惧する声があがっている」というような使い方をします。

「杞憂」の対義語

「杞憂」の対義語としては「暢気」(のんき)、「楽観」が挙げられます。 「暢気」(のんき)とは、ものごとをあまり心配しないことを意味し、「楽観」とは、ものごとを良い方に考え心配しないことを意味します。

「杞憂」の英語表現

「杞憂」を直訳する英語表現は見当たりませんが、言い換えるとすれば「nothing」「unnecessary」「unfounded」がよいでしょう。 例文を挙げると「There is nothing to worry about that」(何も心配することはありません。)と表現することができます。 また、「Don't worry to much about it」(あまり気にしないでください。)という表現も可能です。

「杞憂に終わる」の意味や使い方について理解を深めよう

本記事では「杞憂に終わる」の意味や使い方について解説しました。「杞憂」という言葉が持つ意味が理解でき、正しい使い方や他の言葉との使い分けも身についたことでしょう。 正しい言葉づかいをすることであなたの評価もあがっていきます。会社や日常生活で「杞憂に終わる」を活用して、キャリアアップにもお役立てください。

初回公開日:2022年07月21日

記載されている内容は2022年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング