IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「かかわらず」の意味と「関わらず」など漢字による違い|使い方や英語表現も

更新日:2022年07月14日

言葉の意味・例文

「かかわらず」という言葉の意味を知っていますか。この記事では、「かかわらず」の基本的な意味や漢字表記による違いに加えて、例文と類語表現、英語表現も紹介します。「かかわらず」を正しく使いたいと思う人はぜひチェックしてください。

「それなのに」は、前に述べた言葉を否定する接続詞です。「にもかかわらず」の言い換えとして使えます。 「雨が降りそうです。それなのに、外で子供たちが遊んでいます。」

であるのに

「であるのに」も「にもかかわらず」の言い換えで使える表現です。断定の「である」に逆説の「のに」が付いた言葉で、前に述べた内容から予想と反したことを表します。 「休日であるのに、午後から出勤しなければいけません。」

「かかわらず」の英語表現

英語にも日本語と同じで、「関係なく」という意味で使える表現と、前に述べた内容を否定する表現があります。覚えておくと役に立つ、4つの英語表現を紹介します。

in spite of

「in spite of」は、前の内容を否定する意味で使われる表現です。悪天候など特定の条件を示して使い、やや驚きを含んだニュアンスがあります。 「In spite of bad weather, the event was held.」 悪天候にもかかわらず、イベントは開催されました。

regardless of

「regard less of」には「問わず」や「関係なく」という意味を持ちます。ややフォーマルですが、会話でも使われる表現です。 「Regard less of age, you can participate in the event.」 年齢にかかわらずイベントに参加できます。

despite

「despite」は「in spite of」と同じように使え、アメリカでは一般的な表現です。フォーマルな表現のために書き言葉で多く使われます。結局何かが起こるというニュアンスの言い回しです。 「Despite his efforts, he failed.」 努力したにもかかわらず、彼は失敗しました。

although

次のページ:「かかわらず」の意味・使い方や漢字表記について知っておこう
初回公開日:2022年07月14日

記載されている内容は2022年07月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング