IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「貴店」の正しい使い方とは?意味や読み方・対義語についても紹介

更新日:2022年07月14日

言葉の意味・例文

「貴店」の読み方や使い方をご存知でしょうか。この記事では、「貴店」の意味や使い方を例文と一緒に紹介しています。また、「貴」が付く似た言葉についても載せています。「貴店」の使い方について疑問があれば、この記事をチェックしてみてください。

「貴店へ伺いますのでよろしくお願いします」は、お店へ直接訪問する予定がある際に使うと良いでしょう。 「お伺いします」や「お伺いいたします」は二重敬語となるため、間違わないように気をつけましょう。

「貴店の益々のご発展をお祈りしております」

取引先のお店とのやり取りで、文末の表現に迷ったら「貴店の益々のご発展をお祈りしております」を使いましょう。 「今まで以上にお店が繁盛するように祈っている」という意味で、履歴書の送付状で使用するのもおすすめです。

「貴店には日頃より絶大なるご支援をいただいており、お礼申し上げます」

協力体制にあるお店とのやり取りには、「貴店には日頃より絶大なるご支援をいただいており、お礼申し上げます」を使いましょう。 相手からの支援に感謝する意味が込められている丁寧な表現です。

「貴」が使われる単語

「貴」には相手に対して敬意を表す意味が含まれています。 ここからは「貴」が使われる単語をチェックしていきましょう。

「貴学」

「貴学」は「きがく」と読み、学校を表す言葉です。 基本的には大学を表す言葉で、大学宛に送る履歴書などの表記は「貴学」です。こちらも文語のためメールなどで使用しましょう。

「貴省」

官公庁の中でも省を表す「貴省」は、「きしょう」と読みます。 総務省や法務省などの省に文書を送るときは、「貴省」を使います。ちなみに区役所などは「貴所」です。

「貴法人」

社会福祉法人や医療法人など、法人を指す言葉として「貴法人」があります。 こちらも求人の応募書類でミスしないように気をつけましょう。「貴社」表記では、意味が変わるため、応募先を確認してください。

次のページ:「貴店」の対義語
初回公開日:2022年07月14日

記載されている内容は2022年07月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング