IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「貴店」の正しい使い方とは?意味や読み方・対義語についても紹介

更新日:2022年07月14日

言葉の意味

「貴店」の読み方や使い方をご存知でしょうか。この記事では、「貴店」の意味や使い方を例文と一緒に紹介しています。また、「貴」が付く似た言葉についても載せています。「貴店」の使い方について疑問があれば、この記事をチェックしてみてください。

「貴店ってどういう読み方をするの?」 「貴店と貴社って同じ意味じゃないの?何が違うの?」 「貴店という言葉を使ってみたいけどどうやって使えばいいのかな。例文がみたい。」 このように「貴店」という言葉の使い方がわからない人も多いのではないでしょうか。 本記事では、「貴店」の正しい使い方について紹介しています。また、「貴店」を使った例文もチェックしてみましょう。「貴」が使われる単語や「貴店」に似た言葉についても触れているため、語彙力向上を目指すことができるでしょう。 この記事を読むことで、「貴店」の読み方や使い方を理解することができます。「貴店」の使い方について悩んでいる方は、是非こちらの記事を読んでみてください。

「貴店」の意味・読み方

「貴店」は「きてん」と読みます。その漢字の通り、お店を意味しており、相手を敬って使う表現です。 「貴店」は文語なので、メールや手紙などの文書にしか使いません。

「貴店」と「貴社」の違い

「貴店」はお店を指しますが、「貴社」は会社を表しています。 どちらも文語なのでメールや文書でしか見かけない言葉でしょう。

「貴店」の使い方

ここからは「貴店」の使い方を掘り下げていきましょう。 ビジネスシーンでは欠かせない言葉ですが、取引先が会社ばかりだった人にとっては使い慣れない方も多いのではないでしょうか。正しい使い方をマスターしてください。

メールで使う場合

「貴店」は相手を敬うときに使う表現なので、ビジネスメールで活用していきましょう。 メールの冒頭挨拶に入れたり、「貴店に伺います」など「お店」という表現の代わりに使用します。 そして、「貴店」は文語なので、口頭では使いません。間違えないように気をつけましょう。

履歴書で使う場合

相手を敬う表現の「貴店」は、履歴書を書くときにも使えます。 お店の本社宛に送る履歴書の場合は、貴社の方が正しい表現の場合がありますので、送り先に注意して書き分けましょう。

「貴店」の例文

「貴店」を使った例文を用意しましたので、チェックしていきましょう。 「貴店」は相手を敬う丁寧な表現なので、覚えておくとビジネスシーンで役立ちます。

「貴店へ伺いますのでよろしくお願いします」

次のページ:「貴」が使われる単語
初回公開日:2022年07月14日

記載されている内容は2022年07月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング