IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

センスのいいあだ名を簡単に見つける方法|考えるコツも紹介

更新日:2022年07月14日

暮らしの知恵

センスのいいあだ名を簡単に見つける方法や考えるコツはご存じでしょうか。この記事では、センスのいいあだ名を簡単に見つける10の方法と、センスのいいあだ名を考えるためのコツを5つ紹介しています。ぜひこの記事を最後まで読んでセンスのいいあだ名をつけてください。

「センスのいいあだ名ってどのようなあだ名なの?」 「新しくできた友達にセンスのいいあだ名を付けたい」 「センスのいいあだ名を付ける方法を知りたい」 友達や恋人との距離を縮めて親しくなる近道の1つに特別なあだ名で呼び合うことがありますが、センスのいいあだ名が思い浮かばないという方は多いのではないでしょうか。 この記事では、センスのいいあだ名を見つける方法や、センスのいいあだ名を考えるためのコツを紹介しています。 この記事を読むことで、かわいらしいあだ名から笑えるような面白いあだ名まで、センスのいいあだ名の作り方やポイントを把握することができます。 センスのいいあだ名作りに悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

センスのいいあだ名とは

友人や恋人など親しい間柄の場合、特別なあだ名で呼び合うことがありますが、センスのいいあだ名の付け方が分からないという方も多いのではないでしょうか。 そこで、今回はセンスのいいあだ名を簡単に見つける方法や考えるコツについて解説していきます。

センスのいいあだ名を簡単に見つける方法

あだ名とは、本当の名前以外に、その人の容姿・挙動・習癖などの特徴に基づいて付けられた別の名前のことを指しています。 かわいいあだ名やカッコいいあだ名、面白いあだ名などさまざまですが、付けた人のセンスがキラリと光るような、その人だけの特別なあだ名を付けたいものです。しかし、なかなかセンスのいいあだ名を見つけられずに悩んでしまう方も少なくありません。 センスのいいあだ名の付け方や考え方には押さえておきたいポイントがあります。それでは、ここからはセンスのいいあだ名を簡単に見つける方法を見ていきましょう。

名前をもじってみる

センスのいいあだ名が思いつかないときは、名前をもじってみましょう。名前をもじったあだ名は定番ですが、シンプルで覚えやすいのが特徴です。 例えば、倫子はリンコ・ノリコ、陽奈はヒナ・ハルナといったように、同じ漢字でも異なった読み方がある場合は、あえて違う読み方にするという方法もあります。しかし、同じ漢字・読み方という人が身近にいる場合は仲間内で混乱を招く可能性もあるため、注意が必要です。 また、下の名前だけでなく、苗字をもじってみてもいいでしょう。山田という苗字ならば、やまちゃん・やーさん・やっちゃん・やまだっちなど呼び方によって雰囲気は大きく変わります。

名前を省略・短縮してみる

芸能人や有名人にも多いのが、「キムタク」や「こじるり」のようにフルネームを省略・短縮したあだ名です。仲間内で、同じ苗字や名前の人がいる場合は、フルネームを省略・短縮したあだ名は呼びやすく分かりやすいためおすすめです。 苗字と名前、それぞれ2文字ずつ組み合わせるのが一般的ですが、例えば、「鈴木えり」は「すずり」のように苗字2文字・名前1文字、「田中みき」は「たみき」のように苗字1文字・名前2文字という組み合わせでもセンスのいいあだ名になります。 アメリカなどの英語圏でも、あだ名を付ける際に名前を省略・短縮することが多いです。

名前の間に「っ」を入れてみる

センスのいいあだ名を付けるうえで、呼びやすいというのは大切な要素です。名前や苗字の間に小さい「っ」を入れると、男性女性など性別関係なく呼びやすくて、親しみやすいあだ名になります。 例えば、「あつし」は「あっちゃん」、「りの」は「りっちゃん」などは親しみやすく男女関わらず呼びやすいあだ名です。 しかし、かわいらしいあだ名が苦手な方や強面なルックスの男性もいることでしょう。そのような場合は、「つちだ」は「つっちー」、「たかあき」は「たっきー」のように、男女関わらずにアレンジして使える、ちゃん付けではないあだ名を付けるようにしましょう。

愛称に敬称をつけてみる

次のページ:センスのいいあだ名を考えるコツ
初回公開日:2022年07月14日

記載されている内容は2022年07月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング