IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「首を長くして待つ」の意味|使い方や失礼にならない言い換えも紹介

更新日:2022年06月21日

言葉の意味

「首を長くして待つ」の意味や語源・由来を解説します。例文で使い方を示すとともに、日本語の類語と「eagerly」他を使った英語表現も紹介します。本記事を参考に「首を長くして待つ」や別の言い方を知り、ビジネスや恋愛など日常生活で適切な言葉を使いこなしましょう。

「『首を長くして待つ』の意味や語源、由来が知りたい!」 「目上の人に使うと失礼になるの?」 「類語や英語表現を知りたい!」 このように「首を長くして待つ」の意味や使い方、類語や英語表現について、疑問をお持ちの人も多いでしょう。 本記事では、慣用句「首を長くする」の語源や由来から、なぜ首を長くして待つというのかを探ります。また、使い方を例文で示し、日本語の別の言い方や英文も紹介します。 この記事を読むことで、「首を長くして待つ」の意味や使い方、失礼にならない言い換え表現について知ることができるでしょう。また、11の類語や英語表現についても併せて学べます。 「首を長くして待つ」という言葉について知りたい人は、ぜひ本記事を読んでお役立てください。

「首を長くして待つ」の意味・読み方

首を長くして待つ(くびをながくしてまつ)というのは、よく聞く言葉ですが、あらためて意味を問われると、意外とスラスラ説明できず戸惑うこともあるでしょう。 「首を長くして待つ」は、物事の早い実現を期待して待ち焦がれるという意味です。

「首を長くして待つ」の語源・由来

期待して待ち焦がれることを、なぜ首を長くして待つと言うのでしょう。 「首を長くする」は慣用句です。国語辞典によると、語源は待ち焦がれて今か今かとはやる気持ちから、首を長く遠くに伸ばして待つ様子に由来するとあります。首を長くして待つは、ここから来た言葉です。 待ち合わせの時に、なかなか現れない相手をまだかまだかと首を伸ばして、キョロキョロと探す様子が思い浮かびます。

「首を長くして待つ」の使い方・例文

「首を長くして待つ」という言葉の意味や語源、由来が理解できたでしょうか。 ここでは、使い方と例文を紹介します。自分に対して使う場合と家族や親しい人に対して使う場合に分けて、例文を挙げます。例文を参考にして、言葉を使いこなしましょう。

自分に対して使う場合

まずは、自分に対しての使い方について、例文を紹介します。 「彼からのメールを首を長くして待つ。」「夏休みの旅行が楽しみで、今から首を長くして待っている。」など、自分の楽しみが実現するのを待ち焦がれる様子を表すことができます。

家族や親しい人に対して使う場合

「首を長くして待つ」というのは、自分の様子を表すだけではありません。ここでは、家族や親しい人に対する使い方の例文を見ていきましょう。 「母は、兄の帰省を首を長くして待っている。」「友人は妻の出産を首を長くして待っている。」というように、家族や親しい人が、何かを期待して待ち焦がれる様子がわかります。

上司や目上の人に対して使うと失礼になることも

「首を長くして待つ」は、待ち焦がれる様子を表現できる言葉ですが、ビジネスで使う場合は注意が必要です。上司や目上の人に対し「首を長くしてお待ちしております。」と丁寧に言ったつもりでも、早くしてと催促しているように思われ、失礼になることもあります。 誤解を招かないためにも、ビジネスでは「心待ちにしております。」などの類語に言い換える方がスマートです。

「首を長くして待つ」の類語・言い換え

「首を長くして待つ」は、ビジネスで使うと失礼になることがあるため、別の言い方を知っていると便利です。 言い換え表現はたくさんあり、ビジネスだけでなく恋愛シーンでも使えるなど、社会人の日常会話やメール、文章作成に役立ちます。

心待ちにする

次のページ:待望する
初回公開日:2022年06月21日

記載されている内容は2022年06月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング