IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「託す」の意味とは?使い方の例文や敬語表現についても解説

更新日:2022年06月21日

言葉の意味

「託す」という言葉の正確な意味をご存じでしょうか。今回の記事では「託す」の言葉の意味や読み方、「託す」を使った慣用句や英語表現、敬語表現などを紹介しています。言葉の意味を正確に知りたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

「あなたに託しますって言われたけれど、どういう意味?」 「託すってよく使うけれど、なんとなくでしか意味を知らない」 「託すの正しい使い方は?」 日常会話の中で「託す」と使うことがありますが、実際にどういう意味を持っているのか詳しいことは知らないという方も多いのではないでしょうか。 本記事では「託す」という言葉の意味についてや、どういう時に使うのかの例文の紹介、「託す」と「託する」の意味の違いと類語や慣用句などについて紹介しています。 この記事を読むことで、「託す」という言葉の意味や使い方、類語などを知ることができるため、これまでよりも安心して「託す」という言葉を使えるようになるでしょう。 「託す」という言葉の意味がなんとなくしか分からない方、言葉の意味に興味がある方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

「託す」の意味・読み方

「託す」という言葉は「たくす」と読み、3つの意味があります。 1.自分がしなければならないことを他の人に頼むこと、任せること 2.届けて欲しい物を相手に渡して届けてもらうこと、伝言を頼むこと 3.自分の気持ちや意見を他の何か(歌や詩など)によせて伝えること

「託す」と「託する」の違い

「託す」の似た表現で「託する」という言葉がありますが、元々「託する」という言葉のサ変五段化が「託す」であるためどちらの言葉の意味に、違いはありません。 そのため、使う時には使いやすい方やその時の状況に合う方を使ってみましょう。

「託す」の使い方・例文

「託す」にどのような意味や「託する」という言葉との違いについては理解できても、実際に使うとなるとどういった場面で使えばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。 ここでは「託す」の例文を紹介します。以下で紹介する例文や使い方を参考にしてみてください。

人に頼む場合

人に頼む意味で「託す」を使う場合、託す人と託される人、そして何を託すのかを具体的に提示した使い方になります。 ・「予定が入ってしまった。今日の会議はすべて君に託すよ」 ・「自分たちでは勝てなかった。あの学校に勝つ夢は後輩に託したい」 このように、託す内容は具体的なことから抽象的なものまで様々あるでしょう。

物を届ける場合

物を届ける意味で使う際には、託す人と託される人、届ける物と届け先の情報が必要です。 ・「申し訳ないけど、この荷物を託すので〇さんに届けて欲しい」 ・「そちらへ行かれるなら、ついでにこの本を託してもいいですか?〇さんに届けて下さい」 何を託すのか、誰に届けて欲しいのかをしっかり伝えましょう。

用件をことづける場合

自分が伝えたいことを他人にことづける際に、「託す」を使うことがあります。 ・「〇さんと会うなら、伝言を託してもいいかな?」 ・「今日のランチは〇さんとなんだね。それなら伝言を託すよ」 例文のように誰へのことづけなのか、何をことづけたいのかをしっかり伝えるようにしましょう。

思いを伝える場合

何かを「託す」場合、それは伝言や物に限りません。時には本人に直接伝えにくい思いや気持ちを、他の何かに託する場合もあるでしょう。 ・「恥ずかしくて直接言えなかったから、七夕の短冊に思いを託したことがある」 ・「バレンタインのチョコに私の思いを託すことにしたわ」

次のページ:「託す」の類語
初回公開日:2022年06月21日

記載されている内容は2022年06月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング