IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

罰ゲームをジャンルごとに一覧で紹介!盛り上がるおすすめアイテムも

更新日:2022年04月22日

言葉・雑学・歴史

罰ゲームをしたいけど何をすればいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。この記事ではおすすめの罰ゲームを一覧で紹介し、メリットやデメリットなども説明しています。ここでおすすめする罰ゲームをすることで飲み会などが盛り上がるでしょう。

「罰ゲームで場をしらけさせたくない」 「罰ゲームをやりたいけど、そもそもどんなものがあるのか分からない」 「何を基準に罰ゲームを選べばいいのか分からない」 こういった罰ゲームに関する悩みをかかえている人も多いのではないでしょうか。 この記事では罰ゲームを選ぶときにおさえておきたいポイントや、定番のものから手軽にできるものに飲み会で役立つものなど、ジャンルごとに分けたおすすめの罰ゲーム一覧とその特性などをまとめています。 読み終えたあとには罰ゲームに対する理解を深め、罰ゲームのレパートリーを増やすことができるようになります。 ぜひ罰ゲームマスターとなって、周りを盛り上げられるようなムードメーカーになりましょう。

罰ゲームのおすすめを一覧で紹介

友達や恋人、はたまた上司などと一緒にいるときに、場を盛り上げるシステムとして非常に重宝される罰ゲームですが、定番のものから、そうでないものまで様々な種類があります。 罰ゲームの種類や特徴、選択する際のポイントを押さえることで、今後のパーティーや飲み会の楽しさが格段と上がるでしょう。 ここから罰ゲームについて詳しく解説していくので、一緒に確認していきましょう。

罰ゲームを選ぶときのポイント

まず初めに罰ゲームを選ぶ際のポイントを解説していきます。罰ゲームだからといって何でもしていいわけでは決してありません。選ぶ罰ゲームを誤れば、場の雰囲気が悪くなったり、人間関係に亀裂が生じたりする可能性も十分に考えられます。 おすすめの選び方を一覧でまとめたので、確認していきましょう。

ポイント①TPOに注意する

TPOとは、time(時)・place(場所)・occasion(場合)の頭文字を取って作られた和製英語のこと。「時と場所によって服装や言葉を使い分ける」という意味で使われる。TPOの類義語には、「ドレスコード」や「服装規定」などが挙げられる。

どのような罰ゲームをするのかは、その状況によって基準を変える必要があります。 とても仲の良い友達の前では派手で大胆な罰ゲームをできますが、初対面同士の集まりの場で同じ罰ゲームをすれば空気が凍りつき、印象が悪くなってしまうことが考えられます。 その場に集まった人同士の距離や、どういった目的で集まったのかなど状況を判断して罰ゲームを選びましょう。

ポイント②誰でもできるネタを選ぶ

罰ゲームの内容が難しすぎて、実行できなければ意味がありません。 簡単で、どんな人でもすぐに始められるような罰ゲームであれば、その場のテンポをくずすことなく盛り上げられるためおすすめです。

ポイント③ケガや痛みを伴うネタは避ける

けがをしてしまう、あるいは大きな痛みが伴う罰ゲームはおすすめできません。 最近ではテレビやYouTube内で過激さを求めて非常に危険な罰ゲームが行われることもありますが、それを真似て実際に大けがを負ってしまうケースが起こっています。また罰ゲームを受ける側の負担も大きくなってしまうでしょう。 誰かがけがをすることで空気が重くなってしまうことも容易に考えられるため、なるべく安全に楽しめる罰ゲームを選ぶのがおすすめです。

ポイント④無理強いはしない

罰ゲームはある程度の強制力があるのですが、だからといっていやがる人に対して無理矢理やらせるのはダメです。罰ゲームはその場を盛り上げるために用いられるものであり、決して嫌がらせをするためのものではありません。 無理にやらせることで、ハラスメントと受け取られることもあるでしょう。相手がほんとに嫌がっているようであれば、罰ゲームを変えるなどして雰囲気をくずさないよう対処しましょう。

罰ゲームのおすすめをジャンルごとに一覧で紹介

次のページ:罰ゲームのおすすめ一覧【定番】
初回公開日:2022年04月22日

記載されている内容は2022年04月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング