IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事ができる人は嫉妬されやすい?嫉妬されやすい人の特徴7つと対処法5つ

転職の悩み・不安

仕事ができる人は普通の人よりも嫉妬ややっかみを受けやすいと言えるでしょう。そこでこの記事では、仕事ができる嫉妬されやすい人の特徴に加えて、嫉妬を受けてしまった時の対処法についてもご紹介しています。嫉妬を受け流す方法を身につけましょう。

更新日時:

仕事ができる人は嫉妬されやすいのか

職場にいる優秀で仕事ができる人に嫉妬心を抱いてしまったことのある方も多いのではないでしょうか。 仕事ができる人は嫉妬の対象になりやすく、とりわけ出世競争が激しくてエリート意識の強い人が多く在籍する職場ならば、なおさら強い嫉妬を受けることになるでしょう。 この記事では仕事ができる嫉妬されやすい人の特徴に加えて、嫉妬への対処法についてご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴7つ

仕事ができるからと言って、優秀なビジネスパーソン全員が嫉妬を受けるわけではありません。嫉妬をされやすい仕事ができる人もいれば、嫉妬を受けにくい人もいます。 では、両者の違いはどこにあるのでしょうか。ここからは、嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴を7つピックアップしてご紹介していきます。 職場の人から嫉妬されやすいとお悩みの方は、以下の特徴にご自身が当てはまっていないかチェックしてみてください。

嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴1:上司・先輩から可愛がられている

嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴としてまずご紹介したいのが、上司や先輩から可愛がられているということです。 ただでさえ仕事ができることに加えて、人から好かれやすいという一種の才能を兼ね備えている人物は、どうしても周囲からやっかみや嫉妬を受けやすくなってしまいます。 「あいつだけ上司に気に入られて悔しい」と、理不尽な嫉妬を受けるはめになるでしょう。

嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴2:周りからの評価が高い

周りからの評価が高いというのも、嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴の一つとして挙げられるでしょう。 有能であり、それを周囲から認められ評価されている人物は、評価されていない人から対抗心を燃やされやすく、嫉妬の対象になってしまいます。 本人が自分の優秀さを鼻にかけることがなかったとしても、周囲がその人のことを褒めることで、嫉妬心を掻き立てられる人物も多くいるからです。

嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴3:何にでも反論してしまう

嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴のひとつに、何にでも反論できてしまうということも含まれるでしょう。 頭の回転が速く、やっかみを受けても理論整然と言い返し、相手を言い負かしてしまう人物は、その隙のなさや完璧さゆえに余計に嫉妬の対象となります。 「仕事ができることを鼻にかけている」とネガティブな受け取り方をする人も多くなるでしょう。

嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴4:部下に自分と同じ能力を求める

部下に自分と同じ能力を求めるというのも、嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴のひとつです。 仕事ができる人は良くも悪くも自分の優秀さに無自覚であり、平気で自分と同じ能力を部下にも求めるため、部下からは反発をされやすいでしょう。 ちなみに本人には悪気はなく、部下が自分と同じように仕事をこなすのは難しいということを理解していません。

嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴5:向上心が高い

嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴のひとつとして挙げられるのが、向上心が高いということです。 向上心が高いということは意識も高く、また常に努力を怠らないため、意地の悪い人からは「真面目ぶっている」「生真面目すぎて人間味がない」とやっかみを受けてしまいやすいでしょう。 目標に向かって努力をするその姿に羨ましさを感じると同時に、嫉妬心を抱いてしまう人も少なくありません。

嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴6:退社時間が早い

退社時間が早いというのも、嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴のひとつです。 フレックスタイム制や時短勤務などが導入されている職場だと、仕事ができる優秀なビジネスパーソンは短時間で効率的かつ集中的に仕事を終わらせるため、仕事が終わらず残業をしている同僚を尻目に早く退社することができます。 それゆえ、「早く帰ってずるい」と的外れな嫉妬を受けることも多いでしょう。

嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴7:自分が嫉妬深い

嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴のひとつに、自分自身が嫉妬深いということも含まれるでしょう。 嫉妬深い人は職場の人に常にライバル意識を持って接するため、自分も周囲の人間からライバル意識や嫉妬心を向けられやすくなります。 とりわけ外資系企業など、同期との出世競争が激しい職場に身を置いている人は、このような傾向にあると言えるでしょう。

仕事ができる人が嫉妬から身を守る方法5つ

以上で見たように、嫉妬されやすい仕事ができる人の特徴は多岐に亘ります。嫉妬を受けることを気持ちよく感じる人もいますが、嫉妬されることでストレスを受けたりつらい思いをする人のほうが大多数でしょう。 では、嫉妬を受けた時にどうすればよいのでしょうか。ここからは嫉妬から身を守るために実践したい方法を5つご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

仕事ができる人が嫉妬から身を守る方法1:感謝の気持ちを忘れない

嫉妬から身を守る方法としてまずおすすめしたいのが、感謝の気持ちを忘れないということです。 些細なことであっても、相手から何かしてもらった時にきちんと「ありがとう」「感謝してるよ」と言葉にして伝えることが大切です。 感謝の気持ちをきちんと伝えることで、「お高くとまっている」「ちょっと仕事ができるからと言って調子に乗っている」とやっかみを受けることが少なくなります。

仕事ができる人が嫉妬から身を守る方法2:日頃から周りと友好な関係を築く

日ごろから周囲の人々と友好な関係を築くように努めるというのも、嫉妬から身を守るためにおすすめしたい方法のひとつです。 職場の人と積極的にコミュニケーションを取り、困っている人がいたら手を差し伸べたり悩んでいる人がいたら相談にのるなど、職場で良好な人間関係を築くことが、嫉妬から身を守ることにつながります。

仕事ができる人が嫉妬から身を守る方法3:嫉妬を受け流す能力を身につける

嫉妬から身を守るためには、嫉妬を受け流す能力を身に着けることも必要でしょう。 どんなに好人物であったとしても、嫉妬ややっかみを受けてしまうことはあるので、いちいち負の感情を向けられても過敏に反応せず、適当に受け流すように努めることも大切です。 嫉妬されて心無い言葉を投げかけられることもあるでしょうが、「何か言っているな」ぐらいに留め、相手にしないことが必要です。

仕事ができる人が嫉妬から身を守る方法4:嫉妬する人とは距離を置く

嫉妬する人とは距離を置くというのも、嫉妬から身を守るために必要な方法でしょう。 嫉妬する人と日常的に接しているとその負の感情によってストレスを強く受けてしまい、押しつぶされてしまうこともありえるため、できるだけ距離を取るようにしてみてください。

仕事ができる人が嫉妬から身を守る方法5:自慢話を避ける

嫉妬から身を守る方法として、自慢話を避けるということも不可欠です。 「能ある鷹は爪隠す」という言葉があるように、仕事ができる人こそ、周囲からの余計な嫉妬ややっかみを受けないために、謙虚な振る舞いを心がけるべきでしょう。

仕事での嫉妬は自分を高めるきっかけになる

今回は仕事ができる嫉妬されやすい人について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。 嫉妬されるということは、それだけ自分の能力や努力が認められているということでもあり、自分をさらに高めるきっかけにもなることでしょう。 嫉妬への対処法を学びつつ、受けた嫉妬をよい刺激にしてさらなる飛躍を目指してみてください。

アクセスランキング