IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】リサイクル業界の現状・動向・課題について

更新日:2020年11月06日

就活の業界・企業研究

日本にリサイクルショップが生まれたのは、1970年代といわれています。

ネットオークションとの競合も激しくなっている現在では、ストアコンセプトを明確にして店舗づくりを行うことが大切になっています。

仕入れの強化が大切

中古品は、新品と異なり仕入れ量の調整が難しいという特性を持っています。

以前は、店頭での消費者からの買取または中古品市場からの購入が主体となっていましたが、中古品売買の伸長により、そういったやり方だけでは不十分となっています。

現在は、大手企業を中心に、インターネットでの商品買取や宅配便を活用した買取システムを導入しているところが多くなっており、今後も中古品の安定確保のために仕入れチャネルを増やして、仕入れ力の強化を図っていくことが必要となっています。

業界の今後の将来性

市場規模はさらに拡大する見込み

現在のリサイクル業界は、インターネット販売の普及により日本全国から欲しいものを探せる環境が整ったことで活況となりました。

また、これまで消費者にとって分かりにくかった中古品の価格についても、ネットやフリマアプリなどを利用することにより、情報収集がしやすくなっていることもリサイクル業界成長の要因となっています。

インターネットで欲しいものを購入し、実店舗では欲しいもの自体を探す等、ネットと実店舗のすみわけも大切になってきますが、中古品に対する抵抗感が薄れ、リサイクル業がビジネスモデルとして認知された今、これからはさらに新規顧客の開拓は進み、市場は成長を続けると考えられています。

経済産業省によると、リサイクル業界の市場規模は2025年には2兆円に達する見込みとのことです。

業界研究本

日本経済新聞社の記者が徹底取材をして、日本の180業界の最新動向や課題、将来の見通しを解説しています。企業間の相関図、企業・製品のシェア、業界のトレンドを示す表やグラフがビジュアライズされており、業界のことが一目でわかるようになっています。業界研究をするにはまず目を通しておきたい1冊です。

国内の全上場企業の業績予想を中心に、所在地から財務情報まで、会社のことを知るのに欠かせない情報をまとめたハンドブックです。就職活動における業界研究から、株式投資といったビジネスユースに至るまで幅広く使えるのがの理由です。

毎月2回発行されているリサイクル業界の専門誌です。業界動向、リサイクルショップ情報、中古商品の調達方法のほか、全国古物市場一覧が掲載されています。リサイクル業界は変化のスピードが早く、ネットにもほとんど情報がない状況ですので、この業界を志望される方は業界研究として目を通しておくことをします。

アクセスランキング