IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

間違いも多い「所存です」の正しい意味と使い方・意向との使い分け

更新日:2022年09月05日

言葉の意味

よく耳にするのに、実はちゃんと意味が説明ができない敬語表現、「所存です」。慣れている表現だからこそ、曖昧な理解で使っていると場合によっては失礼になっているかもしれないですよね。意味と使い方を知って、「所存です」という表現の何となく感を解消しましょう。

あらたまった場の発言やビジネスシーンでのやりとりに使われる「所存です」は「思います・考えます」のような謙譲を意味する語として、定番のフレーズとなっています。 あらたまった場やビジネスシーンなどは、いずれも相手がいる相対的な場面・状況であり、相手の立場に立ったコミュニケーションをスムーズに成り立たせるためにも、このような謙譲の意味のある言葉を効果的に使いたいものですが、難しいものですね。 この記事では、取扱いの難易度が高い「所存です」のフレーズの使い方、例文・類語など紹介しあなたの不安を払拭します。 記事を読むことで、「所存です」の意味や使い方をしっかり理解し、効果的で正しい用い方を身につけてることができるでしょう。ビジネスシーンや公の席上で一ランク上のあなたをアピールしましょう。

「所存(しょぞん)」の意味とは

「所存(しょぞん)」の意味とは

「所存」は、ある物事についての考えごと、思ったことや感じたことを意味します。改まった言い方や書簡文などに用いますが、このような「所存」の用い方は相手に対して自分を目下にした言い方となり、目上の人に対して敬ってゆずるさまを表します。

「所存」を使う場面・使い方

「所存」を使う場面は、「所存です」の言葉の意味が「思う・考える」となることから、相手に対してこちらの決意や思いを伝える場面がふさわしものとなります。 使い方は、「所存です」には謙譲の意味があり相手に対して一歩引き下がってゆずることを示すため、相手の尊厳を傷つけることなく、こちらに対する信頼を勝ち取るような形が望ましいものになります。

社外への決意表明

「社外への決意表明」は、主に新たな会社のスタートアップや会社経営の失敗の再起、リコール案件などにおけるステークホルダーに対する報告と以後の対応に向けての会社の意志を示すものなどがあります。 このような公の場面では、相手を敬う意を込めて「所存です」を使って社の決意や新たな経営戦略などの考え・思いを伝えることが大切です。

履歴書の自己PR

履歴書のキーポイントは自己PRにあると言われています。 自己PR文章の作成では、自分のアピールポイントいかに表現するかが大事ですが、それに加えて、その決意や思いを伝えるために「思う・考える」を意味する「所存です」を効果的に使い、その真摯な姿勢をアピールして人事担当者の評価を高めましょう。

お詫びなどのビジネスメール

お詫びなどのビジネスメールは、業務上の問題が発生し相手に何らかの不利益を与えてしまった場合などに、こころからの謝罪と再発防止など改善への努力を誓うものです。 このようなお詫びメールでは、相手に「形式的な謝罪文」と受け取られることのないように、再発防止など改善への決意や思いを伝える「所存です」を使い、会社の不退転な取り組み姿勢を示します。

「所存です」の例文

「所存です」は、あらたまった場で使ったりメールや手紙などで相手を敬う言い方として使ったりするなど、自分の考えや自分が意図していることを伝える際に利便性の高い言葉になります。 この利便性から、「スピーチを行う」「着任挨拶する」「履歴書で自己PRする」など各種の場面で「所存です」が使われます。ここでは、その代表的な例を紹介しましょう。

スピーチを行う場合

スピーチを行う場合の例文は次のとおりです。

  • 絶滅危惧種の保存に全力を尽くす所存です。
  • 入社にあたり、先輩の皆様のご指導・ご鞭撻をいただいて、職務に全力を傾ける所存です。
  • 永年勤続表彰の栄をいただき感謝いたします。これからも皆様からいただいたご芳情におこたえすべく、全力を傾ける所存です。

着任挨拶をする場合

次のページ:「所存です」の敬語は?
初回公開日:2016年12月07日

記載されている内容は2016年12月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング