IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

間違いも多い「所存です」の正しい意味と使い方・意向との使い分け

言葉の意味

よく耳にするのに、実はちゃんと意味が説明ができない敬語表現、「所存です」。慣れている表現だからこそ、曖昧な理解で使っていると場合によっては失礼になっているかもしれないですよね。意味と使い方を知って、「所存です」という表現の何となく感を解消しましょう。

更新日時:

意味から知ろう、「所存です」

「所存です」を使いこなすためには、意味をしっかり知ることから始めましょう。 まずは「所存です」の「所存」はどういう意味なのでしょうか?

しょ‐ぞん【所存】 出典:デジタル大辞泉 心に思うところ。考え。

簡単にいうと、「所存です」は「考えています」という意味になります。敬語の中でも謙譲語にあたり、「思う・考える」の謙譲語が「所存です」となります。 「思います」という表現でも失礼にはなりませんが、同意語として理解して問題ありません。ということは、自身の思いや考えを伝える際に、「所存」という言葉を使うのがふさわしいですね。

「所存です」がふさわしいビジネスシーン

では、どのような場面で「所存です」という表現がふさわしいのかをみてみましょう。 「所存です」の言葉の意味が「思う・考える」なので、決意や意向を伝える場面がふさわしいと言えます。 例えば、 ・新しいポジションに就任する時 ・今後の方向性を話す時 ・自身の考えを述べる時 その内容に「所存です」とつけることで、相手を敬う意を込めて考えや思いを伝えることができます。 つまり、 ・リーダーとして新しい挑戦に取り組む所存です ・今後は、報告を徹底する所存です という形で使う表現です。

気をつけなければいけない誤用

敬語表現でいつも留意しなければならないのは、二重敬語を含めた誤用です。 相手を敬う表現だからこそ、場面と使い方を誤ると逆に失礼になってしまうのです。 「所存です」に関わる表現で、ありがちな誤用表現の例に次のようなものがあります。 ・〜と思う所存です。 ・〜と考えていく所存です。

どこが間違っているのかわかりますか? 何となくでいくと、意味もわかりますし問題ないように感じてしまうかもしれませんが、「所存です」に「思う・考える」という意味があるので、言葉が重なってしまいます。同じ意味の言葉を重ねて1つの表現、つまり二重表現と呼ばれる使い方は誤用です。 丁寧な表現を意識するあまり、敬語を重ねる二重敬語や、同じ意味の言葉を重ねる二重表現となってしまい、結局ビジネスマナーとして間違っているというのは避けたいものです。 「所存です」の意味をちゃんと理解していれば、誤用は避けることができますし、日頃から言葉が持つ意味を意識していれば、不安になることもありませんね。

「所存です」の「所存」と似た言葉、「意向」

「所存」と同じような場面で聞くような気がする言葉に、「意向」があります。同じ場面で置き換えて使うことができるのでしょうか? まずは、「意向」の意味からみてみましょう。 漢字を見てわかるように、「意が向く」ということで、「どうするつもりかという考え。心の向かうところ。思わく。」という意味になります。 「所存」も「心に思うこと、考え」なのでほとんど意味は同じです。では、双方を置き換えることはできるのでしょうか? 例えば、目上の人に使う「ご意向を伺えますか」という表現がありますが、「ご所存を伺えますか」と置き換えることはできません。 あくまで「所存」は謙譲語であり、尊敬語として目上の人に使うことはできないのです。 そういう意味では「意向」は誰にでも使うことができると言えますが、この言葉そのものは敬語ではないので、目上の人に対して使うときは「ご意向」として「ご」を必ずつけましょう。

謙譲と尊敬、様々な敬語表現を身につけよう

「所存です」の意味と使い方を通して、思いや考えを伝える謙譲表現をご紹介しました。 「ご」をつければ「尊敬」というような安易な方程式ではなく、言葉の意味をしっかり理解し、正しい表現を使っていきましょう。 これからも日本語のもつ敬語表現の深さを楽しんでいく所存です。 この謙譲語という日本語らしい表現のもつニュアンスやその基盤にある相手を敬う気持ちは、世界に誇れるビジネスマナーと言えるのではないでしょうか。 「意味」を知って、実践。この作業を徹底することで、ビジネスマナーの向上を目指しましょう。

苦手な敬語を諦める前に!

こちらの本は、敬語について非常にわかりやすくまとまっています。 敬語に苦戦している新入社員の方は是非、これを読んで見ましょう。

関連タグ

アクセスランキング