IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

泣く男の心理・かわいいのか・どう思うか|別れ話/仕事

コミュニケーション

泣く男は若い男が多いです。失恋や仕事での失敗などから泣く場合もあるので、なるべくそういうような状況を作らない事も必要です。普段から自分に不利になるような状況を作らないようにして、人に尊敬されるような男になりましょう。嬉し泣きができるような男を目指しましょう。

更新日時:

泣く男の主な心理とは何か?

人は感情の動物です。犬や猫が泣くこととは違い、高度な感情変化に応じて涙を流します。女性の涙は時に武器になりますが、女性を泣かせるような男や周りの人は泣かせたことに責任を持たないといけません。 泣く男の心理とは情緒不安定だったり、若い男が泣くことで自体の解決を望んでいる場合や考えていることは低レベルの場合が多いです。 また嬉し泣きをする場合もあるので、男の涙は必ずかっこわるいものではなく、時には人格や今までして来たことに対する達成感でもあるので、一概には男の涙はかっこ悪いものではないです。泣くことに慣れている男は泣くことで他人の同情を買おうとしているので、恋愛で別れる際に泣かれても放っておくことが必要です。

別れ話を持ちかけられた場合

彼女や妻に別れ話を持ちかけられて、泣く場合はショックが隠せない場合や信じられなくて泣くことが多いです。泣くような場面ばかりに立ち会っているような人生を送っているような男はロクな男でなく、普段の生活もだらしがない場合がほとんどです。 別れ話で彼が泣き出したら、女性はそのまま放っておいた方が良いです。別れ話をして泣いてどうにかなると思っている男では、一緒になって幸せになれないです。 別れ話を聞いて、泣くような男とは付き合わないことが一番です。

仕事が辛く仕事中に泣く場合

情緒不安定なのかじぶん自身に余裕がない場合がほとんどです。仕事で失敗して泣く場合は力量不足でどうしようもなく泣く場合がほとんどなので、もともと仕事が出来ない人が多く、普段は口先だけの男の可能性が高いです。男が仕事で涙を見せると言うのは、かなり病んでいる状態です。 男がある程度の年齢が過ぎても、人前で泣く男になるようならば、両親の教育が間違っていると言わざるを得ないです。自己の欲求ばかり追求している人物に多く、間違っても尊敬できるような人物ではないです。 仕事中に泣く男はとてもまともな心理状態ではないでしょう。

泣く男は女性にかわいく見えるのか?

付き合う女性によります。泣く男がかわいいと感じる女性ならばかわいく見える場合もありますが、そうでない女性ならばただ面倒くさい、すぐ泣く男なので信頼を寄せることはできないでしょう。ましてや男女の仲になるのはかなり難しいです。泣くのは女性の役割です。女性の涙ほど男の涙は価値がないでしょう。 女性は弱い存在なので、泣く男を見ると幻滅する人がほとんどです。頼りにできないばかりか他人に泣く男と付き合っているのだと馬鹿にされます。 いくら女性が男性並みに働いて社会的地位を得ても、泣く男をかわいいと思う女性はなかなかいないと言えます。

男の子が泣く場合と大の男が泣くのは違う

子供のうちは男の子でも泣く子はかわいく見えますが、中学生になっても泣き出すようでは、将来大きく出世をしたり、人より秀でた才能を開花させることは難しいでしょう。 男の子でも泣いて良いのは小学生までで、せめて中学生の後半になれば泣くことをやめるようにしないと本人のためになりません。大人になって泣く男は子供の頃に泣いて物事を解決している癖が残っている場合があるので、親はできるだけ泣かせないで、物事を解決させる力をつけさせるべきでしょう。 子供が泣いてかわいいで済みますが、大人になれば通用しないことを中学生ころから教えることは親の義務となります。女の子でも滅多に泣いたりはしません。

恋愛で泣く男の主な心理って何?

恋愛ですぐ泣く男の主な特徴は、恋愛経験が豊富な場合とそうでない場合があります。先ほども述べたように失恋からのショックで涙を流す男もいれば、心の支えがなくなり絶望して泣く場合もあるので、泣く男はじぶんの感情に素直なので、付き合う女性は付き合っていて楽しく、じぶんにふさわしい男だと思っている場合が多いです。 泣く男は小さい頃から泣く事で、事の収集をしてきたので、若いうちによく泣く男は泣かないで物事を解決できることを学んでいきましょう。 男が泣く場合は信じていた人に裏切られた場合などにも涙を流す場合もあるので、泣く男はある意味恋愛に真剣な男が多いと言えるでしょう。

すぐ泣く男の周りのイメージとは

信頼がないとか、頼りにならないというイメージで泣く男は周りに思われてしまいます。男らしい男が減って来た現代では、泣く男は珍しくなくなっている職場や家庭や学校もありますが、女性の盾となって守るようにイメージされている男が泣く事は、結婚相手としてはあまり好ましくないでしょう。 泣く男は人の信頼や信用という言葉を重く感じていません。だから泣くという軽率な行動にでます。信頼や信用という言葉を大切にしている男はすぐに泣いたりせずに、物事を解決する能力を持っていて、じぶんがいなけばどうなるのかを良く知っているので、現状分析がよくできている人物と言えます。すぐ泣く男は仕事もままならずに、恋愛も上手くいっていません。

うざいと思う場合はどのような時か

大勢の前で突然泣いたり、女性のように泣き崩れる男です。失恋や仕事以外で大人の男が泣く事はないでしょう。怪我や病気で泣く事はないです。末期のガンや親しい人の死に直面した場合は泣く男もいますが、恋愛や仕事で泣く場合は根性のない男だと思って付き合った方がよいです。 飼っているペットが亡くなって必要以上に泣くのも、あまり良いイメージを与えられません。悲しい事や辛い事を乗り切るのに涙の力を借りる事は、お酒の力を借りて酔っぱらい、普段できないことをしている酒飲みと同じになります。すぐに泣く男はじぶんに自信がなく、じぶんという人格を形成できていない男だと言えます。自信がある人とお付き合いをしましょう。

嬉し泣きをできるような男になろう

娘の結婚式でバージンロードを歩く際に涙を見せたり、教え子が卒業して泣く事は恥ずかしい事ではないです。また友達の事で泣いたりすることも良いでしょう。 嬉し泣きをするということはそれだけ普段している仕事や家庭での役割を立派に果たしていることになります。じぶんの娘や息子が病気になったり、亡くなった際も泣いてあげる事で供養ができます。 男の涙はある意味女性より、貴重に扱われる場合もあるので、若いうちの恋愛や仕事で泣く事から卒業するのが、立派な男になる条件になります。本当に辛いと感じた場合は涙は出ません。すぐに泣く男にならずに意義のある嬉し泣きができるような男になりましょう。

泣くことはストレス発散になる

嬉しくて泣く涙と、悲しくて泣く涙は涙の成分が違います。嬉し涙の方が体に悪い物を出しています。また悲しくて泣く場合は体に良い物を流すので、嬉し泣きの方が体に良い事になっています。 タバコを吸わなくて我慢して、ストレスが溜まるよりかはタバコを吸ってストレスを失くす方法もありますが、人が涙を流す意味は体をいたわって体が変化を起こしていることでもあります。怪我をして血を流す事と同意です。ひどく大きな怪我をすれば、痛みを感じない事も体と精神を守っている事から考えられているので痛みを一時的に感じません。

男は涙を見せないようにするのが鉄則

嬉し泣き以外では簡単に涙を見せないような男になりましょう。常に向上心を持ち涙を流すような状況を作らない事です。男の涙は女性にあまり良いイメージを与えません。 泣く事を癖にしないためにも普段から、気分転換法を考えておくべきです。泣く事で物事から逃げるような男にはならないようにしましょう。そのためには強い精神を養う必要があります。

すぐ泣く男にならないためにメンタルを強くしよう!

恋愛や仕事で上手くいかないからといってすぐに泣く事はやめましょう。泣く事を簡単にしない男になりましょう。普段から体や精神を鍛える事を忘れずに、いざという時は女性を守れるような男でいるように心がけましょう。 普段の生活もメンタルが強くなるような生活を送るようにしましょう。無駄を無駄と思わずに小さな事にも価値を見いだす事を忘れない事です。また立場の弱い人の味方になれるような男になりましょう。

関連タグ

アクセスランキング