IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ご検討の意味・「ご検討のほど」の正しい使い方|丁寧/締めの言葉/例文

更新日:2022年10月18日

言葉の意味・例文

「ご検討のほど」というフレーズは、社会人なら一度は使ったことがあるフレーズのはずですが、いざ「その使い方で正しいの?」と聞かれると不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。ここではそんな「ご検討のほど」の使い方についておさらいします。

「ご検討のほどお願いします」よりも、「検討していただけると嬉しい」という気持ちが強く出た言い回しです。「ご検討のほどお願いします」よりも、やんわり催促できるフレーズでしょう。

「ご一考ください」/「ご思案ください」

「一考」も「検討」と同じで、「よく考えること」を意味します。ですので、「ご検討下さい」と同じ意味合いの言い回しです。 似た表現に、「ご思案下さい」というものもあり、こちらも「思案」が「あれこれ考えをめぐらすこと」なので、「ご検討下さい」と同じ意味になります。 こちらの「ご思案ください」という表現では、「ご検討」と同じで、あとに「のほど」をつけて「ご思案のほど、お願いします」とより丁寧な言い回しができます。

「ご検討いただきたく存じます」

「ご検討いただければ幸いです」と同じで、「ご検討のほど、お願いします」より、より検討して欲しい気持ちが、強く伝わる表現です。 「ご検討いただければ幸いです」が、「検討してくれたら嬉しいな」というニュアンスなのに対して、「ご検討いただきたく存じます」は言葉の通り、「検討して欲しいと思っています」という意味なので、「検討して欲しい気持ち」がより強い言い回しと言えるでしょう。

「ご検討願います」

「ご検討していただきたく存じます」と同じように、強く「検討して欲しい気持ち」がある時に使えるフレーズです。 「ご検討していただきたく存じます」という表現よりも、「検討することをお願いする」というニュアンスが入りますので、相手の方を思いながらも、自分の希望を伝えられる表現と言えるでしょう。

自分の気持ちに合わせてフレーズを選ぼう

いかがでしたでしょうか。これまでなんとなく使ってきた方も、言葉の意味一つ一つを理解できると、より使いやすくなったのではないでしょうか。 ビジネスで使われる敬語の表現は、言葉の並びが似たものもあり、それでいて意味合いが少しずつ違うところが、使用する上で難しい点です。正しい言葉の使い方を知って、相手をよくみて、自分の気持ちや意見がはっきり伝えられるようになりましょう。

初回公開日:2018年03月01日

記載されている内容は2018年03月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング