IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

猫が飼い主と一緒に寝る理由と心理・猫の寝る位置には意味がある

言葉・雑学・歴史

皆さんは、飼い猫と一緒に寝ることがありますか。警戒心が強い猫が一緒に寝るということは、とてもすごいことになります。そんな猫がおもっている心理などを詳しく紹介しているので、ぜひ読んでみて、自分と愛猫との関係を再確認してみてください。

更新日時:

猫が飼い主と一緒に寝る理由

飼い主と一緒の布団で寝る猫は多くいます。そんな飼い主と一緒に寝ている猫は、どんな気持ちで飼い主と一緒に寝ているのでしょうか。そのとき猫の気持ちや、一緒に寝ている理由を詳しく紹介します。

飼い主を親だと思っている

子猫時代に、母猫にすり寄って寝るのは猫本来の習性になります。猫がまだ子猫のうちに母猫と引き離された猫は、母猫と一緒に寝ていた心理で飼い主と一緒に寝ている可能性が高いです。 そんな子猫時代の添い寝の癖が抜けないと、成猫になっても飼い主さんの所に親と思いすり寄ってきて一緒に寝る猫が多いです。そのため、子猫のときに感じていた、「親猫に守られて、安心して寝る環境」猫の無意識に求めて一緒に寝ている場合があります。また、甘えて布団をふみふみしたり、ゴロゴロと鳴いたりするのは、猫が甘えている仕草の代表になります。 また、猫は野生動物の本能が多く残っているので、相手に信用がないと近づきません。飼い主が、猫にとって安全な存在だと理解できると猫は心を開き始めます。その時から、母猫のように甘えたいと飼い主の様子を伺いはじめ、猫の気持ちが受け入れられると猫は安心して添い寝をしはじめます。

子猫の気分が抜けない

去勢・避妊手術を早くに済ませた猫は、成猫になっても幼さが抜けないケースが多くなり、甘えん坊な猫が多いと言われています。その他の特徴としては、飼い主やクッションなどをモミモミしたり、甘えてゴロゴロとのどを鳴らすのも子猫の名残が残っている仕草になります。 そのため、ご飯をくれる飼い主さんは猫にとっては、「母猫」の立ち位置になり、猫は母猫のように慕っている飼い主に四六時中ついて回ります。猫にとって、母猫(飼い主)に寄り添って寝ることは、敵から身を守ってもらえ、安心して寝ることができる場所になるので、猫は毎晩一緒に眠りたがります。 その他にも飼い猫は、母親だとおもっている飼い主さんと一緒に寝ることは甘えて、安心できる時間になっています。そのため、夏や冬など季節の温度にも関係はなく、猫としてはただ母猫と一緒に寝れる幸せに包まれて、愛を感じていたいからこその行動になります。

常に飼い主と一緒にいたい

飼い猫は、飼い主のことを母猫とおもっていることがあり、そのため四六時中常に飼い主の傍にいたいとおもっているので、飼い主さんの後ろをついて回ります。後ろをついてまわることで、飼い主に甘えたり、寄り添そうことで安心感を感じたいとおもっています。 そんな、常に飼い主さんの側から離れたくない猫は、寝るときだからといって離れません。もちろん、寝るときも大好きな飼い主と一緒に寝たがります。ですが、そんな側にいたがる猫の中には、猫特有の独立心が高い個体もいるので、飼い猫の性格を見ながら猫との距離感を保って接してあげましょう。

飼い主を所有物だと思っている

猫は、縄張り意識が高い動物です。そんな猫は、お昼寝の場所と夜寝る場所が違っていることは、稀なことではなくよくあることです。 そんな、縄張り意識が強いタイプの猫からみると一緒に寝ている場所が、飼い猫のテリトリーになりその中に「飼い主が居る」感覚になります。その他にも、飼い主さん自体を縄張りの一部だと認識していために、所有物である飼い主さんを含めた縄張りを守るために、一緒に寝ている場合もあります。 縄張り意識が強い個体によくでる行動は、他の猫を構うと嫉妬をしたり、スプレー行動や縄張り主張の爪とぎをよくします。縄張り意識が強いタイプの猫は、寝るときも飼い主の体の上に乗り所有権を主張したりします。

一緒に寝ると暖かいから

猫は、家の中で自分にとって心地よい場所を熟知しています。そのため、寒い冬など布団の暖かさだけではなく、飼い主と一緒に寝ることで、よりポカポカになることを知っています。そのため、暖がとれることを知っているので、飼い主が寝ている暖かい布団の中に潜り込んで一緒に寝ようとします。 また、一緒に寝る毛布は肌触りがいいため、毛布などが大好きな猫にとっては心地のいいだけではなく、布団の中という「狭い場所」は安全が守れており、猫が好む条件が揃っているといえます。 ですが、いくら猫にとって布団が温度的にも場所的にも安心できて好きな空間でも、一緒に寝る相手が嫌いな場合は、一緒に眠ることはありません。一緒に眠る相手が好きで、その他も好きなものしか揃ってないベッドルームは、飼い猫にとっては最高の空間になります。

夏も一緒に寝る理由

冬に一緒に眠るのは、暖がとれるからという理由はわかりましたが、暑い夏でも猫が添い寝するのはでしょうか。その理由は、猫の平均体温にあります。猫の平均体温は、人と違い38~39℃と高温になります。そのため、体温が高い猫からすると、若干でも体温の低い飼い主に引っ付くことで、冷たくて気持ちがいいと感じることができます。 そのため、夏場などの熱帯夜などの暑いときに、飼い主に引っ付いて寝ることで、飼い猫は涼しいと感じ、心地よく眠ることができます。夏も冬も飼い主と一緒に寝ることで、猫にとっては寝心地のよい環境を得られます。

飼い主を信頼している

どの動物からみても「寝る」という行為は、無防備になるため敵に1番襲われやすい状況になることで、身の危険がある行為になります。特に、警戒心が強い猫も同じ感覚なので、信頼できない相手とは一緒に寝ることはありません。そんな猫の心情は「寝てる時も自分を守って」とおもっており、飼い主を信頼して甘えています。 また、睡眠中に身の危険感じるような経験をしたことがある猫は、経験をしていない猫よりも飼い主さんと一緒に寝たがる傾向にあります。飼い猫は、飼い主が無害どころか、自分を守ってくれる存在だと理解しているので、そんな飼い主が眠る場所なら、どこでも大丈夫だと信じて一緒に寝ようとします。 また、猫の習性は夜行性になるので、夜にぐっすり寝ることはあまりなく、夜間は飼い主が眠っている側で寄り添てのんびりしています。また、飼い主を信頼している証拠に、日中飼い主の匂い残っているベッドで寝る猫もいます。

飼い主を守っている

猫の中には、「信頼している」飼い主を自分の所有物だとおもっている猫もいます。つまり、猫の中では飼い主さんがいる場所が縄張りだとおもっています。そんな縄張り意識が強い猫の特徴としては、「嫉妬深く」他の猫が側にいると怒ったりします。 そんな猫は、飼い主と一緒に寝ることで、大好きな飼い主(縄張り)さんを守っている充実感と、自分も飼い主から守ってもらえる安心感を感じ、猫の中では相互関係が成り立っています。そんな、猫は夜行性なので飼い主さんが寝静まった深夜は、無防備な姿をさらす飼い主さんを「守ってあげなきゃ」という意識が強くなります。 猫は本来は、群で生活する習慣はありません。そんな飼い猫が、飼い主を守ろうと一緒に寝るのですから、飼い猫は飼い主のことを自分の家族のように大事におもっている証拠になります。

飼い猫の習慣になっている

猫にとって、幼いころから変わらない寝床があれば、新しく寝場場所を探すよりも、慣れた場所で寝る方が安心感があります。子猫のときから、飼い主さんと一緒に寝ていることで、そのことが習慣化し、成猫になっても飼い主さんと添い寝することが当たり前になります。 猫は気ままに振る舞っているようにみえますが、頑固な一面もあります。そのため、一度習慣化してしまうと、その習慣をやめるのは難しくなります。なので、猫と添い寝したいとおもっているのなら、大きくなってから急に習慣化することは難しいので、子猫のときから一緒に寝る習慣を付けておくことが大切です。 それ以外の理由は、猫の寝場所が飼い主と同じだっただけになります。猫からすると、飼い主と一緒に寝ている感覚ではなく、寝ている場所がたまたま一緒だっただけになります。また子猫のときから、添い寝している習慣がとれず、飼い主との添い寝を続けているだけになります。

飼い主の優位に立って甘えたい

猫は犬のように「ピラミッド型」の上下関係は作りませんが、ボスとそれ以下の小さな「上下関係」の順位のつけかたをする習性があります。 そんな飼い猫が、飼い主と一緒に寝るときに、添い寝というよりも飼い主のお腹や胸の上で寝る場合があります。そんなときの猫の心情としては、「飼い主に甘えたいけど、自分の方が優位にも立ちたい」とおもっています。その場合、猫は自分の方が飼い主よりも、順位が上で、ボス猫だとおもっている可能性が高くなります。

布団の感覚が好き

猫の大好きなものに、肌触りなどがいいものがあります。そんな猫が大好きな寝具があるベッドで寝たいとおもっても仕方がないです。そのため猫飼い主と一緒に寝たいという気持ちよりも、好きな寝具がある場所を自分の寝床にしたくて、結果的に一緒に寝ている形になっている可能性があります。 ただ、寝具などの好みが近い場合は、猫と飼い主が争奪戦になる可能性もあります。ですが、そうなると猫と一緒にいる機会が多くなり、猫との間に自然と信頼関係がうまれやすくなります。 また、あまりに寝具などが心地よすぎてしまうと、つい寝具の中でトイレをしてしまう猫もいます。そのたのめ、猫がベッドにいるときは気を抜かないようにしましょう。

猫の寝る位置に意味はある?

警戒心が強い猫が、無防備になってしまう睡眠時に一緒に眠るといくことは、飼い主さんを信頼している証拠になります。そんな猫にとって、飼い主と一緒に寝る位置により信頼度が違ってきます。今回は、「顔の近く」で寝る場合と「足元」の所で寝る場合では、飼い主との信頼度がどのくらいあるのかを詳しく紹介します。

顔の近くで寝る場合

猫が添い寝をするときに、猫が寝ている位置によって飼い主に対する信頼度が分かります。猫が1番信頼しているときに寝る場所は、顔の近くになります。顔の近くに猫が寝ることが嫌で、飼い主が顔の位置をかえても猫は移動して顔の近くで寝ます。 そんな飼い主の中でも、寝て起きたら猫のお尻が目の前にあったという経験をしたことがある方がいるとおもいます。飼い主の顔の近くで寝ている中でも、お尻を向けていては攻撃はできません。そのため、お尻を向けて寝るのは猫の中で最も高い信頼の証になります。 顔の近くで寝る他の理由は、猫が子猫の気持ちが抜けてなく、飼い主に甘えたい状態が続いている場合になります。そんな甘えん坊なタイプの猫は、寝ぞうもダイナミックなことが多いと言われています。

足元で寝る場合

猫の寝る位置が、飼い主の顔に近いと信頼関係が強いと紹介しましたが、その猫との信頼関係は、顔から離れるにつれて信頼関係が薄くなっていると言われています。その理由は、猫のもつ「自己防衛本能」からくるからです。 例えるのなら、飼い主に甘えたいとおもってはいるが、まだ信頼度が低かったり、飼い主の寝相が悪く、怖い想いをしたために何かあったときに、すぐに逃げられる場所で寝ている可能性が高くなります。また、飼い主さんの足の間や股間などの、密着感がある場所が猫にとって最高の場所になっている場合もあります。 猫が足元で寝る場合に、信頼がないとは言えません。足元であっても一緒に寝るのは、飼い猫がある程度飼い主のことを信頼している証拠です。猫の場合本当に懐いていなければ、傍に寄ってくることはありません。また寝相が悪いなど、猫にとって危険でも飼い主と一緒に寝たいというおもいがあるのは信頼がないとは言えません。

猫が人の上に乗って寝る意味は?

猫は、人の膝の上など人の上に乗って寝ることがあります。そのとき猫はどのような心理で乗って寝ているのでしょうか。猫の気持ちを詳しく紹介します。

飼い主を近くで感じられるから

猫にとって、大好きな飼い主さんの膝は、飼い主さんに1番近くにいられる場所になります。そんな猫は、警戒することなく安心して寝ることができる飼い主の膝の上は、猫にとっては最高に落ち着ける場所になります。 そんな、飼い主の膝の上は乗った猫は「撫でて」や「抱っこして」などと甘えた気持ちをだし、飼い主とのスキンシップをとりたがります。そんな甘えたがりなタイプの猫は、ゴロゴロとのどを鳴らしたりします。そんなときは、猫が満足するまで抱っこしてあげたり、猫を撫でたりしてあげて、飼い猫との信頼関係を気づきましょう。

たくさん撫でてもらえる場所だと知っているから

猫が飼い主の上で、寝るのは猫にとって飼い主の膝の上が柔らかく寝心地が非常にいい場所になります。猫の中でも、甘えるのが大好きな猫は撫でられるのが好き猫が多いです。そんなタイプの猫は、飼い主さんの膝の上で寝ることが大好きです。 猫が撫でるのを許すのは、少なからず信頼し心を開いている証です。多くの猫は、顔を撫でてもらうのが大好きです。特に眉間・首・あごの下などの、自分では毛づくろいがしにくい部位を撫でてもらうのが大好きで、猫から撫でて欲しい部位を撫でてと近づけてくる猫もいます。

添い寝しない猫が一緒に寝る理由

普段は、一緒に添い寝していない猫が添い寝をしてきたり、逆にいつも一緒に添い寝している猫が添い寝をしてこなくなるケースがあります。そんな場合は、体調が悪いなどのときがあるので、普段と違うことがないかをチェックしてあげましょう。 また、猫の体調は特に問題はないが、飼い主が風邪気味だったりと、猫の方が様子を見ている場合もあります。そのときは、猫の方が遠くから様子をうかがったりしてくるのでそのときは、無理矢理添い寝をすることはやめましょう。 それ以外で考えられる理由としては、飼い主の態度が猫にとって信頼を裏切る行為だったために、信頼関係が崩れてしまったり、飼い主が付けていた香水を変えてしまったために、猫に嫌われてしまったりする原因になってしまうこともあります。 急に、よそよそしくなっているようならば、原因を考えてみて、もし改善点が思い当たるなら原因を取り除いてみましょう。

猫と寝るときの注意点

同じ家で生活しているといっても、相手は猫です。その猫と一緒に寝るためには気をつけなければいけないことがあます。その注意点を詳しく紹介します。

人獣共通感染症

猫と一緒に寝るときの注意点の1つ目は、「人獣共通感染症」になります。人獣共通感染症とは、人と猫が共通してかかる感染症のことになります。猫と一緒に寝るときには1番気をつけないといけません。 猫と一緒に寝るときに、1番問題になるのが「ノミ・ダニ」などの寄生虫になります。寄生虫は、皮膚病になる恐れがあります。そのため、寄生虫駆除を定期的におこなうことが大切です。また猫に、こまめにブラッシングをすることで、抜け毛対策だけではなく寄生虫の早期発見にもなります。 そんな猫から移ってしまう病気には、寄生虫だけえはなくトキソプラズマ症・パスツレラ症・トキソカラ症などの病気があります。病気の1番の予防は、手洗い・うがいや、キスをしないなどがあります。猫から感染して病気になる人は、少ないですが全くないわけではありません。病気にならないためにも、清潔な環境を作りましょう。

爪切り

次の注意点は、猫の「爪」を綺麗に切っておくことです。猫の爪が伸びていると、猫にひっかく意思がなくても何かの拍子に、引っ掻かれてしまうことがあります。ただ、傷ができるだけならいいのですが、引っ掻かれたことにより、「パスツレラ症」や「猫ひっかき病」に感染してしまう可能性があります。 猫と人は合わない抗体が多いので、猫が引っかいたところから菌が入って病気になります。猫の爪を短く保つことで、病気になる可能性が低くなります。そのため飼い主が注意深く対応することで、猫から移る病気を防げるので、こまめに爪の状態をチェックしましょう。 もし猫に引っ掻かれたら、真っ先に傷口を流水で洗い流して、消毒をして下さい。また、身体に変わった症状がでた場合は、すぐに医師の診察を受けましょう。

トイレをしてしまう

いくら可愛い飼い猫でも、布団でおしっこをされては困ります。おしっこをしてしまう原因の一つに、未去勢なことがあげられます。猫にとっては、「マーキング」のためにしていまうことがあります。また一度、オシッコをしてしまい、布団に臭いが付いてしまうと臭いが消えるまで、同じ場所におしっこをする習性があります。 その他の理由は、ストレス・不満・不安などの精神面的なことを表現するために、布団に続けておしっこしてしまう場合もあります。また精神面だけではなく、高齢の猫が、普段は猫用トイレを使用しているのに、布団の中でおしっこをした場合には、腎臓・膀胱など泌尿器系の病気疑いましょう。 また体調が悪いときは、飼い猫自身の意思に関係なく失敗を繰り返すこともあります。そのため、布団におしっこをしてしまった場合は、軽く受け止めたりせずに、なぜおしっこをしてしまったか原因を考え対策する必要があります。

猫と一緒に寝る

警戒心が強い猫が一緒に寝るということは、猫からしたらいろいろな心理が働いていはいますが、どんな心理をもっていても飼い主を「信頼」している証になります。そうでなければ、猫から近寄ってきて、一緒に寝ることはありません。 そんな、信頼関係がある猫と一緒に寝れることは嬉しいですが、注意点しなければならないこともあります。お互いが気持ちよく過ごすためにも、注意点などをしっかり守って過ごすことが大切になります。大好きな飼い猫との大切な時間を満喫してください。

関連タグ

アクセスランキング