IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご連絡まで」の意味と使い方・敬語・返信の仕方|メール

敬語

「ご連絡まで」という言葉をメールや手紙で使うことってよくありますよね。しかし、正しく使えないと仕事の相手に嫌な印象を与えることになってしまいます。「ご連絡まで」という言葉の意味を知り、正しく使って、仕事を円滑に進められるようにしていきましょう。

更新日時:

「ご連絡まで」の意味と正しい使い方とは?

「ご連絡まで」の意味と正しい使い方とは?

仕事をする中で、メールでのやり取りをすることが非常に多くなってきます。その時に正しい言葉遣いができることが、仕事上での信頼感へとつながります。「ご連絡まで」という文言を見たり、使ったりすることも多いでしょう。それでは、その「ご連絡まで」という文言の意味と使い方を紹介していきます。

まずはご連絡まで

「まずはご連絡まで」という文言は、メールや手紙の文末で使用します。「とりあえず急いで連絡だけをさせてもらいました。しかし、急ぎのため、十分に対応ができずに申し訳ありませんが理解してください。」という意味が込められており、急いで連絡をしなければならない時に使用します。 「まずは」という言葉を入れることにより、少し丁寧な印象を与えます。しかし、「まで」という言いきりの表現になっているため、取引先やお客さん、あまり関りのない上司に使うことは避けた方がいいでしょう。お互いの立場に理解がないと、ぞんざいに扱われたような印象を与えてしまい、相手に対し失礼な印象を与えることになってしまいます。

ご連絡までです

「ご連絡まで」という語尾が省略された形だと失礼な感じを与えてしまうと考え、語尾に「です」を付けた「ご連絡までです」という文言はどうでしょうか。 「ご連絡まで」という言葉の語尾に「です」をつけて使われることはほとんどありません。丁寧な言葉にしたいというのであれば「取り急ぎご連絡申し上げます」「まずはご連絡申し上げます」のように、前に「まずは」「取り急ぎ」、語尾に「申し上げます」を付けると丁寧な言い方になります。

ご連絡までですが

メールで要件を伝える時に「ご連絡まで」という文言を使うことがよくありますが、「ご連絡まで」という文言は、要件の最後に付けるものです。そのため、「ご連絡までですが」というように、後に要件を書かないのが一般的です。 「ご連絡まで」という文言を使う時は、要件のみを伝えるようにするのがマナーです。とにかく急いで連絡だけでもしました、という時なので、一つのメールで要件は一つだけにすることが多いです。 しかし、相手によってはそのようではないので、お互いをよく知った間柄であれば要件はいくつか一緒に送っても大丈夫です。その時でも、「ご連絡までですが」という文言はあまり使わないほうがいいでしょう。

ご連絡までにて

「ご連絡までにて」という文言はどうでしょうか。これは、「ご連絡まで」と「メールにて失礼します」という言葉が混ざってしまった文言です。あまりこのような文言を使っているのは見かけません。 メールだけの連絡になってしまって申し訳ないという気持ちを伝えたいのであれば、メールの文末に「メールにて失礼します」という文言を付け加えるといいです。そうすることによって、急いで連絡を入れたので直接のやり取りができずに申し訳ないという気持ちが伝わり、丁寧な文章という印象を与えることができます。 「メールにて失礼します」という文言と「メールでのご連絡まで」という文言は併用せず、どちらか一方を使用します。

ご連絡までとなりますなど

前述しましたが、「ご連絡まで」を丁寧な言い方にしたい時には、「ご連絡申し上げます。」という文言を使います。丁寧にしたいからといって「ご連絡までとなります」という文言はあまり使っているのは見かけません。 「となります」という語尾は丁寧な印象を与えますが、「ご連絡まで」という文言を丁寧な言い方にしたいときには使いません。連絡する要件を伝える時に、「~となります」という言い方をすると、丁寧な印象を与えることができます。 たとえば、日時の変更を伝える場合、「5月3日に実施予定の会議ですが、5月4日に変更となります。取り急ぎご連絡まで。」というように、要件に「となります」という文言を使用し、文末に「取り急ぎご連絡まで」という一文を入れるのがいいでしょう。

メールでの「ご連絡まで」の使い方

メールでの「ご連絡まで」の使い方

「ご連絡まで」という言い方は、口頭では使いません。「ご連絡まで」という文言は、手紙やメールなどの書き言葉で使われます。それでは、メールではどのように使ったらよいのでしょうか。使い方を説明していきます。

取り急ぎ

「取り急ぎ」とは広辞苑によると「もろもろの儀式、説明を省略し用件だけを伝える意」です。丁寧な説明を省略するということなので、取引先やお客さん、関係の遠い上司には使わないほうが無難です。 「ご連絡まで」という言葉の前につけて「取り急ぎご連絡まで」という使い方をよくします。出欠の連絡であったり、仕事内容の変更であったりと、急いで連絡しなければならない内容を伝えるメールの最後につけます。 メールを受け取ったという連絡や、文章を確認したという連絡を早く入れることで、相手に安心感を与えることができます。

ご連絡までになど

似ている言い方として「ご連絡までに」という文言を使うこともあります。言い方が「まで」と「までに」という違いがありますが、使い方や意味には特に違いはありません。「ご連絡までに」は、「ご連絡まで」と同じような使い方をして大丈夫です。 他にも、「ご報告まで」と似た言い方で「ご報告までに」というのもありますが、「ご報告まで」と同じような意味合いで使うことができます。 「までに」で文を終えても、丁寧な言葉遣いにはなりませんので、「ご連絡まで」と同じで、目上の人やお客様に対して使うのは避けましょう。

「ご連絡まで」の敬語の使い方

「ご連絡まで」の敬語の使い方

「ご連絡まで」という文言は、文末を「まで」という言いきりの形で終えているため、丁寧な印象を与えないという理由から、同僚やお互いをよく知った相手に対してのみ使用するものとして紹介してきました。 しかし、お客様や上司に対して、メールや文章で、とにかく早く連絡を取らなければならない時もあります。そのような時、「ご連絡まで」を丁寧な言い方をするには、どうしたらいいのか説明していきます。

「~申し上げます」

「~申し上げます」

「ご連絡まで」という言いきりの文ではなく、語尾まできちんとつけると丁寧な印象になります。「~申し上げます」「~いたします」というような丁寧な語尾で文を終えるようにしましょう。 例えば、「ご連絡申し上げます」「取り急ぎご連絡いたします」このように、語尾まで書くようにすると、丁寧な印象になります。他にも「取り急ぎご案内申し上げます」という言い方もすることができます。

「まずは~」

「まずは~」

さらに丁寧な言い方をしたい時は「取り急ぎ」という言葉を「まずは」と言い換えます。そうすることによって、やわらかくフォーマルな印象になるので、取引先の方に使っても嫌な印象は与えません。 「まずはご連絡のみにて失礼します」「まずはご連絡のみ申し上げます」という言い方をすることによって、上司やお客様に対しても使用できる文言になります。

ほかにも丁寧な表現

「メールや文章で、とにかく急いで要件を伝えました。用件のみの簡潔な連絡になってしまって申し訳ありません。」という気持ちを一緒に添えることで、こちらの気持ちが伝わる丁寧な文章にすることができます。 たとえば「用件のみにて失礼いたします」「まずは確認のみの連絡になります。よろしくお願いします。」という文言にすることによって、こちらの申し訳ないという気持ちを伝える言い方になります。

「取り急ぎお礼まで」という言い方はNG

「取り急ぎお礼まで」という言い方はNG

「ご連絡まで」「ご報告まで」という言い方と同様に、急いでお礼を伝えたい時「お礼まで」という言い方は正しいのでしょうか。 お礼を早く伝えたいときに「取り急ぎお礼まで」という言い方は一般的ではありません。お礼は、たとえ急いでいたとしても、省略して伝えるものではありません。お礼の気持ちを伝えるために連絡をしたのであれば、本文でお礼を述べた後、「まずはメールにてお礼申し上げます」「まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます」という文言を文末につけると丁寧な言い方になります。

「ご連絡まで」に対する返信の仕方

「ご連絡まで」に対する返信の仕方

それでは、自分が「ご連絡まで」というメールをもらったら、どのように返信をしたらよいのでしょう。 「ご回答お願いします。」「ご連絡お願いします。」という文言が入っていない場合は、特に返信をする必要がないという見解が一般的です。しかし、メールが届いたのか、文章を見てくれたのか、送信者を安心させるためにも、返信はした方が丁寧です。 その時は、「確認いたしました」「承知いたしました」という返信があると、相手も安心できます。よく使われる「了解しました」という文言は、同僚もしくは目下の相手に使うものなので、使う際には気を付けてください。

「ご連絡まで」と「ご報告まで」の意味の違い

「ご連絡まで」と「ご報告まで」の意味の違い

それでは、「ご連絡まで」と「ご報告まで」の文言の意味はどのように違うのでしょうか。 まずは「連絡」と「報告」の意味の違いを説明します。 「連絡」というのは、「これからのことを伝えること」です。一方「報告」は、「すでに完了したことを伝えること」です。たとえば、会社に遅れてしまうという時は、これから起こることなので「連絡」です。そして、行った仕事の結果を伝える時には「報告」です。 「ご連絡までに」という文言を使用する時は、会議の日時変更を伝えたり、これから行う仕事内容を伝えたり、この先のことについて伝える時は「ご連絡までに」を使います。 「ご報告までに」という文言を使用する時は、プロジェクトの成果やトラブルを対処した結果などを伝える時は「ご報告までに」を使います。 似ている言葉ですが、正しく使い分けて使用することができると相手にきちんとした印象を与えることができます。

正しい言葉遣いで信頼を得よう

ビジネスシーンにおいて、メールや文章でのやり取りをする場面は多いです。しかし、パソコンに向かって仕事をしていていると相手の顔が見えません。とはいえ、やはり相手は人間なので、仕事を円滑に進めるためにも、正しいマナーの言葉遣いをすることが大事です。 まずは「ご連絡まで」という言葉を正しく使うことで、忙しいさ中でも、不快な印象を与えることなく用件を伝えることができます。正しい言葉遣いができる人は、信頼ができるという印象を与えます。逆も然りなので、些細と思われる言葉遣いでも、相手を意識して使えるとコミュニケーションも円滑です。 正しい言葉遣いで、ビジネスパートナーと円滑に仕事を進めていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング