IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お気遣いありがとう」の使い方・類語|ビジネス/友達

言葉の使い方

ビジネスシーンでは似ているようで微妙に意味の違う言葉に惑わされることはありませんか?この記事では「お気遣いありがとう」の使い方や類語について解説します。「お気遣いありがとう」「お心遣いありがとう」「ご配慮ありがとう」の使い分けがわからない方、必見です!

更新日時:

「お気遣いありがとう」の使い方とは?

「お気遣いありがとう」の使い方とは?

「お気遣いありがとう」はどのように使うのでしょうか。「どうぞお気遣いなく」という表現についても解説します。

「お気遣いありがとうございます」

体調を崩した時や仕事の進み具合が順調でない時に、心配をしてもらうことがあるでしょう。このような場合にお礼の気持ちを伝える言葉が「お気遣いありがとうございます」です。ただ単に「ありがとうございます」と言うより、「お気遣いありがとうございます」と言った方が気を遣ってくれたことへの感謝の意がより一層伝わります。

「どうぞお気遣いなく」

「お気遣い」が含まれる表現として、「どうぞお気遣いなく」というものがあります。「気を遣ってくださらなくても大丈夫です」「これ以上のお気遣いは無用です」と遠慮の気持ちを伝える時や相手の負担を減らしたいと考える時に使います。

「お気遣いありがとう」の類語は?

「お気遣いありがとう」の類語は?

「お気遣いありがとう」と混同してしまいがちなのが「ご配慮ありがとう」や「お心遣いありがとう」といった言葉です。すべて同じ意味なのではと思う方もいらっしゃるでしょうが、「お気遣いありがとう」とどう違うのか解説します。

「気遣い」とはそもそもどういう意味?

「遣う」には、気持ちや心を工夫する、人のためにエネルギーを使うといった意味があります。一般的によく使われている「使う」とは違うのがご理解いただけますでしょうか。「気遣い」は、「気」つまり神経を人のために使う、相手の心配をするという意味になります。気遣いができることは、社会人として身に付けなければならない最低限のマナーと言えるでしょう。 そして、相手の気遣いに気づき「お気遣いありがとうございます」と言えるようになることも求められます。

「ご配慮ありがとう」との違いは?

「配」は「くばる」、「慮」は「おもんぱかる」と訓読みします。それぞれの意味を合わせ、「配慮」とはあれこれ思いを巡らせ気を配る、考慮して心配りをするといった意味になります。「ご配慮ありがとう」は「お気遣いありがとう」よりも「お心遣いありがとう」に近いニュアンスです。 「ご配慮ありがとう」は、「お気遣いありがとう」のように気を遣うだけにとどまらず、具体的な取り計らいをしてもらった場合に使います。気遣いの範囲を超えてあれこれ思いを巡らせて助けてもらったり、本来ならば自分がやらなければならない仕事を先回りしてやっておいてもらったり、総じて気を利かせてもらったことに対するお礼です。

例文:ご配慮願います

「ご配慮願います」は、目上の人にお願いをする際に用いられます。要望の内容は明言せず「ご配慮願います」と伝えることは、「善処していただけると信じております」というニュアンスを含んでいます。「ご配慮」の内容を明言しないのは、目上の人の裁量に任せる、つまり寛大な判断を期待しているということです。 明言を避けることによって敬意を表すという、何とも日本語らしい遠回しな表現です。 「お気遣い願います」や「お心遣い願います」とは言いません。「気遣い」や「心遣い」は相手に求めるものではありませんが、「配慮」は相手に対して求めても良いものということになります。

「お心遣いありがとう」との違いは?

「心遣い」とは、相手のことを思いやり、助けになるよう考えて積極的に行動すること、またはその気持ちを言います。「気遣い」が社会人としての最低限のマナーであるとするなら、「心遣い」はそれ以上のもの、ただのマナーではなく思いやりや真心です。つまり「お心遣いありがとう」は、気遣いだけではなく温かい思いやりの心から何かをしていただいた時、お品物やお金をいただいた時に使います。

例文:どうかお気遣いなどなさいませんようお願い申し上げます

上記は、前述した「どうぞお気遣いなく」と同じ意味ですが、「どうぞお心遣いなく」「どうかお心遣いなどなさいませんようお願い申し上げます」とは言いません。「気を遣わないでくださいね」とは言いますが、「思いやりをかけないでくださいね」だと意味がおかしくなってしまいます。

例文:温かいお心遣いに感謝いたします

「温かい気遣いありがとうございます」とは言いません。温かいのは相手の心、思いやりだということです。

「お気遣いありがとう」は敬語なの?

「お気遣いありがとう」は敬語です。言葉を敬語にするための「お」という接頭辞がついていますので、目上の人にも使えます。ビジネスシーンで使うのならば、後ろに「ございます」をつけて「お気遣いありがとうございます」とより丁寧な表現にしましょう。

「お気遣いありがとう」はビジネスでどう使う?

「お気遣いありがとう」はビジネスでどう使う?

「お気遣いありがとう」は、ビジネスシーンでも使える言葉です。どのように使えば良いのでしょうか。また「お気遣いありがとう」の、よりかしこまった表現もご紹介します。

メールではどう使う?

会話ならば「お気遣いありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」でも十分ですが、メールではより丁寧な表現が好ましいので「お気遣いに感謝申し上げます」「お気遣いに感謝いたします」「お気遣い痛み入ります」「お気遣いいただき恐縮です」などとした方が良いでしょう。

メールでの気遣い

「お世話になっております」 「ご多忙かと存じますが」 「お忙しいところ恐れ入りますが」 上記はビジネスメールでよく見かけるのではないでしょうか。これは相手への気遣いと言えます。日頃からお世話になっていることに感謝し、何かを依頼する際は「忙しい相手に時間を使わせてしまうのだ」と自覚し、必ず気遣いの言葉をかけましょう。 上記のような文面をただの定型文として覚えるのではなく、どのような意味があって使われている言葉なのか理解することで、自然と書き添えられるようになります。意味を知って使えば誤用も少なくなりますので、丸暗記するより意味を理解するようにしましょう。

より丁寧なお礼メール

「お心遣いに感謝いたします」 「ご厚情痛み入ります」 「ご高配を賜り厚く御礼申し上げます」 上記は相手がお心遣いをしてくださった際にお礼として使う文面です。「厚情」は「こうじょう」、「高配」は「こうはい」と読みます。どちらも心遣いと同じ意味ですが、よりかしこまった表現と言えるでしょう。

お品物やお金をいただいた際には?

頂き物に対するお礼としては、「お気遣いありがとうございます」でも間違いではないのですが、より好ましいのは「お心遣いありがとうございます」になります。メールでお礼の文面を書くのであれば、上記の「より丁寧なお礼メール」で紹介した表現が良いでしょう。 「心遣い」には、祝儀や心付けの意味があります。お品物やお金をいただいた際には、「お心遣いありがとうございます」を使いましょう。「お気遣いありがとうございます」よりも、感謝の意がしっかりと伝わります。

ビジネスメールにおける漢語と和語とは?

ビジネスメールにおける漢語と和語とは?

「ご配慮」は音読みなので漢語と言えます。「お気遣い」は訓読みが含まれているので、和語となります。丁寧な表現にする場合、漢語には「ご」がつき、和語には「お」がつくのが一般的です。ビジネスの文書では漢語表現が多く使われていますが、時と場合によって和語を取り入れてみてはいかがでしょうか。

例:お花見会の案内状

漢語:【春分の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 さて、今年も恒例のお花見会を開催することになりましたので、ご案内いたします。ご多忙かと存じますが、多数ご出席くださいますよう、お願い申し上げます。】 和語:【ようやく春めいてきて、木々の芽もふくらみ始めました。皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます。 さて、今年も恒例のお花見会を催すことになりましたので、お知らせ申し上げます。お忙しい折かと存じますが、多数お集まりくださいますよう、お願い申し上げます。】 前者が漢語を使った文書、後者が和語を使った文書です。和語を使った文書はやわらかい印象を与えるのがお分かりいただけるのではないでしょうか。ただ、基本的にはビジネス文書には漢語が好ましいとされていますので、社外へ向けての文書を和語で作るのであれば、上司や先輩に相談してからの方が良いでしょう。

「お気遣いありがとう」は友達・同僚へはどう使う?

「お気遣いありがとう」は友達・同僚へはどう使う?

「お気遣いありがとう」は、友達や同僚に対して使うには少々堅苦しい表現のように感じますが、使える場面はあります。

風邪をひいた時

風邪をひいた時

自分が風邪をひいて、友達から「風邪は良くなった?」「その後の体調はどう?」「あれから大丈夫?」とメールをもらったら、「お気遣いありがとう。まだ本調子じゃないんだ」「お気遣いありがとう。どうにも治りが悪くてね」「お気遣いありがとう。もうすっかり良くなったよ」などと返信したいところです。 また、お見舞いに来てくれたり、手土産を持ってきてくれたりした場合も「お気遣いありがとう。嬉しいよ」「お気遣いありがとう。手土産までもらって何だか申し訳ないね」と言うのが良いでしょう。

仕事が手一杯な時

仕事が手一杯な時

仕事を抱えすぎて手一杯になっているところへ、同僚から「何か手伝えることはある?」と聞いてもらえたら嬉しい限りです。「お気遣いありがとう。この中からどれかをやってもらえるととても助かる」「お気遣いありがとう。この仕事を頼んでもいい?」と依頼しやすくなるでしょう。 ちなみに、抱えている仕事を全部自分でこなしたいと思う場合でも、声をかけられたということは周りから見て余裕がないということです。同僚の厚意を無駄にしないためにも、意地を張らずに甘えることをお勧めします。「お気遣いありがとう。でも大丈夫だから」のように無下に断ると、困った時に手を差し伸べてくれる人がいなくなってしまう恐れがありますので注意しましょう。

気遣い・心遣いのできる人は素敵です!

気遣い・心遣いのできる人は素敵です!

ビジネスシーンだけでなく、プライベートでも気遣いのできる人は異性からも同性からも好かれます。心遣いができればなおのことです。上司や先輩にさりげない心遣いができている人を見つけたら、その人を見習いながら少しずつ自分の言動にも取り入れていってみてはいかがでしょうか。 そして相手の気遣いに対して「お気遣いありがとう」と素直に言えるようになることも大切です。感謝できること自体も大事ですし、感謝の気持ちは声に出した方が相手も自分も気持ちが良いでしょう。 心遣いは思いやりです。損得勘定抜きで相手への思いやりを持てるようになりたいところです。心遣いが身に付いたら、ビジネスシーンでもプライベートでも良好な人間関係を築けるでしょう。常に相手のことを思いやれる素敵な人を目指してみませんか。

関連タグ

アクセスランキング