IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ありがたく存じます」は正しい敬語なのか・使い方}ビジネス

敬語

ビジネスシーンで聞くことがある「ありがたく存じます」という言葉。しかし「ありがたく存じます」って言葉の使い方が間違っているんじゃないか?と疑問に思ったことがある方も多いはず。こちらではそんな「ありがたく存じます」の使い方・意味を紹介します。

更新日時:

「ありがたく存じます」は正しい敬語なのか

ビジネスの場でちらほら聞くことのある「ありがたく存じます」という言葉。しかし、パッと聞いた感じ、「ありがとうございます」との違いや、そもそも聞きなれない言葉なこともあり、「ありがとう」という言葉の次に「存じます」という敬語が続くことへ違和感を感じられる方も多いのではないでしょうか。 こちらではそんな「ありがたく存じます」という敬語について、説明させていただきます。

そもそも「ありがたく存じます」の意味とは?

「ありがたく存じます」とは、ありがたいな、助かるな、うれしいな、と思った様を丁寧に伝える時の言葉です。 敬語では「謙譲語」(自分や自分の身内に関係する動作や持ち物について述べるときに使う敬語)にあたり、「ありがたく存じます」の「存じます」というフレーズが、この謙譲語にあたります。

「ありがたく存じます」は正しい敬語表現

前項で説明したように、「ありがたく存じます」は敬語の丁寧語、謙譲語、尊敬語の内の、謙譲語に当たる正しい敬語表現です。ですので、ビジネスの場で安心して使える言い回しとなります。

目上の人への使い方

それでは、目上の方に対して使うときにはどのような注意が必要なのでしょうか。確認しましょう。

少し距離のある方なら「ありがたく存じます」

時々しか会話をしないし、毎日すれ違ったときに挨拶をする程度しか関わることがないような目上の方へは、「ありがたく存じます」という言葉が有効です。して頂いたことに対して、「ありがたい」、「助かった」ということを、十分に丁寧に伝えることができますし、場合にもよりますが、通常そう伝えられて不快に思う人はいないからです。 相手の方の労力に対して、十分に感謝の気持ちを述べられる言葉ですので、積極的に使っていきたい言葉です。

親しい間柄の方には「ありがたく思います」

「ありがたく存じます」と伝えても間違いではないし、親しくても不安に思ったなら「ありがたく存じます」とお伝えするのでも良いのですが、親しい間柄の方には「ありがたく思います」の方が良いでしょう。 どうしてかと言うと「存じます」という謙譲語が、親しい間柄では少し堅苦しい印象だからです。 ですので、長い付き合いがある方や、毎日お世話になっている方に対しては「ありがたく存じます」の「存じます」を、「思います」という丁寧語に直して、「ありがたく思います」と言うのがベターです。

「ありがたく存じます」の使い方

「ありがたく存じます」の使い方

それでは、実際にはどんなときに、どのように「ありがたく存じます」と言う言葉が使えるのか、確認していきましょう。

同僚や部下には使えない

「ありがたく存じます」の意味について説明した際に、この言葉は敬語の「謙譲語」にあたる言葉であるとお伝えしました。 謙譲語は、自分や自分の身内に対してへりくだった言い方をすることで、相手の立場を自分より上にみたて敬意を示す言葉ですので、自分と同じ立場の方や、自分より目下にあたる部下には使えません。

「ありがたく存じます」はメールや文章向き

「ありがたく存じます」は「存じます」と言う言葉が謙譲語で、かしこまった言い回しであるため、日常会話で使うことも間違いではないものの、言葉のニュアンスとして、文章やメールで使うのに、より適した言葉であると言えます。

ビジネスの場では多用に注意

ビジネスの場では、お客様や目上の方に対して感謝をすることは重要なことです。「ありがたく存じます」と言う言葉は上記で見たように、そうした際に使えるとても丁寧な言い回しとなります。 しかし、使い過ぎてしまうと逆に「心からの言葉」に感じられなくなり、印象を悪くしますので、文章やメールなどで使うのが無難でしょう。日常会話で使う時も挨拶のように使うのではなく、「本当に助かった、ありがたかった」というときに使うようにしましょう。

「ありがたく存じます」の言い換え方法

「ありがたく存じます」の言い換え方法

それでは、「ありがたく存じます」という言葉は、他にどんな言い換えができるのでしょうか。いくつか他の言い回しを見てみましょう。

「何よりの幸せです」

「ありがたい」、「助かった」、「嬉しい」という意味をもつ、「ありがたく存じます」という言葉ですが、それだけで済まず、「そうしてもらえることが最高です」といった言い回しです。感謝の気持ちを目一杯伝えられる言葉でしょう。

「幸甚に存じます」

「幸甚(こうじん)に存じます」と読みます。「幸甚 (こうじん)」が「とても幸せである」という意味をもつ言葉で、「(そうして頂けると)とても幸せで、ありがたく思います」という意味の表現です。こちらの言葉は元々は手紙言葉なので、メール向きの言い回しになります。

「痛み入ります」

「ありがたく存じます」がシンプルな感謝の意を伝える言葉なのに対し、「痛み入ります」は「(そうして頂けるなんて)自分には勿体無い限りです」といった、謙遜する気持ちも一緒に伝えられる言葉です。あくまでも、感謝を伝える言葉なので、謝罪の意味で使うことはありません。

「ありがたく存じます」と「幸いです」の違い

「ありがたく存じます」と「幸いです」の違い

「ありがたく存じます」と似たような言葉に、「幸いです」という言葉がありますが、二つの言葉にはどのような違いがみられるのでしょうか。この項では意味や使い方からその違いを明らかにしていきます。

「幸いです」の意味

「幸いです」という言葉は、相手に対して「こうして頂けると嬉しいです。」という意味の言葉です。 「ありがたく存じます」が「既に起こったこと」や「してもらうことになるだろう」ことに対して感謝の意を伝える言葉なのに対して、「幸いです」は「これからしてもらうことで、こうしてくれたら嬉しいな」という自分の希望を、控えめに伝える言葉であると言えるでしょう。

「幸いです」の使い方

「幸いです」という言葉は誰かに何かをお願いする時に使います。 ただし、目上の方に使うときは注意が必要です。「幸いです」という言葉は敬語の丁寧語に当たる言葉なので、目上の方に使う時には失礼にあたる場合があります。ですので、目上の方に使う場合には、「幸いです」の「です」を「存じます」に変えて、「(こうしていただくと)幸いに存じます」と言い換える方が良いでしょう。

感謝する時は「ありがたく存じます」お願いする時は「幸いです」

以上のことをふまえると、「ありがたく存じます」は感謝の意を伝えるのに使う言葉、お願い「幸いです」はお願いする時に使う言葉と言えるでしょう。 また、「ありがたく存じます」が元々謙譲語であるのに対し、「幸いです」は丁寧語なので目上の方に使う時には謙譲語に直す必要があることもわかりました。二つの言葉を、敬語の種別で並べてみてみると以下のようになります。 謙譲語:「ありがたく存じます」/「幸いに存じます」 丁寧語:「ありがたく思います」/「幸いです」 言葉の意味と使い方をしっかり区別して使いましょう。

これも似てる?「ありがとう存じます」

「ありがたく存じます」と、とても似ている「ありがとう存じます」という言葉。ぱっと聞いた感じはなんだか、お嬢様言葉のようだし、それこそ間違った敬語のようですが、実際はどうなのでしょう。

実は正しい敬語

「ありがとう存じます」を分解すると、「ありがとう」と「存じます」という言葉に分けられます。「ありがとう」は皆様ご存知の通り「ありがたい」の意味、「存じます」は「思う」の謙譲語です。 つまり「ありがたく思います」という意味なので、「ありがとうございます」の同義語であることがわかります。 実は「ありがとう存じます」は「ありがとうございます」の原型の「ありがたく存じます」が少しくだけただけの正しい敬語表現。「存じます」という言葉が日常会話で使われることがないので違和感がありますが、使っても間違いのない表現です。

「ありがとう」とシンプルに伝えたい時の表現

「ありがたく存じます」が「(こうしてくれて)ありがたかった、助かった、嬉しかった」という意味を伝える言葉なのに対し、「ありがとう存じます」は「ありがとうございます」と同義語なので、シンプルに「ありがとう」と伝える時の丁寧な言い回しです。「ありがとうございます」の代わりに使う言葉と覚えておきましょう。

正しく使ってかっこいい社会人になろう!

正しく使ってかっこいい社会人になろう!

いかがでしたでしょうか。「ありがたく存じます」という言葉の意味一つをとっても、その意味と同義の言い回しをとっても「ややこしい」と感じる方が多かったのではないでしょうか。慣れないうちは、ゆっくりと意味や使い方を覚えて、さらっと正しい敬語が使えるようになりましょう。

関連タグ

アクセスランキング