IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「昨日の今日」の意味と使い方・類語と例文|ビジネスの使い方

更新日:2022年11月09日

言葉の意味・例文

「昨日の今日」とはどのような意味なのでしょうか?また、どう使えば良いのでしょうか?このぺージでは、「昨日の今日」の基本的な意味や使い方、類語などをご紹介しています。また、「昨日の今日」を使用した例文もまとめているので、参考にしてみて下さい。

ここまで、「昨日の今日」という言い回しをテーマにして、さまざまな視点から意味や使い方について、考えてきました。しかし、「具体的にはどのように使えば良いのかわからない」「どんなタイミングで使用する言い回しか、いまいち理解しきれない」という方もいらっしゃるでしょう。 そこで続いては、「昨日の今日」という言い回しを使用した、例文や文章をご紹介していきます。「昨日の今日」が使用されている例文などを通して、具体的な使い方や使いどころなどについて、考えてみて下さい。

「昨日の今日」の例文【1】:昨日の今日だから

「昨日の今日」という言い回しの、具体的な使い方の1つとして、「昨日の今日だから~」という使い方が考えられます。実際に、「昨日の今日だから~」という言い回しを使用した例文や文章を以下でご紹介していくので、どのようにして使うのか、見てみましょう。 ・昨日の今日だから、彼もさすがに、同じミスは繰り返さないだろう。 ・昨日の今日だから、彼女が落ち込んでいるのも無理はない。 ・怒られてから、昨日の今日だから、彼も反省しているだろう。 ・あんなことがあってから、昨日の今日だから、まだ悲しい気持ちを引きずっている。

「昨日の今日」の例文【2】:昨日の今日なのに

「昨日の今日」という言い回しは、「昨日の今日なのに~」という言い回しでも、文章や会話で使用することが可能だと考えられます。「昨日の今日なのに~」という言い回しは、1日もしくは短い期間しか経っていないにもかかわらず、何かが起こったり変化があったりした状況を表現する言い回しだと考えられます。 会話や文章における、具体的な使い方としては、以下の例文のような使用方法があると言えそうです。 ・昨日の今日なのに、同じ失敗を繰り返してしまった。 ・怒られてから昨日の今日なのに、彼は反省していない。 ・ミスをしてから昨日の今日であるにもかかわらず、すっかり立ち直っている。

「昨日の今日」の例文【3】:昨日の今日で

上記では、「昨日の今日だから」「昨日の今日なのに」といった言い回しをご紹介しました。しかし、上記の2つだけが、「昨日の今日」という言い回しの使い方というわけではありません。「昨日の今日」という言い回しは、「昨日の今日で~」といった形で使用することもできると考えられます。以下の例文を通して、「昨日の今日で~」という言い回しの使い方について、考えていきましょう。 ・昨日の今日で、同じミスをまた繰り返すとは情けない。 ・昨日の今日ですまないが、同時にこの仕事も進めてもらいたい。 ・昨日の今日でまたお願いしてしまって申し訳ありませんが、こちらもお願いします。

「昨日の今日」の例文【4】:昨日の今日だけど

「昨日の今日」という言葉には、さまざまな言い回しがありますが、「昨日の今日だけど~」という言い回しもまた、メジャーな使い方の1つだと言えるでしょう。そこで続いては、「昨日の今日だけど~」という言い回しを使用した例文をご紹介していきます。例文を通して、上記でご紹介した他の言い回しとの使い分けなどについても、考えてみて下さい。 ・昨日の今日だけど、頼みたいことがもう1つある。 ・昨日の今日だけど、めげずにまた挑戦する。 ・失敗をしてから昨日の今日だけど、彼はまったく懲りていないようだ。

「昨日の今日」を上手く使って期間や時間を表現しよう

いかがでしたでしょうか?今回は、日常会話やビジネスシーンでも比較的頻繁に使用される、「昨日の今日」という言い回しをテーマにして、基本的な意味や使い方、類語や例文などを考察・ご紹介しました。 「昨日の今日」という言い回しには、1日くらいもしくは短期間を表現する意味があると言われています。また、「すぐに」「間髪いれずに」といったニュアンスも含まれていると考えられます。そのため、何かがあってから短期間ですぐに次の展開があった場合や、短期間に同じことを繰り返すことを表現する際に使用されることが多いと予想できます。 「昨日の今日」という言い回しを適切に使用することができると、文章や会話において、期間や時間の経過を表現しやすくなります。ですから、この機会にぜひ「昨日の今日」という言い回しの意味や使い方、言い回しのバリエーションなどを覚えて、積極的に使ってみて下さい。

初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング