IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「昨日の今日」の意味と使い方・類語と例文|ビジネスの使い方

更新日:2020年05月16日

言葉の意味

「昨日の今日」とはどのような意味なのでしょうか?また、どう使えば良いのでしょうか?このぺージでは、「昨日の今日」の基本的な意味や使い方、類語などをご紹介しています。また、「昨日の今日」を使用した例文もまとめているので、参考にしてみて下さい。

正しく覚えたい!「昨日の今日」の意味・使い方

「昨日の今日」という言い回しは、日常生活でもビジネスシーンでも、目にしたり耳にしたりする機会があるフレーズの1つです。そのため、馴染みのある言い回しだと感じている方も多くいらっしゃると予想できます。 しかし「昨日の今日」という言い回しを、「みんなが使っているから」「何となくなら意味がわかるから」といったように、曖昧な理解のまま使用したり解釈したりしている方もいらっしゃると考えられます。 そこで今回は、「昨日の今日」という言い回しをテーマにして、基本的な意味や使い方、類語や例文などを考察・ご紹介していきます。

「昨日の今日」の意味・使い方

まずは、「昨日の今日」という言い回しに含まれている基本的な意味や、文章・会話における一般的な使い方について、確認していきましょう。 「昨日の今日」という言い回しについて、「何となく」の曖昧な理解のまま、文章や会話で使用しているという方もいらっしゃるでしょう。この機会にぜひ、「昨日の今日」という言い回しの意味や使い方を見直してみて下さい。

「昨日の今日」の意味

「昨日の今日」というフレーズに含まれている意味やニュアンスについて、早速考えていきましょう。 「昨日の今日」という言い回しの意味について、「コトバンク」では、以下の引用のように解説しています。引用の内容から、「昨日の今日」とは、1日しか経っていないのにもかかわらずに何かが起こることを意味するフレーズだと読み取ることができます。 また、近い頻度で物事に変化があったり、時間が経っていないのに言動や発言に矛盾が生じた場合などにも、「昨日の今日」というフレーズを使用して表現することがあると予想できます。

事が起こってから1日しかたっていない今日。

「昨日の今日」の使い方

「昨日の今日」という言い回しに含まれている意味を踏まえて、続いては「昨日の今日」という言い回しを文章や会話で使用する際の、基本的な使い方について考えてみましょう。 「昨日の今日」とは、その物事などが起こってから、1日や短い期間しか経っていないことを表現する言い回しです。ですから、1日くらいの短い期間のうちに、物事に変化があったり、言動に矛盾が見られたりした際に使用されることが多い言い回しだと考えられます。 また、短いスパンで同じミスや失敗を繰り返した場合などにも、「昨日の今日」という表現が使われるケースもあると予想できます。

「昨日の今日」のビジネスにおける使い方

続いて、ビジネスにおいては、「昨日の今日」という言い回しはどのように使用されることが多いのか、考察していきます。 ビジネスにおいて「昨日の今日」という言い回しが使用されるケースは、さまざまなパターンが考えられます。例えば、前日にミスをして、翌日も同じミスをしてしまった場合は、上司などに「昨日の今日で同じミスをしないように」などと注意されるケースもあるでしょう。 また、次から次へと何かを依頼したりお願いしたりした場合は、「昨日の今日で申し訳ありませんが、〇〇の件も引き受けて頂けませんか?」といった形で使用できると考えられます。

「昨日の今日」の類語

続いて、「昨日の今日」という言い回しと似たような意味やニュアンスを含んでいる、類語や同義語と呼ばれる言葉や単語についてご紹介していきます。 類語や同義語を覚えておくと、文章や会話において、流れや内容に合わせて「昨日の今日」という言葉と使い分けることができて、何かと便利です。ですから、「昨日の今日」という言い回しの言い換え表現として、この機会に類語や同義語も覚えておくことをおすすめします。 ・間髪をいれず ・待ったなし ・次々に ・すぐに ・一も二もなく

「昨日の今日」の例文

初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング