IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

出版社に就職しやすい大学一覧TOP3・資格・難易度

初回公開日:2018年03月05日

更新日:2020年05月13日

記載されている内容は2018年03月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活

出版社に就職をしたいと考えていても、何を調べたらいいのか迷っていませんか。ここでは、就活に役立つ出版社の倍率や内定者の出身大学をまとめています。このページから出版社の企業研究の第一歩を踏み出し、一緒に就活を始めましょう。

出版社に就職するのに必要な偏差値はどのくらい?

最初に述べたよう実際に就職した方で難関大学出身者が多いのは、採用試験の際に一般常識テストや作文などの幅広い知識が出された際、他の大学出身者のほとんどがふるい落とされてしまうことにあります。それでは、出版社に就職するために必要な偏差値は具体的にどのくらいなのでしょうか。 今回は、先ほど紹介した大学をもとに、出版社に就職するために必要な偏差値を見てみましょう。

出版社に就職するのに必要な資格

出版社の就職に有利な資格は基本的にはありません。しかし、企業側が採用に迷っている際に選ぶときに参考にする資格や、持っていると就職後に重宝される資格はあります。今回は、そのなかで、特にあると便利な資格を5つ紹介します。

持ってると便利な資格

1、DTPエキスパート認証試験 2、校正技能検定 3、書籍制作技能検定 4、パソコンスキル(ワードやエクセルなど) 5、写真を撮るスキル 5番の写真を撮るスキルというのは、カメラマンがいないような記事の際に少しきれいに撮れる技があると便利になります。反対に、ファッション雑誌などではあまり使われないことが多いでしょう。

出版社をめざすなら

ここまで、出版社の就職について大学や難易度、資格を紹介してきました。しかし、出版社という狭き門を突破するのに最終的に重要なものは、人間性になります。学歴はある程度必要になりますが、学歴が高ければ受かるというわけではありません。大学時代にどのような経験をしたか、何に興味をもったのか、そのようなことから生まれる「企画力」がためされます。 これから就職活動を始める方は特に、幅広く興味をもち感性を磨いていきましょう。そして、あなたの夢が形になりますよう祈っています。 就活に不安を感じ、行き詰まってしまう時は、転職エージェントに相談してみるのも一つの選択肢です。転職のプロが、自分では気づけなかった強みやアピールポイントを引き出してくれるでしょう。

就活を有利に進めるなら

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

関連タグ

アクセスランキング