IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「御社様」の正しい使い方・貴社様との違い|間違い/敬語

敬語

就職活動で必要になる履歴書や、面接試験でよく使われる「御社」や「貴社」という言葉があります。この二つの言葉をどのように使い分けていますか。また、「御社」や「貴社」とした場合、「様」は必要なのでしょうか。悩みがちな「御社」や「貴社」の使い方をご紹介します。

更新日時:

あなたはどうしてる?「御社」と「貴社」

みなさんは敬語で苦労した経験はありませんか。学生時代には必要なかった敬語ですが、社会人になると、急に正しい敬語を当然のように要求されます。 そこで今回は、就職するときによく迷ってしまう「御社」と「貴社」の違いや意味、使用方法などを紹介していきます。慣れない言葉ですが、就職活動時の履歴書やエントリーシート、面接だけでなく就職後の電話やメールなどでもなにかと使用することになるので、覚えておくと良いでしょう。

「御社」と「貴社」って何が違うの?

「御社」や「貴社」は、どちらも「あなたの会社」という意味の尊敬語です。違いは、「書き言葉」か「話し言葉」かということです。「御社」は話し言葉で、「貴社」は書き言葉です。つまり、履歴書やエントリーシートには「貴社」と書き、面接では「御社」と言います。 間違えて逆に使ってしまうと、「書き言葉」と「話し言葉」を使い分けられない人という悪印象を与えてしまいます。

「御社」を「貴社」と言ってはダメ?

間違えて書き言葉である「貴社」という言葉を面接で使うと、どうなるのでしょうか。もちろん、「あなたの会社」ということを尊敬語で表現しているので、絶対にだめというわけではありません。 「キシャ」という言葉は、「記者」「汽車」「帰社」などたくさんの同音異義語があります。そのため、間違えて話し言葉として使ってしまうと、混乱をさせてしまう可能性があります。例えば、「汽車に乗って帰社しようとすると、記者に声をかけられました。」のように、聞いただけでは分かりにくいです。 しかし、書く場合には文字がはっきりしているので、意味を取り違えられたり混乱させたりすることはありません。 他の受験者がみんな使い分けているなか、自分だけ間違えてしまうと目立ってしまいます。「御社」と「貴社」を使い分けて、好印象を与えましょう。

「御社様」・「貴社様」は間違い?

履歴書を書くときや面接を受けるときに、相手に失礼のないように尊敬語や丁寧語を意識します。みなさんは、「御社様」・「貴社様」という表現が変だという指摘を受けたことはありませんか。「御社様」や「貴社様」という表現は間違っているのでしょうか。

そもそも敬語とは?

そもそも敬語とは、相手を敬うときに相手を上位にして表現する尊敬語と、自分がへりくっだって表現する謙譲語、そして「です」や「ます」を付ける丁寧語です。では、「御」や「貴」はどれにあたるのでしょうか。 「御」 ・相手の言動を敬う場合は尊敬語(お読みになる、ご覧になるなど) ・自分の言動が相手に影響を及ぼす場合は謙譲御(ご説明する、お呼びするなど) 「貴」 ・相手を敬う場合に使う尊敬語(貴院、貴殿など)

「御社様」・「貴社様」って二重敬語なの?

二重敬語とは、ひとつの事柄に関して二重に敬語を重ねることを言います。例えば、「先生が本をお読みになられる。」や「上司が名前をお言いになられる。」などです。なんとなく仰々しく感じられます。 「御社」・「貴社」は、尊敬の意味である「御」や「貴」があるので、すでに敬語表現になっています。そのため、さらに「様」を重ねる必要はありません。

「御社様」・「貴社様」はへん?

前記のとおり、「御社様」や「貴社様」は二重敬語です。丁寧さを意識しすぎて「様」を付けないと不安になる気持ちも分かります。とくに普段使い慣れていないと、二重敬語であることに気が付かない場合もあります。

「御社様」・「貴社様」はおかしいの?

古来より二重敬語や最高敬語は、非常に身分の高い方に使っていました。そのため、自分の周りの目上の方に使うと非常に失礼にあたりました。現在でも、「御社様」や「貴社様」という二重敬語を不快に感じる方がいます。ですので、ビジネス上や公の場では避けたほうが良いとされています。

「御社」・「貴社」に序列がある!

「御社」・「貴社」は「あなたの会社」に敬意を払って使う言葉で、同じ意味だと上記しました。しかし、厳密に言うともう少し細かい決まりがあるそうです。 「御社」→元請けの会社や、自分より立場が上の会社の時、または他会社 「貴社」→下請けの会社や、自社より立場が低いか同じ会社、または同系列のグループ会社 このように使い分ける事があるそうです。ただ、基本的には「御社」は話すときに用い、「貴社」は書くときに用いるとされています。

「御社」を使ってみよう!

では、実際に「御社」を使ってみましょう。前述したように「御社」は話し言葉です。ですから、面接のときに使用します。 例) 御社のリノベーション建築は、新しいデザインの中に暖かさを感じ、もともとの家の思い出を大切にしている点がとても伝わってきました。わたしも、お客さまが住みやすく機能的でありながら、思い出を大切にする御社の建築を提供したいと感じ志望しました。 前職でも介護福祉施設で勤務していました。日常生活援助やリハビリテーションの介助をするうちに、在宅へ戻られた後、どのように社会へ戻られるのか興味をもちました。多くの場合は元の職場には戻れず、福祉施設で働かれると知ったとき、働く場をなくされた方のお手伝いがしたいと感じました。御社の「働きながら健康になる」という理念に魅力を感じました。

メールで「御社」を使ってもよい?

メールで「御社」を使ってもよい?

メールでは「御社」ではなく、書き言葉である「貴社」を使用します。メールだけではなく、履歴書や他社宛ての手紙の場合などでも使用できます。では、さっそく例文を見ていきましょう。 拝啓 立春の候、貴社益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。また、平素よりご格別のご高配を賜り、深く感謝いたしております。 貴社に○○をお願いしたところ快諾していただき心より御礼申し上げます。今後とも末永いお付き合いの程お願い申し上げます。メールで恐縮ではございますが、取り急ぎご連絡申し上げます。 最後になりましたが、貴社の更なるご発展をお祈りしております。 例文のように、文頭・本文・文末とそれぞれ「貴社」を使い、文章を構成することができます。特に、文頭と文末はメールだけではなく他会社へ送る手紙にも使用できるため、定型文として覚えておくと便利です。

履歴書の場合は?

履歴書の志望動機の欄でも、相手の会社を表したい場合は「御社」ではなく書き言葉である「貴社」を使います。 では、例文を見てみましょう。 以前より人と接することが好きで、学生時代より服飾関係でアルバイトをしていました。色彩検定の知識を用い、服の組み合わせをお客さまにご提案させていただきました。気に入っていただくと、とてもやりがいを感じました。 貴社の流行を取り入れながら、個性を大切にするというブランドコンセプトに魅力を感じ、貴社のブランドを多くの方に広めたいと思い志望しました。 店内のレイアウトや商品の陳列方法は、ブランドイメージにも大きく関係します。そのため現在は、商品装飾展示技能検定の取得を目標に、試験勉強をしています。

電話のときは「御社」?「貴社」?

では、電話の場合はどうしたら良いのでしょうか。前述したように、電話の時は口語表現である「御社」を使えば良いです。 例をご覧ください。 ・先日御社よりご依頼をいただいた件でご連絡いたしました。 ・この度は御社に多大なご迷惑をおかけいたしまして、大変申し訳ありません。 ・恐縮ではございますが、ただいま担当が席を外しております。確認が取れ次第、御社へお電話差し上げます。

「御社」と「貴社」を使い分けてビジネスシーンに強くなろう!

「御社」と「貴社」を使い分けてビジネスシーンに強くなろう!

今回は「御社」と「貴社」について紹介しました。ポイントは、「御社」は話し言葉なので面接や電話などで使用し、「貴社」は書き言葉のため書類やメールなどに用いること、「御社様」や「貴社様」というように「様」をつけてしまうと二重敬語になり、失礼にあたるので付けなくて良いということでした。 些細なことですが、このポイントを押さえて就職活動だけでなく、就職後の会社同士の関係が円滑にいくと良いです。

関連タグ

アクセスランキング