IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「感謝しております」の使い方・類語・尊敬語|敬語/メール

敬語

上司や取引先の相手などに感謝を伝える際の言い方について紹介しています。「感謝しております」の尊敬語、丁寧語、謙譲語、それぞれでの言い方についても説明しています。また、手紙を差し出す場合のマナーや書き方についても書いています。

更新日時:

敬語での「感謝しております」

相手にお礼の言葉を言う時は「ありがとう」という言葉を使います。友達や親しい人にはこの言葉で感謝の気持ちを伝えますが、目上の人や、仕事の取引先の人にはもっと丁寧な言い方をしなければなりません。 目上の人や取引先の人にお礼の言葉を言う際に使うのが「感謝しております」や、「感謝申しあげます」などといった言葉です。

「感謝しております」使い方の例

・使い方の例 この度は弊社を選んでいただき、感謝しております。 お招きいただき、感謝申し上げます。 関係者の皆様、この度はご協力いただき感謝申し上げます。 このように、使い方は色々な場面であります。その場所や状況に合わせて「感謝しております」を少し変えたりして使ってください。

メールでの「感謝しております」

メールでの「感謝しております」

メールでお礼を伝える場合も「感謝しております」と使っても構いません。ただし、これもその場の状況と相手によります。 例えば、社内での上司に対するお礼メールに「感謝しております」は少々硬すぎる印象を与えてしまします。自分の上司や先輩にお礼の言葉を言う際は、ふつうに「ありがとうございます」でも大丈夫です。 逆に社外(取引先相手など)には「ありがとうございます」はラフすぎるので、「感謝しております」や、「感謝申し上げます」など、より丁寧な言い方をしなければなりません。

就活での場合

では、就活をする際はどちらを使えばいいのか悩む人もいるでしょう。就活で、内定をもらった際に、その会社の面接担当の人などに感謝のメールを送る際の例文を少しご紹介します。 ・就活でのお礼メールの例 ーー○○大学の○○(名前)です。この度、貴社に採用させていただき、大変感謝しております。 ーー貴社に内定の通知をいただいたこと、感謝申しあげます。 もしお礼のメールを送る際は、このようにな言い方をするといいでしょう。

「感謝しております」類語

感謝の言葉を言う際に「ありがとう」や「感謝しております」の他にもいろいろあります。 ・その他のお礼の言葉 「おかげさまで助かりました」、「恩に着ます」、「○○さんのおかげです」、「心より御礼申し上げます」、「お礼申し上げます」、「大変お世話になっております」、「感謝してやみません」、「ほんのお礼の気持ちです」、「頭が下がる思いです」、「足を向けて眠れません」などがあります。 また、直接お礼を言う際は、言葉だけでなく表情や、身振り素振りも大切になってきます。仏頂面でお礼を言われて、素直にうれしいと思う人はいません。相手に本当に感謝しているという気持ちや思いを込めて、それを表情にも表してください。

「感謝しています」

「感謝しております」と「感謝しています」はとても似ている言葉です。どちらも感謝の気持ちを述べるといった意味では同じですが、より丁寧な言い方をしているのは「感謝しております」という言葉の方です。

「感謝いたしております」

「感謝しております」をさらに丁寧な言い方にしたものが、「感謝いたしております」といった言葉です。丁寧さに加えて、上品さも少しあるような言い方になっています。手紙などを書く際に用いられることが多いです。

「感謝しております」の謙譲語

謙譲語とは、自分または自分の行動、動作や状態の主体をへりくだった表現にして、相手に対して敬意を表したものを言います。 謙譲語の例として、「伺う」、「参る」、「申し上げる」、「お目に掛ける」、「いたす」、「差し上げる」、「申す」などがあります。 上記で説明したように、「感謝しております」の謙譲語は、「感謝申し上げます」になります。

「感謝しております」丁寧語

丁寧語とは、自分(話し手)が、聞き手に対して丁寧な表現をすることで敬意を直接表したりします。 丁寧語は、接頭部に「お」や「ご」をつけたり、口語で「です」、「ます」、「ございます」などがあります。 上記より「感謝しております」の丁寧語は、「感謝いたします」になります。

「感謝しております」尊敬語

尊敬語は、その人自身や話題中の動作をしている人、その人の環境(状態、物事、動作)などを高めて言い表すことによって、その人に対して敬意を表すことを言います。 尊敬語の例として、「いらっしゃる」、「めしあがる」、「おっしゃる」、助動詞「れる」、「られる」などがあります。 上記より、「感謝しております」の尊敬語は、そのまま「感謝しております」になります。

手紙で書く際の感謝の文

ここでは手紙でお礼を書く際のマナーや伝え方について紹介していきます。

手紙を書く際の便箋の選び方

・友達、家族、親しい人に書く際 どんな便箋でも大丈夫です。相手の好みなんかを知っている場合は、それに合わせて出すとより一層喜ばれるでしょう。 ・仕事の上司、目上の人に書く際 白地に縦書きの便箋が主流です。しかし、ビジネス的の手紙の際は、横書きの便箋を用いられることも多いです。

手紙を送るタイミング

お礼の手紙を差し出す場合は、なるべく早い方が良いです。早ければ早いほど、相手に感謝の気持ちがより伝わります。もし、事情があって手紙を出すのが遅くなった際は、文面にそのお詫びの言葉も付け加えるといいでしょう。 ・お詫びの例 「御礼の手紙が遅くなり、申し訳ございません。」 「○○があり、御礼の手紙が遅くなってしまったことお詫び申し上げます」 このように、一言添えるだけでも相手からの印象がだいぶ変わります。

ビジネス的な手紙でのお礼の書き方

まず最初は、頭語と時候の挨拶を書きます。頭語は結語と決まった組み合わせがあるので、それに従って書きます。 時候の挨拶は、その手紙を書いている季節にあった事柄を書きましょう。四季折々でさまざまな時候の挨拶があります。

時候の挨拶の例

時候の挨拶の例

春「梅の香りが爽やかに漂う春暖の候」、「三寒四温を実感する気温差のある季節ですが」、「桜花爛漫の候」、「風が春から初夏の香りを運んでくるのを感じる季節」 夏「強まる日差しに夏への移ろいを感じる季節を迎え」、「しっとりとした空気に緑の香りが漂う初夏の候」、「晴天が続く盛夏のみぎり」 秋「風に揺れるすすきに風情を感じる爽秋の侯」、「秋晴の侯」、「いよいよ秋も深まり夜寒を覚えるこの頃」、「末枯野美しき晩秋の候」 冬ーー「立冬を過ぎ、朝ごとに冷気が加わるこの頃」、「師走を迎え、ますますご多忙の時期に恐れ入ります」、「行く年を惜しみながらも、新しい年に希望を馳せるこの頃」

主文

時候の挨拶を書いたら、主文(手紙を出した用件)を書きます。主文を書く際も、いきなり用件から入るのではなく、起源(さて、実は、ところで)から書き始めると文章の流れが良くなります。 主文を書く際の注意点としては、用件を一つ以上入れないことです。一つの手紙に用件を二つ以上いれると、まとまりがなく見ずらくなってしまいます。主文は簡潔に用件を伝えることが大切です。

末文

主文の次は末文を書きます。末文では、言葉相手の発展や繁栄を願う言葉、今後の指導を願う言葉、用件を結ぶ言葉などを書きます。

結語

手紙の最後に、頭語と同じ組み合わせの結語を入れます。 ・結語の例 敬具、敬白、拝具、謹言、謹白、草々、拝答、敬答など。 頭語を書いた後に、「後付け」という「日付」、「差出人名」、「宛名」を書きます。

感謝の言葉

感謝の言葉は、手紙の主文か、末文に書き入れます。「感謝しております」を使う際の書き方は下記を参考にしてみてください。 ご紹介していただき、感謝しております。 この度は、お力添えいただき感謝しております。 ・感謝しております以外の言い方 ご厚意におこたえできますように、精進していきたいと思います。 お骨折りいただきまして、誠にありがとうございました。 お忙しいなかをご尽力くださいまして、感謝申し上げます。 ○○様のお陰で、○○様のご尽力がなければ叶わなかったこと、○○様あってのこと、ご助言、ご厚情、労をとっていただき、など。

感謝を伝える際

自分よりも立場が上の人や取引先など、ビジネス的な所で感謝を伝える際は「感謝しております」、「感謝申し上げます」など、丁寧な言い回しで伝える事が求められます。 相手との立場や状況に合わせてしっかりと正しく使うことが大切です。

関連タグ

アクセスランキング