IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【状況別】覚悟を決めるときのポイント・本・名言

更新日:2022年11月14日

自己啓発

選択のない人生はない。小さな選択から大きな決断まで私たちは常に何かを選び生きています。そしてその中にはこれからの人生を左右してしまうような出来事や覚悟を決める時が訪れます。ここでは、その覚悟を決める時のポイントや方法をご紹介していきます。

「覚悟を決める」という時に同じような意味を持つ慣用句があります。しかしその意味はそれぞれに少しづつ違っています。ここでは、覚悟を決める時の慣用句をご紹介します。

慣用句①腹を括る

ここ一番で腹を括る。など強い意志を持って挑むときに使えます。

【腹を括る】いかなる事態にもひるまないよう心を固める。

慣用句②腹を据える

腹を据えて相手と向き合う。など相手を受け入れる体制を整えるときに使えます。

【腹を据える】怒りをおさえる。我慢してこらえる。

慣用句③腹を決める

このように似たような言葉にもそれぞれ違うニュアンスの意味があります。 そして「覚悟を決める」にはご紹介した「腹を〜」の全てを揃えることではないでしょうか。

【腹を決める】決心する。

ことわざ

世界にはたくさんのことわざがあります。その中から、覚悟を決めるときに役立つことわざを3つご紹介します。 ”間違いをせずに生きるのは、それほど賢くない” フランスのことわざ ”苦さの味を知らぬものは甘さも分からない” ドイツのことわざ ”人間の長所は欠点があるということだ” ユダヤのことわざ

覚悟を決めれば世界は明るくなる!

人生には何度も転機や変化があり、その度に私たちは選択をしなければなりません。時には選ばなかった方を羨んでしまうことや、その選択は間違っていなかったか。など考えてしまうこともあるでしょう。 だからこそ、私たちは選択するのではなく、覚悟をしていくことが重要です。立ち止まって考えて、これから起こる全てを受け入れる覚悟を決めること。その先の道で時に失い、そして涙する日もきっとあるでしょう。しかし覚悟を決めてしまえばその瞳の光が失われることはありません。覚悟を決めた人間は誰よりも強く、そして美しいはずです。 もしも今、その一歩が踏み出せずにいるのなら、あせらず、ゆっくりと。一度立ち止まって考えるときです。そして自分自身と向き合いあなたが生きる人生は誰のための人生なのかを考えててはいかがでしょうか。

初回公開日:2018年03月07日

記載されている内容は2018年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング