IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お大事にしてください」の意味と使い方|英語・敬語・例文で解説

言葉の意味

「お大事にしてください」という言葉。どのように使うべきなのか、あやふやだという方も多いはず。そこで今回は「お大事にしてください」の使い方や言い換え、敬語について解説します。お見舞いで使う挨拶をワンランクアップさせたいという方は、ぜひご覧ください。

更新日時:

「お大事にしてください」とは

「お大事にしてください」とは

「お大事にしてください」には、どんな意味が込められているのでしょうか。

「お大事にしてください」とは早く良くなってほしいという思いを込めた挨拶

日頃からお世話になっている人が病気や怪我で体調を崩していたら、大抵は心配をするはずです。 お見舞いに行って容体を確かめ、重体でなければ少し世間話などをして、帰り際に「お大事にしてください」と声をかけるのではないでしょうか。 「お大事にしてください」とは、相手の体調を気遣い、早く元気になってほしいという思いを込めて口にする挨拶です。 よく耳にする定型的な言葉ではありますが、きちんと気持ちを込めれば相手の心に響きます。

「お大事にしてください」とは「大事に至りませんようお祈りしています」の意味

「お大事にしてください」とは、相手の回復を願う挨拶であるとともに、「お身体の不調が大事に至りませんよう、お祈りしております」という意味も込められた挨拶です。 または、「お身体がこれ以上大事に至りませんよう、ご自愛ください」の意味ともいえます。いずれにしても、相手を心配してゆっくり休むように促す言葉です。

「お大事にしてください」の使い方

「お大事にしてください」の使い方

「お大事にしてください」はどのようなシーンで使うのでしょうか。例文とともに紹介します。

「お大事にしてください」は敬語

「お大事にしてください」はふだんからよく使われるフレーズですね。 動詞の「する」と丁寧語の「ください」で「してください」が成り立っています。しかし「してください」だと要求の意味が強く、相手によっては失礼だと捉えられる場合があります。 そのため、近しい人との会話や車内などであれば「お大事にしてください」で良いでしょう。

「お大事にしてください」の例文

「お大事にしてください」の例文を紹介します。

  • 「風邪だったんですね。今日は無理せず、お大事にしてください」
  • 「今から病院ですか?お大事にしてください」
  • 「寒い日が続いていますので、くれぐれもお大事にしてください」

目上の人に対して使う場合の「お大事にしてください」

目上の人に対して使う場合の「お大事にしてください」

「お大事に」という表現は目上の方に対して使っても失礼にはあたりませんが、「お大事になさってください」の方がより丁寧で良いでしょう。 そもそも、「お大事にしてください」という挨拶には、相手を心配する気持ちや、一日も早く回復するようにと願う心が込められているので、その気持ちが伝わることが何よりも大切なはずです。 一つだけ気をつけるべきなのは、「お大事にしてください」という相手を気遣う言葉に、きちんと敬意がのっているかということです。

「お大事に」をメールで送る場合の正しい使い方

「お大事に」をメールで送る場合の正しい使い方

「お大事に」「お大事にしてください」といった言葉をメールで送る場合もあると思いますが、その場合はどのような言葉を選んで送るべきなのかご紹介します。 メールの場合は相手の健康面を敬う気持ちを労う言葉をかけることが大切となってきますので、メールで使う言葉をしっかりと覚えておきましょう。

メールで送る場合は「ご自愛ください」が正しい

相手に「お大事にしてください」といったメールを送る場合は「ご自愛ください」という言葉を使うのが正しいです。 たとえ相手の立場がどんな場合でも「ご自愛ください」は丁寧な言葉遣いになります。 「ご自愛ください」という言葉の意味としては、自分の身体や健康を大切に気にかけてあげてくださいといった優しい意味合いになりますので、メールで活用してみて下さい。

メールで送る場合の「ご自愛ください」の例文

ここからは、実際にメールで「ご自愛ください」と送る場合の参考になる例文についてご紹介していきます。

  • 「風邪など召されませぬようご自愛ください。」
  • 「お忙しいかと存じますが、どうぞご自愛ください。」
  • 「厳しい残暑が続いますが、何卒ご自愛ください。」

「お大事にしてください」を使い分けよう

「お大事にしてください」を使い分けよう

一口に「お大事にしてください」といっても、その状況はさまざまです。 相手やシチュエーションによってその言葉を使い分けられるのが、真の気配り上手といえるのではないでしょうか。 「お大事にしてください」という挨拶を使い分ける際には、語尾のニュアンスを調整することが大切になります。

「お大事にしてください」の使い分け①気軽な間柄や軽症には「お大事に」

友達同士や職場の同僚、もしくは後輩など、普段タメ口で接している相手に対しては「お大事に」と気軽に声をかけるのがベターです。 相手が大怪我をしているときや重い病気にかかっているときは言い方に気を遣うべきですが、風邪やちょっとした怪我の場合は、気持ちは込めつつライトに「お大事に」と伝えてみてはいかがでしょうか。 対面以外でも、メールやLINEの文末に一言添えるだけで、ちょっとした気遣いの心が伝わるはずです。

「お大事にしてください」の使い分け②それなりに礼儀を弁えたい場合には「お大事にしてください」

まだそこまで親しくなっていない同僚や後輩、あるいはご近所さんや知り合い、叔父・叔母などの親戚に対しては、「お大事にしてください」と伝えるのが無難です。 また、相手が友達であっても、骨折や手術などで入院している場合、お見舞いの品に添えるメッセージカードに「お大事にしてください」と書いても不自然ではないはずです。

「お大事にしてください」の使い分け③目上の人には「お大事になさってください」

「お大事にしてください」をさらに敬意を高めた言い方にしたのが、「お大事になさってください」です。上司や恩師など、普段敬語で接する目上の人に対しては、尊敬語を使ったこの言い方がベストです。 お見舞いから帰る際、もしもその場にご家族がいらっしゃる場合には、本人はもちろん家族の方とも目を合わせて「お大事になさってください」と伝えると、丁寧で誠実な印象が残りやすくなります。

ビジネスでも使える「お大事にしてください」の言い換え

ビジネスでも使える「お大事にしてください」の言い換え

「お大事にしてください」は、広い場面で使うことができます。職場や学校、近所の方々や友達同士でも使って差し支えはありません。 ただ、「お大事にしてください」はあくまでも定型的な挨拶です。相手の体調を慮る気持ちが伝わるのであれば、他の言い方や類語を使っても構いません。 ビジネスシーンでもそれは同じです。同じ職場の人や取引先相手など、仕事で関わる人たちに向ける「お大事にしてください」は、他にどのように言い換えができるのかご紹介します。

「お大事にしてください」の言い換え①ご自愛ください

「お大事にしてください」という言葉と同じくらい、耳にする機会の多い言葉ではないでしょうか。 「ご自愛ください」とは、「自分の身体に気をつけて、大切にしてください」という意味です。手紙の文末に添える挨拶としても多く使われています。 この言い回しは、同僚よりは上司、または取引先相手や顧客に対して使う方が自然です。相手を丁寧に労わる気持ちを表したいときに適した表現です。

「お大事にしてください」の言い換え②ゆっくり休んでください

「ゆっくり休んでください」というと、「お大事にしてください」より砕けた印象を受ける人もいるでしょう。 しかし、少し言い方に気を遣えば、後輩や同僚だけでなく、上司に対しても使えるフレーズになります。 まず、打ち解けた後輩や同僚に対しては「ゆっくり休んでね」でいいでしょうし、日頃あまり話さない後輩・同僚についても「ゆっくり休んでください」で充分です。 この言葉で相手を労わってみてはいかがでしょうか。

「お大事にしてください」の言い換え③一日も早いご回復をお祈りしております

ちょっとどころではなく、だいぶ調子が悪そうな相手や、体調を理由に入院したり休職したりする相手には、「一日も早いご回復をお祈りしております」という言い方をした方がよいでしょう。 「お大事にしてください」よりも改まった表現で、相手を心配する気持ちを押し付けがましくなく伝えることができます。 また、この言葉は本人はもちろん、ご家族に対しても使うことができます。本人を支える周囲の人も同じくらい辛い思いをしていると考えて接することが大切です。

「お大事にしてください」の言い換え④お体おいといください

「お大事にしてください」の言い換えとして、お体おいといくださいという言葉もあります。「おいといください」という言葉は、労わって下さい、大事にしてくださいといった意味があります。 相手の健康を願う言葉を交えた挨拶で使われることがあります。「ご多忙中と存じますが、お体おいといください」というように使ってみましょう。

「お大事にしてください」の言い換え⑤お労りください

「お大事にしてください」の言い換えとして、お労りくださいという言葉があります。「お労りください」という言葉は、思いやりを持ってくださいという意味があります。 思いやりを持って身体を大事にしてくださいと伝えたいときに使うといいでしょう。「この機会にぜひお労りください」というように活用してみましょう。

「お大事にしてください」の言い換え⑥養生なさってください

「お大事にしてください」の言い換えとして、養生なさってくださいという言葉があります。「養生なさってください」という言葉は、健康に注意して病気にかからないようにつとめることを意味しています。 病気やケガが早く治るように願うときに使うといいです。「ゆっくりと養生なさってください」というふうに使うと良いでしょう。

「お大事にしてください」の言い換え⑦静養なさってください

「お大事にしてください」の言い換えとして、静養なさってくださいという言葉があります。「静養なさってください」という言葉は、仕事といったん距離をとり、心と体を休めるという意味があります。 忙しい激務の中で体調を崩した人にかけてあげる言葉です。「少しは静養なさってください」というふうに使えば、きっと相手も良い印象を持ってくれるでしょう。

「お大事にしてください」の英語訳

「お大事にしてください」の英語訳

「お大事にしてください」の英語訳を紹介していきます。

「お大事にしてください」の英語訳①Take care

友達同士など、気軽に声をかけ合う関係の人に対しては「Take cafe」で「お大事に」と伝えることができます。 イメージとしては、「Thank you」を「Thanks」と伝えるのに近いため、目上の人に対して使うのは控えた方がよいでしょう。

「お大事にしてください」の英語訳②Please take care of yourself

「Please take care of yourself」は「Take care」よりも丁寧な言い方のため、目上の人やお世話になっている人に対してはこちらを使うようにしましょう。 意味としては、「お身体をお大事にしてください」といったところです。「Take good care of yourself」ともいいます。

相手に合わせた「お大事に」で思いやりの心を伝えよう

相手に合わせた「お大事に」で思いやりの心を伝えよう

いちばん大切なのは、相手の状況をよく見極めて適切な「お大事に」を伝えることです。 自分と相手の心の距離や関係性はもちろん、相手の体調不良がどの程度のものなのか、どれくらい長引きそうであるのかということも含めて、よく考えて声をかけましょう。 弱っているときにかけられる優しい言葉は、心が慰められるのはもちろんのこと、時間が経っても忘れるものではありません。 きちんと気遣いが伝われば、より一層親密になることもありえます。

関連タグ

アクセスランキング