IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【幅・太さ】ネクタイの選び方|太さや柄から受ける印象

ビジネスファッション

男性、女性に関わらず、ファッションアイテムとして幅広い層に使われているネクタイ。今回は、ネクタイの幅が人に与える印象や、ネクタイの幅詰めはできるのか?などネクタイについての豆知識を紹介しています。ぜひ参考にして、自分好みのネクタイを探してみてください。

更新日時:

ネクタイの太さは気にした方がいい?

ネクタイを購入する時に、柄を気にする方は多いのではないでしょうか?実は、柄だけでなく、ネクタイの太さ、幅もきにする必要があるんです。 今回はネクタイの幅と人に与える印象について紹介していきます。あまり知られていませんが、ネクタイの幅にはとても大切な意味があり、選び方にも目安があります。ぜひとも今回の記事を参考にしてネクタイを選んでみてください。

ネクタイの太さの種類3つ

意外と知られていないネクタイの長さの種類。実は5cm〜9.5cmと、色々な種類があります。太さによって、印象は違いますし、場合によってはマナー違反となることもあります。 ここではよく使われている、7cm、8cm、9cmについて、どのような場所で使うのがおすすめなのか、また、どんな印象を与えるのかを詳しくご紹介していきます。

ネクタイの太さの種類1:7cm

この7センチのネクタイは、ビジネスシーンで使う細めのネクタイのベストサイズと言われています。理由は、ビジネスシーンでよく着られるスーツの襟の横幅(ラペル)とこの7センチが綺麗に合致するというのがポイントです。 基本的にはスーツの襟の、2つめの山の横幅にあったネクタイの幅を基本にして選ぶといいので覚えておいてください。

ネクタイの太さの種類2:8cm

8センチのネクタイは、スーツに合わせるネクタイとして一番スタンダードなネクタイです。印象は平均的で、細いネクタイほどシャープな印象はなく、柔和で人当たりのいい印象を相手に与えます。   営業や接客業で人とよく会話をする、いい印象を相手に持って欲しいという場合は、8センチのスタンダードなネクタイを選ぶといいでしょう。

ネクタイの太さの種類3:9cm

9センチの幅はネクタイの幅の中でも一番太いネクタイです。この9センチのネクタイ幅が人に与える印象とはどんなものでしょうか。   細めのネクタイはクールでシャープな印象を与えるものですが、太めの9センチのネクタイは、どっしりと身構える貫禄を相手に与えます。少し言い換えると威圧的で大物の気配を醸し出せます。接客よりも会議や商談などの際につけていくのがおすすめです。

トレンドのネクタイの太さは?

時代の流れとともにネクタイの幅は細くなってきていますが、一般的な紳士服を取り扱うお店では7.5cm前後のネクタイ幅が人気です。 ネクタイの幅は、ジャケットの襟幅と連動をしていると言われています。全体的には時代の流れとともに、ジャケットの襟幅が狭くなり、それに合わせるようにネクタイも細くなってきてます。

ネクタイの種類3つ

ネクタイにも様々ん種類があり、種類によってネクタイの太さが違います。ネクタイの種類を知ることで、大幅のネクタイの太さが予想できますし、知れば知るほどコーディネートの幅が広がります。 ここでは、定番の【ダービー・タイ】【ナロータイ】【ワイド・タイ】の順に詳しくご紹介していきます。是非とも、Vゾーンのお洒落をお楽しみください。

ネクタイの種類1:ダービー・タイ

最も一般的なネクタイで、大剣の幅は7cmから9cm。英国貴族のダービー卿が競馬を楽しむときに着用していたので、ダービータイと呼ばれてるそうです。 ビジネスやプライベートにも、オールシーズン使えて、誰もが一本は持っているオーソドックスな幅のネクタイのため、父の日やクリスマスのプレゼントに最適です。

ネクタイの種類2:ナロータイ

ナロータイとは、細身のネクタイのこと。幅の狭いネクタイの総称。一般的なネクタイは大剣が8~8.5センチメートル程度であるが、その部分が7.5センチメートル以下になると「細いネクタイ」という印象になるといわれている。 比較的カジュアルな印象になるため着用シーンを選ぶアイテムとなります。一般的にビジネスシーンではNGとしている企業も少なくないです。

ネクタイの種類3:ワイド・タイ

ワイド・タイは、大剣の幅が10cm超えるネクタイのことを言います。ボリュームがあり、重厚感のあるスタイル、また、クラシックな印象も与えます。 最近は細身のものが主流になったため、あまり見かけないです。ですが、比較的年齢が高い人と関わる時は太いネクタイをしたほうが、好印象を持たれるかもしれません。

ネクタイの太さの選び方4選

ネクタイの太さや種類を知ったとしても、色々な種類が多すぎて、どれを選べばいいのか、どれが自分の持ってるスーツに合うのか、また自分の体格に合うのかか分からなくなりますよね。 ここからは、自分のスーツや、体格に合ったスーツの選び方、また使用シーンによってどのようなネクタイを選べばいいのかをご紹介していきます。

ネクタイの太さの選び方1:ラペルの幅に合わせる

ネクタイの幅は、ジャケットのラペル幅と合わせることでかっこよく、まとまったように見えます。例えば、7cmのラペル幅があるジャケットであれば、ネクタイの大剣が9cmものを選ぶと締まって見えます。 ネクタイは「この太さがいい」というのは決まっておらず、ジャケットよりけりということになります。購入する際は、ジャケットのラペルを測ってからネクタイを購入しましょう。

ネクタイの太さの選び方2:体格に合わせる

細すぎ・太すぎネクタイはNGであるとご紹介してきましたが、幅だけにこだわる必要もありません。なぜなら、人によって体格が異なります。自身のカラダにフィットしたジャケットのサイズを選び、ネクタイ幅を決めるのも良い選び方です。 細めの体格であれば、細いネクタイをしていても、そんなに気にならないはず。人よりも大柄であれば、太めのネクタイをつけても、違和感のないバランスの取れたスタイルになるでしょう。

ネクタイの太さの選び方3:流行に合わせる

現在は細めのものが流行りとなってます。流行りに合わせて買うのであれば、ビジネスにおいて許せる限りの細めの太さを選べばいいでしょう。 最近ではニットタイなど細めのネクタイが人気を博していますが、6.5cm以下の細すぎるネクタイはモード感が強いためビジネスには不向木と考えられます。ビジネスシーンで細いものを選ぶのであれば、7cm〜がいいかもしれません。

ネクタイの太さの選び方4:使用シーンを考える

ビジネスシーンやフォーマルシーンにおすすめは、最も一般的なレギュラータイです。レギュラータイは、ネクタイ幅が7~9cmのものをいいます。ネクタイ幅で迷ってしまったら、レギュラータイにしておけば間違いありません。 プライベートでおすすめは、レギュラータイよりも幅が狭いナロータイというものもあります。流行りの細身のスーツに似合う幅のネクタイとして人気があります。

就活用に適切なネクタイの太さの選び方3つ

太さだけでも様々な種類があるネクタイ。就活生の中には「どの太さが一番印象がいいのだろう」と、ネクタイの太さを気になってる学生もいるのではないだろうか。 ネクタイの太さについて、気にしないという意見もあれば、自分の体型に合わせて選んでいるという意見もあります。面接で着用するネクタイは、何を基準にして、どのくらいの太さを選べばいいのでしょうか。

就活用に適切なネクタイの太さ1:スーツのラペル幅に合わせる

ネクタイの大剣の太さは、デザインによって様々です。その中でもっとも就活生に最適なネクタイの太さは、どれくらいなのでしょうか。基準として用いられるのが、スーツのラペル部分です。 ラペルの太さに±0.5㎝くらいの幅が、適切なネクタイの太さとされています。就活スーツを購入するときに、ネクタイも一緒に購入する事がおすすめです。

就活用に適切なネクタイの太さ2:適切な太さは9cm前後

就活用のスーツのラペル幅は9cm程度が多いので、ネクタイの太さも9cm前後であれば、適切な身だしなみとしてみられるでしょう。 最近は、大剣の太さが7~8cm未満のネクタイも増えていますが、それはカジュアルファッション用になります。デザインが良いからといって、誤ってカジュアルファッション用のネクタイを選ぶことのないよう注意してください。

就活用に適切なネクタイの太さ3:体型やトータルコーデで選ぶ

9cm前後の太さや、スーツのラペルに合わせるのが良いと紹介しましたが、体型やデザインによって選んでも問題ありません。ネクタイやスーツは、体型次第で印象が変わりやすいとされています。細身の人であれば、ネクタイが多少細めであっても目立ちにくいです。 逆に大柄であれば、少し幅のある太さのネクタイを選んだほうが、見た目のバランスを取れるでしょう。

就活生が避けたいネクタイの選び方2つ

上記では就活生に適切なネクタイの太さをご紹介してきました。太さは9cm前後が良いと紹介しましたが、実際、体格によって変わったりします。 ここからは、就活生が避けたいネクタイの選び方をご紹介していきます。ここをマスターすれば、面接などで悪いイメージがつくことはないでしょう。では、早速ご紹介していきます。

就活生が避けたいネクタイの選び方1:派手な色、季節外れの色はNG

就活生が避けたいネクタイは、派手な色、季節外れな色です。具体的にはピンクや紫です。ピンクは明るい色のため、日本のビジネスの場では向いてません。また紫は、神秘的なイメージがあるため、良い印象を持つことはありません。 また就活は、春や夏に行うもの。夏に茶色など季節感のない色も印象が悪くなります。購入する際は色に気をつけましょう。

就活生が避けたいネクタイの選び方2:派手な柄はNG

太すぎるストライプや大きすぎる水玉は大ざっぱなイメージなので、就活には不向き。オーソドックスな柄の方が相手に安心感を与えるので、変わった紋章がたくさん並んだような、ごちゃごちゃした柄も避けた方が無難です。 就活生はとにかく「シンプル」なものが一番です。もし自分で選ぶのが心配な場合は店員さんなどに聞くのが一番です。

ネクタイで相手に与える印象6選

就活用のネクタイはどれが良いかわからず、つい無難なデザインを選びがち。しかし説明会や面接においては、ネクタイは自分をアピールする大事なアイテムになります。 ネクタイで相手にどのような印象を与えたいのか、ここからはネクタイの柄や色からどのようなイメージを持たれるのか、詳しくご紹介していきます。

ネクタイで相手に与える印象1:青×レジメンタル

スマートさを強調したいのであれば、「青×レジメンタル」がおすすめ。 青は知的・勤勉・真面目さを表す色として日本人に好まれる色No.1です。白のレジメンタルはシャープなイメージであることからスマートさを強調できます。同じレジメンタルでも、青や紺に対してオレンジなどの暖色系だと、スマートな印象にならないので気をつけてください。

ネクタイで相手に与える印象2:エンジ×レジンタル

情熱的に見せたいのであれば、「エンジ×レジメンタル」がおすすめ。 赤は心理学的に見て「やる気」や「活力を感じ気持ちを前向きにさせる」色です。ここぞという時に赤系のネクタイを締めると、情熱的に見せることができます。ただ就活用に赤は少し派手なので、エンジなど、暗めの赤がおすすめ。最終面接など勝負の時に使うのもよいでしょう。

ネクタイで相手に与える印象3:黄色×チェック

明るく元気に見せたい場合は、「黄色×チェック」がおすすめ。 黄色は見ているだけで心を弾ませ、楽しい気分にさせてくれるのでコミュニケーションを円滑にしてくれたり、親近感のあるイメージを持ちます。チェックは活動的に見えることから、この組み合わせは明るく元気に見せたい時に最適。明るさで勝負したい時にオススメです。

ネクタイで相手に与える印象4:グレー×小紋

落ち着いた印象を与えたいのであれば、「グレー×小紋」がおすすめ。 グレーは他の色との協調性が高く、どんな色にも馴染みます。自己主張せず周囲の色を引き立てる調和の色です。控えめな上品さがあります。同じく落ち着いた印象を与える小紋柄との組み合わせがベスト。保守的な企業の面接時には良いですが、印象に残りづらい色ともいえます。

ネクタイで相手に与える印象5:青×チェック

フレッシュさを強調したいのであれば、「青×チェック」がおすすめ。 日本人に好まれる青色と元気さをイメージさせるチェックの組み合わせは、フレッシュで溌剌とした印象を与えられます。また、柄にギミックを取り入れるとおしゃれな印象も与えられます。レジメンタルを意識したチェック柄などもおすすめです。

ネクタイで相手に与える印象6:水色×チェック

爽やかなイメージをつけたいのであれば、「水色×チェック」がおすすめ。 水色だけではなく、春に淡いピンク、夏に水色など季節感のある色や柄を取り入れると、爽やかな印象がアップします。ピンクを全面に出すのは就活向きではないので、気をつけてください。水色は青と同じような印象を与えるので地色で使ってもよいでしょう。

ネクタイだけで印象は変わる

普段、ネクタイの色や柄はよく見てもネクタイの幅についてはあまりよく見ないという人は少なくないでしょう。ネクタイの太さや柄はそれぞれ人に与える印象が全く違ったものになります。 ネクタイを毎日つけるという人は今回の記事を参考にして、自分にぴったりのネクタイの太さや柄を選び、相手にどういう印象を与えたいのか考えながら購入してみてください。

関連タグ

アクセスランキング