IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【幅・太さ】ネクタイの選び方|太さや柄から受ける印象

更新日:2022年07月11日

ビジネスファッション

男性、女性に関わらず、ファッションアイテムとして幅広い層に使われているネクタイ。今回は、ネクタイの幅が人に与える印象や、ネクタイの幅詰めはできるのか?などネクタイについての豆知識を紹介しています。ぜひ参考にして、自分好みのネクタイを探してみてください。

ネクタイの太さは気にした方がいい?

ネクタイを購入する時に、柄を気にする方は多いのではないでしょうか?実は、柄だけでなく、ネクタイの太さ、幅もきにする必要があるんです。 今回はネクタイの幅と人に与える印象について紹介していきます。あまり知られていませんが、ネクタイの幅にはとても大切な意味があり、選び方にも目安があります。ぜひとも今回の記事を参考にしてネクタイを選んでみてください。

ネクタイの太さの種類3つ

意外と知られていないネクタイの長さの種類。実は5cm〜9.5cmと、色々な種類があります。太さによって、印象は違いますし、場合によってはマナー違反となることもあります。 ここではよく使われている、7cm、8cm、9cmについて、どのような場所で使うのがおすすめなのか、また、どんな印象を与えるのかを詳しくご紹介していきます。

ネクタイの太さの種類1:7cm

この7センチのネクタイは、ビジネスシーンで使う細めのネクタイのベストサイズと言われています。理由は、ビジネスシーンでよく着られるスーツの襟の横幅(ラペル)とこの7センチが綺麗に合致するというのがポイントです。 基本的にはスーツの襟の、2つめの山の横幅にあったネクタイの幅を基本にして選ぶといいので覚えておいてください。

ネクタイの太さの種類2:8cm

8センチのネクタイは、スーツに合わせるネクタイとして一番スタンダードなネクタイです。印象は平均的で、細いネクタイほどシャープな印象はなく、柔和で人当たりのいい印象を相手に与えます。   営業や接客業で人とよく会話をする、いい印象を相手に持って欲しいという場合は、8センチのスタンダードなネクタイを選ぶといいでしょう。

ネクタイの太さの種類3:9cm

9センチの幅はネクタイの幅の中でも一番太いネクタイです。この9センチのネクタイ幅が人に与える印象とはどんなものでしょうか。   細めのネクタイはクールでシャープな印象を与えるものですが、太めの9センチのネクタイは、どっしりと身構える貫禄を相手に与えます。少し言い換えると威圧的で大物の気配を醸し出せます。接客よりも会議や商談などの際につけていくのがおすすめです。

トレンドのネクタイの太さは?

時代の流れとともにネクタイの幅は細くなってきていますが、一般的な紳士服を取り扱うお店では7.5cm前後のネクタイ幅が人気です。 ネクタイの幅は、ジャケットの襟幅と連動をしていると言われています。全体的には時代の流れとともに、ジャケットの襟幅が狭くなり、それに合わせるようにネクタイも細くなってきてます。

ネクタイの種類3つ

次のページ:ネクタイの太さの選び方4選
初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング