IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

革靴の紐を隠す結び方をご紹介!パラレル・シングルとは?

更新日:2020年07月24日

ビジネスファッション

みなさん、革靴の紐はどうやって結んでいますか?ビジネスシューズを買ったまま、紐は付けっぱなしなのではないでしょうか?紐の通し方・隠し方ひとつで、ビジネスシューズの履き心地は格段に良くなります。今回は、ビジネスシューズの紐の通し方・結び方について紹介します。

靴紐の結び方を気にしなくていいスニーカーアイテム4選

さて、先ほどは、スニーカーの靴紐を隠す結び方を紹介していきました。 さて、紐を隠すのってめんどくさいですよね?しかも、いろいろな結び方があって、なんだかめんどくさそうと思っている方が多いのではないでしょうか? ここでは、スニーカーの靴紐を隠す必要がない便利アイテムを紹介していきます。

靴紐の結び方を気にしなくていいスニーカーアイテム1:ゴム製結ばない靴紐 スニーカー

ゴム製結ばない靴紐 スニーカー 伸びる靴紐 ほどけない 簡単取り付け 靴紐が解けてイライラを解消 脱ぎ履きが楽々 子供から高齢者までも対応 一足分(紫と斑点)
ゴム製結ばない靴紐 スニーカー 伸びる靴紐 ほどけない 簡単取り付け 靴紐が解けてイライラを解消 脱ぎ履きが楽々 子供から高齢者までも対応 一足分(紫と斑点)

靴紐を結ぶのってめんどくさいですよね? 「何度もほどけてしまって、もう一度結んで」という経験がある人は多いのではないでしょうか?正直うんざりしてしまうかと思います。 そんな靴紐のストレスを解消してくれるのがこちらのアイテムです。

靴紐の結び方を気にしなくていいスニーカーアイテム2:NEXARY伸びる靴紐

NEXARY 伸びる 靴ひも 靴紐 織物+ゴム (140 グレー)
NEXARY 伸びる 靴ひも 靴紐 織物+ゴム (140 グレー)

見た目は普通の靴紐と同じに見えるのではないでしょうか? ゴム素材を使っているので伸縮性があります。固定部品があるので靴紐を結ぶ必要もありません。ハイカットスニーカーなど脱ぎ履きが面倒なスニーカーなどにピッタリです。 カラーも7色から選べ、お手持ちのスニーカーを快適に変身させられます。お値段もお求めやすく買いやすいです。

靴紐の結び方を気にしなくていいスニーカーアイテム3:驚きのフィット感!くつヒモとれな~い

くつひもを☆結ぶも、ほどくも、ワンタッチ!一瞬で驚きのフィット感♪靴紐ほどけない♪くつヒモとれな~い2足分(4個)入 (シルバー)
くつひもを☆結ぶも、ほどくも、ワンタッチ!一瞬で驚きのフィット感♪靴紐ほどけない♪くつヒモとれな~い2足分(4個)入 (シルバー)

ワンタッチで脱ぎ履き出来るなんて画期的です。説明書に書いてある通りに紐を通せば、あとはワンタッチで緩めたり結んだりすることができます。 ブラック・レッド・シルバーと3色あります。スニーカーの色に合わせて使うことができます。紐が解けてしまうめんどくささを解消してくれますね。

靴紐の結び方を気にしなくていいスニーカーアイテム4:BUBOSHU 靴紐 靴ひも くつひも ゴム 伸縮性抜群

BUBOSHU 靴紐 靴ひも くつひも ゴム 伸縮性抜群 結ばない ほどけない 靴の着脱を簡単に 子供から高齢者まで対応 カジュアルシューズ スニーカー シューレース 120cm 1足分/2足分/4足分セット
BUBOSHU 靴紐 靴ひも くつひも ゴム 伸縮性抜群 結ばない ほどけない 靴の着脱を簡単に 子供から高齢者まで対応 カジュアルシューズ スニーカー シューレース 120cm 1足分/2足分/4足分セット

靴紐を毎回結ぶのめんどくさいですよね?しかも、靴紐がほどけると何度もそれを繰り返すのでよりめんどくさく感じるかと思います。 子供やお年寄りの方と特に、靴紐がほどけることは、危険を意味することがあります。そんな不安を払しょくする商品です。 伸縮性抜群で強度の優れた高品質のゴムを採用していて、靴ひもを緩めたり、締めたりできるので、脱ぎ履きの時短になります。

イケてるスニーカーにする紐の結び方4選

最近では、出勤の際もカジュアルな服装で大丈夫な職場が増えていることが多いです。 なので、プライベートだけではなく、仕事の場面でもカジュアルなスニーカーを使うことが多くなります。 そんなスニーカーをかっこよく履きたいですよね? ここでは、イケてるスニーカーの結び方を紹介していきます。

イケてるスニーカーにする紐の結び方1:結び目を隠してかっこよくしよう!おすすめのオーバーラップ

初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング