IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

清水千広(MB)さん オシャレになるには??ファッションアドバイザー、MB流の極意を知りたい!

更新日:2022年08月02日

ビジネスファッション

ファッションに悩む男性の救世主と言われている清水千広さん。こちらではその清水千広さんが教えるシルエットの作り方やファッションでお金をかけるべきポイントをご紹介します。おしゃれの仕方が分からなくて悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

おしゃれとは無縁だった筆者は「MB」こと清水千広さんの情報で変わった!

おしゃれとは無縁だった筆者は「MB」こと清水千広さんの情報で変わった!

筆者は学生時代、スポーツ&アウトドアブランドばかり着ていて、おしゃれとは無縁でした。急におしゃれが必要になったのは、社会人になって婚活を始めてからでした。 社会人になりスーツ以外の服装で外出する機会も減り、それこそ休日に近所のスーパーへ買い物に行くくらいの服しか持っていない。 婚活パーティの出席や、マッチングアプリの写真はスーツで大丈夫でも、じゃあ次は女性が気になるスポットで会いましょうとなったとき、「あれ、着ていく服がないぞ」と。いまさらロゴのプリントされたTシャツとジーンズというわけにはいきません。 そこで参考にしたのが、MBこと清水千広さんのファッション情報でした。

ファッションアドバイザー「MB」こと清水千広さんとは

ファッションアドバイザー「MB」こと清水千広さんとは

MBこと清水千広さんは、ベストセラーとなった『最速でおしゃれに見せる方法』(扶桑社)の著者です。 アパレルショップの販売員や店長、EC運営などを経て、自身で会社を起ち上げ、プロバイヤーや企業コンサルタントなどの傍ら、ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営しています。 まぐまぐで配信する有料メルマガは、個人配信者としては日本一の規模を誇る堀江貴文(ホリエモン)氏を超えて1位をマーク。最近はYouTubeにも進出しています。 最も早くオシャレになる方法KnowerMag:http://www.neqwsnet-japan.info/

おしゃれを言語化するMB(清水千広)さんのファッションアドバイス

MB(清水千広)さんは、メンズファッションでのおしゃれの秘訣を「ドレスとカジュアルのバ ランス」と明言しています。ドレスとはドレスアップした服装。スーツなどかっちりとした格 好のことです。一方でカジュアルは普段着。コンビニに着ていくような恰好です。 この2つをバランスよく配分することがおしゃれのコツだというのです。 そしてMB(清水千広)さんは、このバランスを日本人は7:3のドレス寄りにすべきともアドバ イスしています。欧米人に比べ顔立ち、頭身などで幼い印象があるからです

MB(清水千広)さんが提唱する基本の組み合わせ

MB(清水千広)さんによれば、洋服の着こなしは基本的に上半身の「トップス」、下半身の「ボトムス」、靴などの「小物」の3カテゴリーに分けられます。 7:3の配分がおしゃれのコツですので、この3つのカテゴリーの内2つをドレス要素で構成すればよいということになります。 例えばトップスをジャケット、ボトムスをデニムにした場合には、小物である靴はドレスアップして革靴にすることで、最適なバランスとなります。 このアイテムはドレスなのかカジュアルなのかと迷ったら、初心者はスーツを着るときに使えるかどうかで判断します。

ボトムスから揃えるのがMB流

おしゃれをしようと思うと、初心者はまずトップスを多く揃えようとしますが、MB(清水千 広)さんに言わせれば、「トップスは印象を変える」「ボトムスは印象を整える」もので、自 分の体型を綺麗に見せるボトムスを身に付けることが、おしゃれに繋がります。 体型を綺麗に見せる「3つの基本シルエット」があり、上半身が細く下半身も細い人は「Iライン」、上半身が細く下半身が太い人は「Aライン」、上半身が太く下半身が細い人は「Yライン」のシルエットを形作るような、最適なボトムスを入手する必要があります。

MB(清水千広)さんの教えるシルエットの作り方

MB(清水千広)さんの教えるシルエットの作り方

MB(清水千広)さんによれば、痩せ型でスマートな人向きなのが「Iライン」です。上下細身のシルエットを作ると、縦のラインが強調されて身長も高く感じさせます。 次に上半身が細く、下半身が太い人は、「Aライン」を意識します。太いパンツを履くなどして、足のラインを出さないようにします。上半身は細めに整えると綺麗なシルエットができます。 上半身が太く、下半身が細い人は、「Yライン」です。上半身をコートのような面積の多い服を着ることで隠し、下半身は細身のパンツを合わせてシルエットを作ります。 「いやいや俺は上半身も下半身も太いんだけど!」という人は、ボトムスに「裾だけ細い」ものを選ぶのがコツです。ロールアップも有効で、細身に感じさせることができます。

次のページ:「細身が穿けないのならテーパード」がMB(清水千広)さんの鉄則
初回公開日:2022年08月02日

記載されている内容は2022年08月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング