IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書に「以上」の記載は必要か・書き方と記載場所・意味

社会人常識

履歴書の職歴欄に記載する「以上」という言葉、どのような意味があるかご存知ですか?ここでは、履歴書の職歴欄に「以上」を書く理由や「以上」の正しい記載位置などをまとめました。履歴書の「以上」の正しい書き方を学び、採用者の印象を良くしましょう。

更新日時:

履歴書の「以上」の意味

履歴書の「以上」の意味

就職・転職を目指す人にとって最初の関門と言えるのが、書類選考なのではないでしょうか。履歴書の書き方にはいくつかのルールがあります。ルールにのっとってきちんと作成し、採用者の印象を良くしましょう。 履歴書作成におけるルールで押さえておきたいのが、職歴の最後に記載する「以上」の書き方です。 この「以上」には、「これ以上何もありません」という意味があります。「以上」を記載することで、職歴がどこまでなのかがひと目で分かります。それと同時に、応募者の経歴が第三者によって改ざんされるのを防ぐ役割もあります。 「以上」の意味をしっかり理解し、履歴書を作成したら必ず見直しをして提出しましょう。

履歴書の「以上」の記載場所

履歴書の「以上」の記載場所

履歴書には、学歴や職歴を記載する欄があります。履歴書の経歴の書き方は、まず一番最初の行の中央に「学歴」と書き、以下中学卒業から学歴を記載していきます。学歴が書き終わったら、一行空けて次行の中央に「職歴」と書き、以下職歴を記載していきます。

学歴

学歴

履歴書における学歴は、中学校卒業以前のものは書く必要はありません。中学校卒業、もしくは高校入学から記載してください。 学歴の欄では「以上」は記載しません。その理由は、職歴がない場合でも職歴欄では「なし」と記載し、「以上」で終わるというのがルールだからです。つまり、履歴書の「以上」は、学歴ではなく職歴でのみ記載する言葉です。

アルバイトも記載するのか?

正社員の求人に応募する場合、一般的に履歴書ではアルバイト歴の記載はしません。しかし、正社員と同等の役割や仕事を担当していたり、応募先の会社に活かせるような業務内容であったりする場合は、自己アピールとして記載しても良いでしょう。 また、正社員を退職してからアルバイトを長期間していた場合や、正社員歴がないフリーター・既卒者の場合も書いた方がいいでしょう。空白期間があると捉えられるのを防ぐことができます。 職歴欄にアルバイト歴を記載する際も、「以上」を忘れずに書いてください。

「以上」を書く行・位置は?

「以上」を記載する行・位置は、履歴書の職歴欄の最終行の次行に右寄せで書くのが一般的です。 現在学生であったり、職歴がなかったりする場合は、「職歴」の次行に左寄せで「なし」を入れ、さらに次行に「以上」を右寄せで書きます。 現在勤務している会社がある場合は、職歴欄の最終行に左寄せで「現在に至る」と記載し、次行に「以上」を右寄せで書きます。

一行空けて書かないのか?

職歴欄の最終行から一行空けて「以上」を記載する方法を目にしたことがある方もいるのではないでしょうか? 「以上」は「これで終わりです」という意味で記載します。また、応募者の経歴が第三者から改ざんされることを防ぐ役割もありますので、最終職歴と以上の間に空欄はあってはいけません。ですので、職歴欄の最終行からは一行空けずにすぐ次の行に記載するのが正しい書き方になります。

職歴が次のページにまたぐ場合は?

職歴が2ページにまたぐ場合、1ページ目にも「以上」は記載するのでしょうか? 2ページにまたがって職歴を記載することになった場合は、1枚目の最終行に「次項へ」、2枚目の冒頭に「前頁より」と記載してから、続きを書いていきます。 もしも、1枚目の最終行で職歴を書き終えてしまった場合は、どこかを削って短くしたり、フォントを小さくしたりして「以上」を書く行を確保しましょう。

「以上」は枠外でもいい?

職歴が多く、「以上」を入れる行がどうしても確保できない場合、職歴欄の最終行の右端に「以上」と書いてもかまいません。 ただし、これだと余白がなくて窮屈な印象を与えてしまいます。履歴書にも見映えは大切ですので、枠外に付け加えるようなカタチで記載しないようにしましょう。

職歴を書く際の注意

「以上」をいれるスペースに困るほど職歴を記載していませんか?配属が変わるたびに職歴に記載していると、欄は足りなくなります。1社の職歴を詳細に書くのは、どうしてもアピールしたいものがある場合のみにしましょう。 また、派遣先が多い場合はすべて記載すると欄が足りなくなります。その場合は派遣先を省略し、派遣社員としての経歴としてまとめましょう。 ただし、職歴を省略したことが履歴書から分からなければ、経歴詐称とされる恐れがあります。その場合は、詳細な職歴は職務経歴書に記載している旨を添え、省略した職歴を職務経歴書でまとめましょう。

「現在に至る」とは?

「現在に至る」という言葉は、職歴において使われます。在職中に転職先を探している場合や、アルバイトをしながら就職活動をしている場合に、現在在職中であることを示すために記載します。 「現在に至る」は、現在の状態を示しただけの表現です。なので、「現在に至る」と記載した場合も、職歴はこれ以上ありませんということを示すために「以上」を書くのがルールです。

「以上」を書き忘れたら?

「以上」を書き忘れたら?

「以上」を書き忘れたからといってそれだけで不採用にする会社はほとんどありません。しかし、履歴書の書き方にはルールがあります。応募する者はしっかりルールを把握して提出するのが一般常識です。そのようなルールを外れた履歴書は、常識がないと見られる可能性があります。 また、「以上」を書き忘れたからといって再提出する必要はあまりありません。「以上」だけが付け加えられた同様の履歴書を提出されたとしても、逆に担当者を惑わしてしまうことになりかねません。 ただし、注意を怠ったとしてマイナス評価につながる可能性もあります。なので、何よりも履歴書を提出する前にしっかりとチェックすることが重要です。

履歴書に「以上」の記載は必要か?

履歴書に「以上」の記載は必要か?

履歴書には、必ず学歴と職歴を記載する欄があります。学歴の書き始めは一般的に中学卒業からで、以降入学と卒業の経歴を記載していきます。職歴についても、古いものから順に経歴を記載していきますが、職歴の最後には必ず「以上」と書き添えるのが一般常識となっています。 この「以上」には、物事の終わり文句の意味があります。職歴の最後に「以上」を記載することで、自分の経歴はここまでで、この先にはありませんということを表しています。それを書き示すことにより、第三者による経歴改ざんを防ぐことができます。嘘偽りのない経歴であることを示すために、職歴の後の「以上」は必要不可欠な言葉です。

英文履歴書にも「以上」はいるのか?

英文履歴書にも「以上」はいるのか?

英文履歴書とは、日本で例えると履歴書と職務経歴書が合体したような形です。とはいえ、日本の履歴書とは違い、単に日本語の履歴書を英訳したものではありません。海外では職歴、特に最新のものが重要視されています。英文履歴書では、学歴よりも職歴を先に記載し、新しいものから順に書いていきます。 職歴には会社名や肩書、在職期間を記載するだけでなく、どのような職務内容であったのか、どんな成果を上げてきたのかを記載します。学歴も新しいものから順に記載していきますが、日本と違って大学名・学部を書くのではなく、取得した学位を書いていきます。 内容は新しいものほど詳しく書きます。海外ビジネスにおいては、以前何をしていたのかということより、直近でどのような仕事をしていたのか、今何ができるのかということが重要視されます。 ちなみに、日本の履歴書の「以上」を英語表記すると「or more」になります。

履歴書の「以上」は必須ワード

履歴書の「以上」は必須ワード

このように、履歴書に記載する「以上」という言葉は、学歴や職歴といった経歴がこれ以上ないということを示すための重要なワードであることが分かります。また、「以上」を書くことには、第三者による応募者の経歴改ざんを防ぐという役割もあります。 「以上」を記載することは、履歴書を書く上で重要なマナーの一つであり、書き忘れることで、採用担当者から常識のない人物であると捉えられかねません。 履歴書の職歴欄の最後に右寄せで「以上」が記載されているかどうか、提出前には必ずチェックしましょう。

関連タグ

アクセスランキング