IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ご清栄の意味/言い換え/使い方・ご清栄とご清祥の使い分け

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

「ご清栄」という言葉を知っていますか。この「ご清栄」は手紙などの最初の文に使われる定型句でよく使われますが、どのような意味なのでしょうか。ここでは「ご清栄」の意味と使い方、例文、似たような意味の言葉などをご紹介しますので、ご参照ください。

ご清栄の言い換え;ご健勝

「ご清栄」と同じような意味で使う言葉として「ご健勝」という言葉があります。「ご健勝」とは「ごけんしょう」と読み、「健康で元気なこと、またそのさま」という意味です。使い方としては、以下のように使います。 (例文) 1.「ご健勝をお祈りしております。」 2.「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。」 3.「○○大会でのご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。」

ご清栄の言い換え;ご清祥

「ご清栄」と似た言葉で、同じような意味として使われる言葉に「ご清祥」という言葉があります。この「ご清祥」とは「ごせいしょう」と読み、「相手が心身ともに健康であることをたたえ、幸せに暮らしていることを喜ぶ」という意味があります。 「ご清祥」は、相手の健康を喜ぶ点にポイントがあり、そのため、個人宛の文書には向いていますが、会社などの組織宛への文書にはあまり適さない言葉となります。使い方としては、以下のようになります。 (例文) 1.「拝啓 早春の候、皆様方にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。」 2.「拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。」

ご清栄の言い換え;ご隆昌

「ご清栄」と似た言葉に「ご隆昌」という言葉があります。「ご隆昌」とは「ごりゅうしょう」と読み、「勢いの盛んなこと、栄えること」を意味し相手をほめたたえる意味を持ちます。 経済的にますます発展し、繁栄するという意味があるため、取引先への手紙の定番フレーズとしてよく使われます。「ご隆昌」は企業や団体向けに使われる言葉で個人宛の手紙にはあまり使いません。経済的に調子が良いことを意味するため、取引先の状況によっては使わない方が良い言葉ですので注意が必要です。使い方としては、以下のようになります。 (例文) 1.「拝啓 貴社ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。」 2.「ますますご隆昌の段、なによりでございます。」

ご清栄とご清祥の使い分け

「ご清栄」と「ご清祥」は似たような言葉ですが、どんな違いがあるのでしょうか。 「ご清祥」には、前述しましたように手紙を送った相手が心身ともに健康であることを讃えて幸せに暮らすことを喜ぶという意味があります。対して「ご清栄」という言葉は、相手の健康とともにその商売などの繁栄を喜ぶための言葉です。 「ご清栄」と「ご清祥」の大きな違いは、「ご清祥」という言葉が相手の健康を喜ぶという意味だけであるのに対して、「ご清栄」には相手の健康のほかに商売などの「繁栄」を喜ぶという意味があるという点にあります。 ここでは、これらの言葉の違いや使い方の注意点についてみていきます。

ご清栄とご清祥の使い分け;会社宛て

会社宛ての手紙には、前述の理由から「ご清祥」よりも「ご清栄」を使う方が良いです。ただし、どちらも相手のことを祝う意味があるために、「ご清祥」を法人などの企業宛に使ったからといって、非常に失礼ということではないです。細かな意味合いを知らない場合もありますので、特に問題なく受け取られる場合も多いでしょう。しかし、できればそのような企業宛の文書には「ご清栄」を使った方が良いということだけ頭にとどめておいてください。

ご清栄とご清祥の使い分け;個人あて

個人宛の手紙には、「ご清祥」も「ご清栄」も使用できます。ただし、どちらかと言えば「繁栄」という意味がある「ご清栄」は企業宛の手紙に向いていて、「ご清祥」は個人宛の手紙に向いています。

例文

ここでは、「ご清栄」を使った例文をいくつかご紹介します。「ご清栄」という言葉は、ビジネス文書の最初の定型句としてよく使われる言葉です。

貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます

この言葉は、ビジネス文書の最初によく使われます。相手企業の繁栄を喜ぶという意味で、定型句です。似た意味としては、以下のような言葉もよく使われます。 ・「貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。」 ・「貴社ますますご隆昌の段、慶賀の至りに存じます。」 ・「貴社ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。」

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます

次のページ:「ご清栄」を英語で表現すると
初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング