IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「灯台もと暗し」の意味と使い方・語源・例文・類語・言い換え

更新日:2020年03月09日

言葉の意味

「灯台もと暗し」という言葉は多くの場所で使用されるため、皆さんも多く耳にした、あるいは目にしたことがあるでしょう。この「灯台もと暗し」の意味はもちろん、語源や類語をご存知でしょうか。今回は「灯台もと暗し」についてご紹介していきます。

仕事や人間関係によって疲れ果ててしまっている人は、自分のことに精一杯で大切な人への愛情を見失ってしまうことがあります。これは誰にも言えることです。特に家庭を持っている人の場合、仕事に一生懸命になりすぎて、本当に大切なものを見失いがちです。 しかし、そのように大変な仕事は何のために行っているのでしょう。それは自分の生活のため、大切な家族の生活を豊かにするためではないでしょうか。 このように忙しい日々を送り続けていると、何のために行動しているかという本来の目的を忘れがちです。江原さんは「これこそ灯台もと暗しだ」とおっしゃっています。ぜひ皆さんも本当に大切なものは何か、最も優先にすべき事は何かを今一度考えてみてはいかがでしょう。

灯台もと暗しにならないようにしよう

いかがでしたでしょうか。「灯台もと暗し」という言葉は、私たちに「身近なものに気付くことは大切である」ということを教えてくれることわざでもあります。ぜひ忙しい日々に翻弄されるだけでなく、自分にとって大切なものは何かということを時々考えるようにしてみてください。

初回公開日:2018年01月10日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング