IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「一過性」とはどんな意味か・類語/対義語/使い方/用例

更新日:2018年02月01日

言葉の意味

なじみのない言葉とは言えない、しかしなじみのある言葉とも言えない言葉、「一過性」。そんな「一過性」について今一度見直してみませんか。どんな意味を持ちどのような時に使われるのか。なぜなじみある言葉とは言えないのか。「一過性」を見直してみませんか。

「一過性」の使い方とは別に、日常会話の用例、医療機関で聞く用例、一過性とついた言葉の三点の用例をいくつか紹介していきます。

1.日常会話の用例

①流行語大賞は一過性の流行に過ぎないよ ②一過性の観光イベントでは街の活性化に繋がりません ③恋は一過性です ④一過性の喜びだとしても嬉しいものは嬉しい

2.医療機関で聞く用例

①一過性の熱なので問題はありません ②その耳鳴りは事故による一過性のものなので次第に消えます ③その症状は一過性のものの可能性が高いです ④一過性のものか慢性的なものか観察していきましょう

3.「一過性」とついた言葉

①一過性脳虚血発作 ②一過性全健忘症 ③一過性意識障害 ④一過性多呼吸

身近な意味を持つ言葉-「一過性」

どうしても医療用語や病院、医師から聞くことが多い「一過性」という言葉。「病気などの症状や何かの現象が一時的に起こり消えること」という意味合いとしては、一時的や束の間といった言葉に近く、日常生活で使えない言葉ではありません。同じような意味を持つ一時的や束の間のほうが身近であり、なじみのある言葉ですが、少し意識を向け、「一過性」の言葉を身近にしてみてはいかがでしょう。 ファッション、音楽、お笑い。どんなジャンルにも付きものである流行はどうしても一過性、一時的、束の間であります。あまり遠ざけず、一過性といった言葉にも耳を、意識を傾けてみませんか。

初回公開日:2018年02月01日

記載されている内容は2018年02月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング