IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ディレイの意味・音楽/ゲーム用語での意味・リバーブとの違い

更新日:2022年12月15日

言葉の意味・例文

「ディレイ」は、音楽やゲームなど幅広い分野で使われている言葉ですが、正しい意味はご存知ですか?空港やスポーツ観戦など、使うシーンによって「ディレイ」の意味は異なります。この記事では、分野ごとの「ディレイ」の意味を説明します。ぜひ、参考にしてください。

音楽での「ディレイ」でよく使われる言葉として「発振」(はっしん)があります。「発振」とは「振動を発生すること」を意味します。 「ディレイ」の中には、元の音(入力した音)に対するディレイ音の音量の割合を調整する機能があります。この割合を大きくすると、ディレイ音が繰り返されるたびに音量が大きくなり、やがて繋がって発音するようになります。 その結果、マイクの「ハウリング」のようなノイズ音が発生します。このような効果を「発振」と呼ばれています。 楽曲やジャンルの中では、このような音をわざと狙って鳴らすようにして、機械的な効果を出しているものもあります。

「ディレイ」と「リバーブ」の違い

「リバーブ」=残響

音楽で「ディレイ」と混同しやすい言葉として「リバーブ」があります。 「リバーブ」(reverb)は、「reverberation」(リバーブレーション)のことで、残響を意味する言葉です。ここで言う残響とは、室内などで、元の音が鳴りやんだ後も残って聞こえるひびきのことです。お風呂の中やコンサートホールなどで、このような残響音を聞いた方も多いでしょう。 「ディレイ」が入力された音を設定に従って返す効果であるのに対して、「リバーブ」は残響音を出させる効果になります。

「リバーブ」のエフェクター

「ディレイ」と同様、「リバーブ」にもエフェクターがあります。リバーブ音の音量や元の音との間隔などを調整できます。 また、ソフトウェアタイプの「リバーブ」のエフェクターには、「ホール」や「(狭い)室内」など、「リバーブ」の種類や空間の大きさが決められるものも多いです。

ゲーム用語としてのディレイの意味

「ディレイ」はゲーム用語としても、広く使われている言葉です。

格ゲー

一般的に、格闘ゲーム(格ゲー)における「ディレイ」は、「タイミングを意図的に遅らせること」を意味します。 具体的には、追加技などを出すタイミングを遅らせることや、キャンセル(技が決まった後に、元に戻る動作を中断して、次の行動に移ること)を遅らせる「ディレイキャンセル (遅めのキャンセル)」のような意味で用いられます。

鉄拳

格ゲーのひとつである「鉄拳」シリーズでは、「ディレイ」は「連続技のうち、2発目以降でタイミングを遅らせて出すこと」を意味します。 技をわざと遅らせて出すことを「ディレイをかける」、タイミングを遅らせて出せる技を「ディレイが効く技」と表現します。また、遅らせることができる時間の幅を「ディレイ幅」と呼びます。

スマブラ

任天堂のキャラが一堂に会するアクションゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」(スマブラ)シリーズでは、「ディレイ」は「キャラクターの動作を一瞬遅らせること」を意味します。ゲーム中では、「ディレイ」は攻撃の回避などに有効なテクニックのひとつとなっています。

モンハン

「モンスターハンター」(モンハン)シリーズでは、「連続して出せる攻撃を最速ではなく、あ敢えて遅れて入力すること」を意味します。相手のモンスターの動きに合わせて、有効に攻撃を当てていくテクニックとして用いられます。

各分野でのディレイの意味

次のページ:場面ごとに「ディレイ」を正しく使いましょう
初回公開日:2018年01月22日

記載されている内容は2018年01月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング