IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

40坪は何平米か・計算の仕方|坪から平米/平米から坪・換算表

更新日:2022年06月08日

社会人常識

不動産の広告などで目にする面積の表記。ほとんどの面積が平米(㎡)表記になっていることに気付かれている方も多いのではないでしょうか。この記事では、平米から坪数への換算の仕方、坪数から平米への換算の仕方や計算方法などについて紹介します。ぜひご覧ください。

不動産の面積は平米表記?

不動産会社や新聞の折込チラシなどの物件の情報を見ると、面積を表す表記は平米表記になっています。不動産の面積の表記は坪ではなく平米表記とすることが、公正取引協議会において定められているからです。 不動産の面積には大きく分けて、アパートやマンションなど集合住宅を表す面積と、戸建住宅を表す面積の、2種類の面積表記があります。アパートやマンションなどの集合住宅の面積は「専有面積」として表記されます。「専有面積」は完全に個人の面積として使える範囲の面積を指します。個人的に使用できないバルコニーなどは共用の面積となるので、「バルコニー面積」と表記されます。 戸建住宅の面積は「土地面積」、「建物面積」として表記されます。「土地面積」は「敷地面積」、「建物面積」は「延床面積」と同じ意味を指します。

平米を表す単位は?

不動産の面積を表す単位の平米は「㎡」と表記します。 アパートやマンションなど集合住宅の場合は、専有面積/48.48㎡、バルコニー面積/4.82㎡、販売価格3,290万円(税込)、のように表記されます。戸建て住宅の場合は、土地面積/58.01㎡、建物面積/93.02㎡、新築分譲販売価格7,490万円(税込)、のように表記されます。

1坪は何平米なの?

不動産の面積の表記で、もう一つよく目にするのが坪表記です。「坪」表記も不動産業界で使われることが多い単位になりますが、坪表記を使うのは土地の評価額をはかるために「坪単価」という言いまわしで使われることがほとんどです。 1坪は平米に直すと何平米になるのでしょうか。

3.31平米?

1坪は平米に直すと3.30578平米なので、四捨五入するとおよそ3.31平米になります。 計算すると、10坪は10×3.31平米=33.05平米、20坪は20×3.31平米=66.11平米、30坪は30×3.31平米=99.17平米になります。

平米数から坪数を計算するには?

では、平米から坪数を計算すると何平米になるでしょうか。 まず単位の基準としての尺貫法により1尺はメートル法との関係が定められており、1mの33分の10です。 1尺=10/33mであるので1間=6尺=60/33m、1坪=1間×1間なので60/33×60/33平米=3600/1089平米。1平米は坪数に直すと1089/3600坪なので、0.3025坪になります。つまり、1平米=0.3025坪になります。

平米数×0.3025?

平米を坪数に換算する場合は、1平米=0.3025坪なので平米数に0.3025を掛けます。 敷地面積が119.27平米で建物面積が177.28平米の戸建住宅の場合、坪数に直すと、敷地面積119.27平米は199.27×0.3025で計算すると約39.07坪、建物面積177.28平米は177.28×0.3025で計算すると約53.62坪になります。 マンションやアパートなど集合住宅の場合、専有面積が49.48平米でバルコニー面積が4.32平米とすると、専有面積49.48平米は49.48×0.3025で計算すると約14.96坪、バルコニー面積4.32平米は4.32×0.3025で計算すると約1.3坪になります。

坪数から平米への換算方法って?

坪数から平米への換算の仕方は、どのような方法があるのでしょうか。 換算の仕方には2つの方法があります。まず1つは坪数に平米をかけて換算する方法です。1坪が何平米かを割り出せば簡単に計算できます。 1坪にあたる平米数は単位の基準になる尺をもとに計算します。1尺=10/33mとすると1間は6尺なので60/33m、1坪=1間×1間なので60/33×60/33平米=3600/1089平米=約3.31平米になります。 敷地面積が約36.07坪の戸建住宅の場合、平米数に換算すると36.07坪×3.31平米=約199.32平米、建物面積が約53.62坪の場合、53.62坪×3.31平米=約177.48平米になります。 もう1つの方法は、総坪数を1平米当たりの単位坪数で割る方法です。方法は、次のとおりです。

坪数÷0.3025

坪数から平米への換算の仕方のもう1つ方法は、総坪数を1平米当たりの単位坪数で割る方法です。 1平米当たりの坪数は単位の基準になる尺をもとに計算します。1尺=10/33mとすると1間は6尺なので60/33m、1坪=1間×1間なので60/33×60/33平米=3600/1089平米。1平米=1089/3600坪=0.3025坪になります。 敷地面積が約36.07坪の戸建住宅の場合、36.07坪÷0.3025坪=約119.23平米、建物面積が約53.62坪の場合、53.62÷0.3025=約177.25平米になります。

坪と平米と畳の比較は?

坪と平米と畳の比較はどのようになるのでしょうか。 まず1坪は平米数にすると約3.31平米です。これを畳の大きさに置き換えると約2畳分の大きさになります。畳のサイズは地方によってさまざまなサイズの規格があります。 江戸間サイズ:大きさ(176cm×88cm=1.548平米)、おもな地域(関東地方) 京間サイズ:大きさ(191cm×95.5cm=1.824平米)、おもな地域(京都をはじめ関西地方) 中京間サイズ:大きさ(182cm×91cm=1.6562平米)、おもな地域(岐阜、名古屋など中京地方) 団地間サイズ:大きさ(170cm×85cm=1.445平米)、おもな地域(アパートやマンションなど集合住宅) このなかで1坪=3.31平米が、畳2畳分に一番近いサイズの畳は、中京間サイズの畳(1.6562平米×2畳分=3.31平米)ということが分かります。

40坪の住宅は広い?狭い?

次のページ:坪と平米の換算表
初回公開日:2018年01月15日

記載されている内容は2018年01月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング