IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

世界観の意味・使い方や例文|世界観がある/世界観が変わる・違い

更新日:2020年05月17日

言葉の意味

世界観とは『世界』を『観る』と表記しますが、世界観とはスケールの大きな見方でものを見ることです。一人一人が持つ感性や考え方にも影響をする世界観ですが、独自の世界を持っている人に出逢うとさまざまな世界観を吸収できます。ではいろいろな見方で世界観を紹介します。

さまざまな世界観をご紹介してきました。世界観の意味でみると一人ひとりが持つ見方や考え方が違うこともあり、100人100様同じとは言えません。世界観の見方が同じ人もいれば、違うことがあるからこそこの世界に興味を惹かれるといってもいいのではないでしょうか。 もちろん同じ世界観を持つ人たちが仲間となり、共感を持ち、そこからまた新しい世界観を持つことも可能です。世界観には思想が含まれることもできますし、行動が伴うこともあります。美術や文学、歴史、科学などの作品を通して自由に感じ取ること、世界観を感じ取っていくことにより無限大に広がりをみせていけるのではないでしょうか。 ぜひいろんな分野での世界観を感じたり考えたり、味わっていくことでご自身の世界観を広げてみて下さい。

初回公開日:2018年01月10日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング