IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

世界観の意味・使い方や例文|世界観がある/世界観が変わる・違い

更新日:2020年05月17日

言葉の意味

世界観とは『世界』を『観る』と表記しますが、世界観とはスケールの大きな見方でものを見ることです。一人一人が持つ感性や考え方にも影響をする世界観ですが、独自の世界を持っている人に出逢うとさまざまな世界観を吸収できます。ではいろいろな見方で世界観を紹介します。

「世界観がある」とは、その人独自の世界が存在していたり、独自で世界を見る力を持っていることです。世界について考えた場合、独自の空間を持っているため、独自の存在感を持つ対象物や人に対して、使われます。 例文としては「Iさんの持つ思想にはスケールの大きな世界観がある」「三歳の子供にも独自の世界観がある」「父の描く絵画には人々が想像することがなかった世界観がある」「Eさんが作った工芸作品には世界観がある」などがあげられます。

世界観が変わる:使い方と例文

「世界観が変わる」とは、その人独自が持っていた感性や価値観、今までにあった概念などが、ある種の思想や感性、習慣などに目や耳や肌に触れることで変化をするときに使われます。今まで持っていた概念や思考、感性などが変化をするほど変わってしまうことです。 または衝撃的なことや刺激的なこと、驚愕的なものやこと、人に触れることである種の世界観ごと変化をしてしまうことを意味しています。例文としては「彼の音楽を聴いて世界観が変わるのがわかった」「世界観が変わるときには、今後の生き方も変わって行くだろう」「小説や漫画を読んで、世界観が変わるということがよくある」など。

世界観との意味の違いや使い分け

次に世界観に対して、もう一つの意味がどう違うのか?その意味の違いと使い分ける方法について説明をしていきます。ではご覧ください。

世界観と『世界感』の意味の違いは?

「世界観」はある世界の外側からものを見たり、自分を拠点にして世界を見たり聞いたり感じたり考えるものの見方や考え方を指しています。では『世界感』とはどう意味が違ってくるのかを見て行きます。 「世界感」とは、世界を感じると表記はしますが、通常の国語辞典や国語事典を調べても、世界感の意味は明記されていないでしょう。ある一説では世界観の誤変換が『世界感』となったことが説明されていました。

世界感は世界を感覚でとらえる

国語辞典とは違った視点で見てみます。改めて『世界感』とは世界を感じると表記しますが、感性や感覚でどのように感じさせるかが大切なことかを教えてくれているのがわかるでしょうか。この言葉が世界を感じさせるものとなりますので、世界を肌で感じたり目で見て感じる感覚、広々とした大きな世界を通じる感覚や、大きな世界でものを捉える意味で見て下さい。 それによって、広大で大きな感覚を味あわせてくれるものやこと、人を指しているといっていいでしょう。例文では「彼女の無償の愛には世界感を感じさせるほど、深い慈しみが存在している」「スポーツ選手が金メダルを獲得したとき、母は選手と共に世界感を感じていた」があります。

世界観と『価値観』の意味の違いは?

「世界観」はある世界の外側からものを見たり、自分を拠点にして世界を見たり聞いたり感じたり考えるものの見方や考え方を指しています。では似ている言葉に価値観という言葉がありますが、『価値観』とはどういった意味があり、どう違ってくるのかを見て行きます。 「価値観」とは、価値を観ると表記しますが、どのものや事柄、人に対して価値を感じるかどうかの考え方を表しています。または物事を評価したり、判断する場合にいいか悪いかを判断したり、考え方や感覚で決めるときの基準となるものの見方としてみて下さい。 例文では「価値観は人によっても違う」「おじいさんの価値観と父の価値観は正反対だ」「Aさんの価値観からみたら合格だったが、Bさんの価値観から見たら不合格だった」「人の価値観は人によっても違いはあるので、できるだけ多くの人たちの意見を参考にしたい」があります。

世界観と『人生観』の意味の違いは?

「世界観」はある世界の外側からものを見たり、自分を拠点にして世界を見たり聞いたり感じたり考えるものの見方や考え方を指しています。では似ている言葉に人生観という言葉がありますが、『人生観』とはどういった意味があり、どう違ってくるのでしょうか。 「人生観」とは、人生を観ると表記しますが、自分の人生や人々の人生に対してものをみたり、考えたり感じる思考や見方を表しています。人が生きる上で感じることや今までの人生経験を通して考えてきたことなどを表していると言えます。 また人から聞いた言葉や人生を通して培ってきた思考として、人生観は作られている場合もあるでしょう。人の通ってきた深い歴史を言葉に表していると言っても過言ではありませんし、人生の歴史を通して表現している思考や思想、感覚や見方を表します。必要であれば、自分なりの人生観を今一度確かめてみて下さい。

人生観の例文では?

例文では「自分の人生観は、今までの生き方を教訓から創られている」「おじいさんの人生観を孫は受け継いできた」「先生が教える人生観は多くの生徒に影響を与えた」「A課長の人生観は新入社員にとっては、自分勝手な解釈ばかりが目立つためにあまりよく受け入れらてはいない」「小学生の人生観はすでに創られている」などがあります。

世界観は人々に無限大の可能性を与える

初回公開日:2018年01月10日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング