IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

世界観の意味・使い方や例文|世界観がある/世界観が変わる・違い

更新日:2020年05月17日

言葉の意味

世界観とは『世界』を『観る』と表記しますが、世界観とはスケールの大きな見方でものを見ることです。一人一人が持つ感性や考え方にも影響をする世界観ですが、独自の世界を持っている人に出逢うとさまざまな世界観を吸収できます。ではいろいろな見方で世界観を紹介します。

世界観の意味を考える

まず世界観の意味をご紹介しますが、『世界観』とは人生そのものの人生観との関係性があり、『世界観』の範囲はとても広くて大きい世界であることがわかります。また世界観の意味には『人々の理想』や『態度』を示すもの、または考え方によって世界観を表すことがおわかりいただけるでしょうか。 また『一つの世界に対しての態度や考え方』に関しては、哲学的な側面を意味することもあります。宗教的な面では精神的な世界観の意味がありますが、行動を通して表した世界観の意味あいも持っているので覚えておいてください。 この精神的な世界観の意味としては、神話を通して感じたり考えることで意味をなすものや文学を通じて考えたり感性を通して世界観を感じとっていく意味もあります。その他美術で世界観を感じる場合には、精神的な面での世界観を感じ取れることもできますし、個々の理想を通して世界観を感じ取る意味もあるでしょう。

人それぞれの世界観がある

世界観については、人それぞれに持っている思想や感性によってとらえる意味あいが違ってきます。また芸術や哲学、宗教性などによっても違いはありますので、そこから個々でとらえる精神性の意味を見出したり、行動を決める指針となる場合もあるでしょう。 世界観を見出していきながら人それぞれに感じとる方法や、考え方に違いはあります。ですので、皆が全く同じ世界観を持っているとは限りません。自分の世界観を味わってみたら、ぜひいろいろな人たちの意見を聞いて見たり、書籍や文献などを参考にしながら文学や美術作品、歴史や科学などの世界観について話し合ってみるといいのではないでしょうか。

世界観の『世界』とは?

では『世界観』とは一体何を指すのでしょうか。世界という言葉を当たり前のように表現していますが、ちなみに世界とは、この世にあるもののことを意味しています。この世の地域や集合体、グループのことを世界と言い、世間や世の中といった大きなくくり方をした意味合いで言われる場合もあります。 人が認識している地球上の人間社会や環境、仕事の領域などを世界と指しているのがわかるでしょうか。人間社会や地域性、グループ活動を行う上での領域、仕事を行うための領域を指します。それらの仲間やグループ、集合体を作り出していく中では上下関係が発生してくる場合もあり、宗教として教えや恵み、慈しみや幸せを求める場合もあります。 また過去や現在、未来の時間的な観念や空間的なものすべてに対しても『世界』と呼ばれますので、意味は人によってもとらえ方が違いますので、覚えておかれるといいでしょう。

世界観の同義語・類語について

世界観の同義語について見ていくと、世界観と同じ意味を持つ言葉には「宇宙観」があります。世界観というとこの世や地球上のことを指していますが、宇宙観というとすべての世やすべての惑星、宇宙全体を含めて指しているのがわかるでしょうか。

世界観の類語とは?

世界観の類語では「思想」や「人生観」「信念」「信条」「人生哲学」「哲学」「宇宙真理」「真理」があります。世界観の言葉の意味には、精神面や人生そのものの生き方、宇宙などと関連した意味合いが多いのがわかるでしょうか。

世界観の使い方や例文について

次に世界観の使い方について、また例文について紹介していきます。

世界観がある:使い方と例文

初回公開日:2018年01月10日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング