IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

昇格の挨拶の例文|スピーチ/一言/メール/手紙/飲み会・四字熟語

初回公開日:2018年01月27日

更新日:2020年06月03日

記載されている内容は2018年01月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メール

「昇格」は嬉しいですが、その場合には決意表明などの挨拶を皆さんの前で行ったり、手紙やメールで送らなければなりません。昇格の挨拶には、気を付けなければならないポイントがいくつかあります。ここでは、昇格の挨拶で気を付けること、盛り込むポイントなどをご紹介します。

会社の昇格の挨拶の例文

昇進や昇格した場合、とてもうれしいし、周囲からも祝福を受けるのではないでしょうか。しかし、そんなときに乗り越えなければならない壁があります。それは、昇進・昇格による挨拶です。ここでは、会社の昇格の挨拶をどのようにすれば良いか、またその例文についてみていきます。

昇格の挨拶のポイント

昇格した場合の挨拶のポイントとして盛り込みたい重要なポイントに、自分だけの力ではなく、周りに助けられ支えられて昇格したという感謝の気持ちです。どんなに優秀な人であっても、組織内で昇格するには周囲の協力なくしては難しいのが現実です。昇格の挨拶には、必ず感謝の気持ちを入れるようにしましょう。 ・昇格の挨拶には、感謝の気持ちを盛り込む 次に、昇格の挨拶に盛る込むべきことは具体的な展望です。これからどのように組織全体を発展させていきたいのか、その意気込みと展望を伝えましょう。 ・昇格の挨拶には、今後の展望を盛り込む

会社の昇格の挨拶;スピーチ

昇格した場合にスピーチを皆さんの前で行わなければならないことがあります。そんなときのスピーチでは、どのような点に気を付けなければならないのでしょうか。ここでは、昇格の挨拶として、スピーチを行う場合の注意ポイントをご紹介します。

昇格のスピーチの注意点

昇格の挨拶スピーチでは、ただ話せば良いというものではなく、昇格への感謝や決意を伝えるために話し方にも注意を配るべきです。特に重要なポイントが以下になります。

1.適切なスピードと抑揚

昇格の挨拶スピーチでは、話し方のスピードを早すぎず遅すぎず、相手が聞き取りやすいスピードを意識して話しましょう。また、スピーチで重要なことは抑揚をつけることです。 テレビなどで「○○の主張」などさまざまなスピーチを一度は見たことがあるかとおもいますが、そのスピーチをみていただくとわかるように抑揚をつけた話し方の方がより説得力があるように聞こえます。特に自分が主張したい決意表明や所信表明については大きな声でスピードを落として話すようにしましょう。 聞き取りやすい話し方もスピーチとしては、重要なポイントであることを覚えておきましょう。

2.ボディランゲージ

昇格の挨拶スピーチで、今後の展望や決意表明を話すことがあるかとおもいますが、その場合はボディランゲージを取り入れるとより相手への印象を強くできます。 ボディランゲージは、情報以外の目からの印象を与えることができます。そうすることで、所信表明や今後の展望が相手に強く伝わります。やりすぎはかえって場をしらけさせてしまい逆効果ですが、適切なボディランゲージは相手への視覚的効果があるということを覚えておきましょう。

会社の昇格の挨拶;朝礼・一言

昇格した場合に、朝礼などで「一言お願いします」という形で挨拶しなければならないパターンも多いです。そのような場合の挨拶は、簡潔にまとめつつも、皆さんへの感謝とこれから努力して精進していく決意や今後の展望などを挨拶に盛り込みます。

会社の昇格の挨拶例文;朝礼・一言

朝礼で挨拶する場合の例文が、以下のようになります。 (例文)「この度、本日付けで○○部部長を拝命いたしました○○です。○○部部長をご指名していただきましたこと、大変ありがたくおもっております。これも一重にみなさまの日頃からのご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。今回、わたくしのような若輩者がこのような大役を仰せつかったことは、嬉しい反面責任の重大さに身の引き締まるおもいです。まだまだ力及ばずみなさまにご迷惑をおかけすることも多々あるかと存じますが、一日でも早くみなさまのお役に立てるよう、また責任を果たしていけるように努力を惜しまず邁進していく覚悟です。微力ながら、今後も会社の発展のために力を尽くしたいと考えておりますので、変わらぬご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。」

会社の昇格の挨拶;メール

昇格した場合、朝礼のスピーチなど決意表明をする場があれば良いですが、ない場合にはメールで自分の気持ちやこれからのおもいなどの決意表明を伝えることがあります。 メールで昇格したときの挨拶や決意表明を送る場合には、まずは謙虚に受け止めていること、これから精一杯努めていくこと、などを盛るこむことが必要です。そして、できれば「いまの自分よりも、少し上を目指している」ということを書くようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング