IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「異動」の意味|「移動」との違い・人事異動の例8コ

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

会社員によくある「異動」という言葉ですが、よく聞くわりに本当の意味はわかっていません。「異動」とは何を表しているのでしょうか。「異動」はどういう意味なのでしょうか。ここでは「異動」の使い方から、「異動」の意味を考えていきます。

「異動」とは

「異動」という言葉を聞いて、どのような状況を思い浮かべるでしょうか。「異動」という言葉の意味をきちんと理解していますでしょうか。 会社勤めをしていると、「異動」という言葉に遭遇します。はたしてどのような意味なのでしょうか。この記事では「異動」の意味や使い方の例、「移動」との違いについて解説していきます。 まずは「異動」という言葉の意味についてです。「異動」という言葉は、次の3つの意味を持ちます。

意味1.人事の動き

・「異動の意味1」職場での地位、勤務などが変わること。また、退任などの人事の動き この1つ目の意味が最も身近なものではないでしょうか。会社における、「人事異動」を意味します。 会社や上司の方針に従って、部署が変わったり、転勤したりすることです。人事異動の事例が出る時期は決まっている会社は多いです。その時期になると、予想をしたり、そわそわしたりしたことのある方も多いのではないでしょうか。

意味2.物事に変化が起こる事

・「異動の意味2」物事に、前の状態と違った動きが起こること 「異動」という言葉は、「異なる」と「動き」という言葉で構成されています。この漢字のとおり、異なる動きをすることを「異動」といいます。 頻繁には使われない意味ですが、しっかりと覚えておきましょう。

意味3.保険契約の変更

・「異動の意味3」保険契約で、保険期間の中途で契約内容について変更が生じたとき、保険会社に通知して契約条件を変更すること。また、現行のものと違う内容の保険契約に移ること この意味を知らなかった人も多いのではないでしょうか。「異動」という言葉は、保険契約においても使用されます。 保険契約を変更する機会があれば、「異動」という言葉を使ってみましょう。きっと担当者に驚かれることでしょう。

人事異動とは

「人事異動」とは「組織内での地位や勤務状態などが変更になること」をいいます。人事異動と聞くと、不安な気持ちを感じる人も多いのではないでしょうか。 慣れた環境を離れることや、新しい環境へ飛び込むことは、苦痛を感じる人も多いです。しかし別の意味から考えれば、同じ部署に長くいることは決していいこととはいえません。 環境が変わることで、今までの自分を変えるチャンスを得ることができることでしょう。

人事異動の例

ここからは、「人事異動」について詳しく見ていきましょう。8種の「人事異動」について解説していきます。 異動には昇格のようなステップアップとなるものと、降格といったステップダウンになるものがあります。それぞれの異動について、意味をしっかり確認しておきましょう。 そして、もし異動を命じられた場合、その任命にはどういう意味があって、どういう期待をされて異動するのかを、考えられるようになりましょう。

1「配置転換」

まず、1つ目の「人事異動」は「配置転換」です。「配置転換」は部署異動や勤務地の異動を意味します。 今までいた部署を離れ、新しいことを始めるため、命じられた本人にとっては大きな転換となることでしょう。それでもこの会社での異動は、その社員が他部署に行っても、働く能力があると上司が判断して、辞令が出ます。 その会社や上司からの期待を理解して、一層の会社の戦力として働くことが好ましいです。

初回公開日:2018年01月06日

記載されている内容は2018年01月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング