IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

失敗しない路上教習のコツ・MT車の変速のタイミングを掴むコツ

更新日:2022年11月08日

自己啓発

運転免許証を取得する上で最も緊張をしてしまう期間が路上教習実行期間です。そこで、この路上教習をうまく乗り切るために、非常に役に立つコツをまとめていきます。運転に自信が無く路上教習が怖いという人でも、コツを理解することであっさりと乗り切ることができるのです。

左折

左折する場合に注意する必要があるのは巻き込みです。バイクや自転車が左折をしようとしているところに突っ込んでくるという状況は非常に多く、日本でも数多くの事故が発生します。このため、必ず左折する場合は必ず後ろから何かが来ているかもしれないと考えて行動する必要があります。 これは教習所で口を酸っぱくして注意されているでしょう。この状況を打破する路上教習のコツはキープレフトです。膨らんでしまうように曲がってしまうと減点対象となってしまいますので注意してください。

停車

免許を取得した後にも大活躍することになるコツがこの停車です。停車をする場合のコツは止まっている姿を明確にイメージすることです。これがあやふやだと中途半端な位置に停車してしまうこともあります。

降車

降車はそこまで難易度が高いものではありませんが、やり方次第で大事故に繋がってしまいますので、降車をする前の安全確認は最大限注意深く行ってください。

路上教習でのMT車の変速のタイミングの掴み方

これは動画にあるように一般的と思われているタイミングで実行することがコツとなっていますが、明確な決まりはありません。それこそ1速から急に4速にすると行った行動は明らかなミスですが、減速や加速をするタイミングで変速する意識があれば問題ありません。路上教習でも意識しましょう。 ただし、カーブ中に操作をすることは事故に繋がってしまいますので、必ずカーブ手前でギア操作が完了するように意識だけはしてください。曲がる前は徐行になっていますので、落ち着いて入れ間違えないようにすることがコツです。これは意識して路上教習中に体にしみつけるしかありません。

初めての路上教習を無事に乗り切るコツ

初めての路上教習を乗り切るためのコツはキープレフトを意識すること、前の車を意識しつつも2~3台前を見るように意識すること、少しの視点移動でミラーを確認できるようにすることでしょう。 運転に慣れていない人はどうしても視野が狭くなってしまいますので、ミラーならミラーを見続けてしまいます。これがかえって危険をうみますので、視点操作テクニックを身につけるように意識しつつ行動しましょう。 はじめは誰も慣れていませんので、路上教習中でも意識することを忘れないだけでも重要となってきます。路上教習の時間を無為に過ごすのではなく、路上教習中に何を身につけたいのかを明確にして挑むようにしてください。

路上教習のコツはいろいろ

一言でまとめてしまうと、路上教習をクリアするためには路上教習に慣れてしまうことが大切になってしまいます。路上教習に慣れることができればここで記載したことはすべて身につけられるからです。しかし、下準備としてこれらのコツを理解しておけば、何を注意したらいいのかがわかってきますので、対応能力が確実に上がるでしょう。 何も知らない状態からいきなり始めるのではなく、ある程度動画を見て事前知識を持った上で行動することが、何よりも路上教習がうまくなるコツとなってくれます。

初回公開日:2018年01月05日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング