IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「不躾ながら」の意味/類語/用例・ビジネスで使える敬語表現

敬語

「不躾ながら」の本来の意味を知ったうえで、「失礼ながら」や「僭越ながら」などる類語と比較して「不躾ながら」を適切な敬語表現として使ってください。「お願い」や「恐縮」など他の語とうまく組み合わせることで、よりよい敬語表現になります。

更新日時:

「不躾ながら」の意味/類語/用例・ビジネスで使える敬語表現

「不躾」は「ぶしつけ」と読み、「しつけができていない」という意味です。つまりきちんと育てられていないから、乱暴だったり規律を守れなかったり、礼儀をわきまえずつい無礼なことを言ってしまったりすることです。ですからもしも誰かに「不躾なやつだ」などと言われたら、それは大変なことです。 しかし、自分が「不躾ですが」とか「不躾ながら」とか言うのは、自分を相手より低くしているので敬語のなかの謙譲語ということになります。それでは謙譲語としての「不躾ながら」の意味や使い方について考えてみることにします。

「不躾ながら」の意味

「不躾ながら」は、「遠慮せずに申しあげますと」というような、相手に対してへりくだって自分の意見などを伝えるときに用いることのできる敬語です。敬語には尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類がありますが、「不躾ながら」は自分がすることに対して用いる謙譲語です。 「不躾」の辞書的意味は「礼を欠くこと」「不作法なこと」ですから、「不躾ながら」は「失礼なことですが」「不作法ですが」ということになります。辞書的な意味では「失礼」とか「不作法」ということになりますが、謙譲語として用いられる場合は必ずしも本当に「失礼なこと」を相手に対してするのではありません。

「不躾ながら」の類語

「不躾ながら」は謙譲語として用いることのできる敬語表現です。この敬語表現の使い方を考えてみる前に、「不躾ながら」の類語をいくつかみてみることにしましょう。類語ですから似たような意味を表しますが、それぞれ微妙なニュアンスの違いがあります。 それぞれの類語のニュアンスをよく考えて、うまく使い分けてみてください。ここでとりあげるのは、「失礼ながら」と「失敬ながら」と「僭越ながら」と「非礼ながら」です。ニュアンスを知るには、それぞれの言葉の本来的な意味から考えてみることが大切です。

失礼ながら

「失礼」とは「礼を失する」ということで、礼儀をわきまえないというような意味です。ですから「失礼ながら」とは、「礼儀からはずれてしまいますが」ということです。「不躾ながら」と「失礼ながら」はほぼ同じように用いることができます。 ただし「不躾」だけを用いることはありませんが、「失礼」は「失礼」と言って他人の前を横切る場合にも使えます。また、「失礼いたします」を別れるときに用いることもありますが、「不躾します」などという言い方はありません。「失礼」のほうが「不躾」よりも使い方の範囲が広い言葉です。

失敬ながら

「失敬」は「失礼」とほぼ同じ意味で、礼を欠いた振る舞いをすることです。ですから、「失敬ながら」は「不躾ながら」と同じように謙譲語として用いることができます。「失礼する」が別れのときに言う言葉にもなるように、「失敬する」も同じ意味で用いることができますが、とくに他の人たちよりも先に席を立つときに用いられます。 また、「失敬する」に「○○を」という目的語をつけると、「○○を無断で自分のものにする」という意味になります。「不躾」にも「失礼」にもこのような使い方はありません。類語はこのように、共通部分と別の使い方ができる部分とをしっかりと理解しておきことが大切です。

僭越ながら

「僭越」とは「身の程もわきまえず出すぎた行いをする」という意味です。「不躾ながら」と「僭越ながら」を類語としてほぼ同じ意味で使うことができますが、もともとの意味はずいぶん違っています。 「不躾」や「失礼」が「躾ができていない」とか「礼を欠いている」というような否定的ニュアンスであるのに対して、「僭越」は「高慢」とか「傲慢」に近い言葉です。ですから、自分が何かの会を代表して演説するときなどに「僭越ながら」を使うとピッタリです。

非礼ながら

「非礼」は「失礼」とほぼ同じ意味の言葉です。ですから「非礼ながら」は「不躾ながら」の類語として同じように用いることができます。ただし、「失礼」が「礼を失す」という漢文からきているのに対して、「非礼」は「礼にあらざり」という漢文からきているところが違っています。 「失礼する」が別れのときに使える言葉であるのに対して、「非礼する」という言葉はありません。また人の前を通るのに「失礼」と言いますが、「非礼」とは言いません。「非礼」は「遠慮がない」というニュアンスなので、「非礼ながら」は「はっきり言わせてもらうと」というように単刀直入に意見を述べるときに使えます。

ビジネスで使える「不躾ながら」の敬語表現

それでは、「不躾ながら」という言葉をもとにして、ビジネスで使える敬語表現をいくつか考えてみることにします。「不躾」という単語の前後にいくつかの言葉をつけることで、ただたんに「不躾ながら」と言うよりもずっと敬語らしい表現ができます。 ここでは、「お願い」や「恐縮」や「誠に○○と存じますが」などと「不躾」とを結びつけてみます。すると、相手に失礼にならないどころか、相手に対する敬意をきちんと表現できる敬語表現になります。

不躾なお願いでございますが

「不躾ながら」を「不躾な」と言い換えてみると、そのあとに名詞をおくことができます。もちろん「不躾な私ですが」などと、ふつうの名詞ではなく「人」を形容することもできますが、これはあまり使わない表現です。 ビジネスでは、相手に何かお願いをすることが多いので、お願いの前に「不躾な」をつけるといいでしょう。 「不躾なお願いではございますが、何卒ご理解賜りたく存じあげる次第です。」

不躾で大変恐縮ですが

「恐縮」とは「恐れて身が縮みあがること」ですから、相手に何かお願いをしたり、相手から何か厚意を受けたりしたときに使える敬語表現です。 この「恐縮」と「不躾ながら」を組み合わせて使うと、何かお願いしたいときにかなりへりくだった表現をすることができます。 「不躾で大変恐縮ですが、お願いの儀あり、お手紙を差しあげる次第です。」

誠に不躾とは存じますが

「誠に」とは「本当に」という意味ですが、この言葉を「不躾ながら」や「失礼ながら」などとあわせて用いると、より丁寧な表現になります。また、「思う」を謙譲語の「存じる」を使って、何か率直な意見をったりお願いをしたりするときの前置きとして適切な表現になります。 それにさらに丁寧語の「ます」を加えることで、「意見を述べたい」ということを丁寧な敬語で表現することができます。 「誠に不躾とは存じますが、当方の単刀直入な意見を述べさせていただきます。」

「不躾ながら」の用例

「不躾ながら」という敬語表現をどのように使えるのか、いくつかの場面でその用例を考えてみます。話し言葉として「不躾ながら」を用いることはあまりありませんので、メールと手紙でその用例をつくってみましょう。

メール

「○○社○○様 秋晴れの候、貴社にはますますご繁栄のこととお慶び申しあげます。 さて、本日メールを差しあげたのは、当社としては、不躾ながら貴社の提案に対していくつか申しあげねばならないことがあるからです。」

手紙

「拝啓 梅雨晴れの侯、貴社におかれましてはますますご発展のご様子、いつも拝察いたしております。 さて、本日お手紙を差しあげましたのは、誠に不躾とは存じますが、貴社にお願いしたい重大な案件があるからです。」

「不躾ながら」と「不仕付けながら」の違い

「不躾ながら」と「不仕付けながら」は同じ読み方をするとともに、ほぼ同じ意味で使うことができます。礼儀作法を身につけるよう教えることを「しつける」といいますが、「躾ける」とも「仕付ける」とも書けます。しかし、まったく同じかというとそうではありません。 「躾」は漢字の成り立ちからいうと、「身」を「美しくする」ということで、礼儀作法を身につけるという本来的な意味の言葉です。それに対して「仕付け」は裁縫に用いる言葉で、縫い目や折り目をきちんとするためにあらかじめざっと縫っておくことをいいます。それを人の礼儀作法の教育に当てはめて使ったのが「不仕付けながら」です。

「不躾ながら」をうまく使いこなしましょう

「不躾ながら」は謙譲語として用いることができます。いくつかの類語と比較しながら、「ぶしつけながら」を敬語表現としててうまく使う工夫をしてみてください。また、「不躾ながら」をそのまま使うのではなく、他の言葉とうまく組み合わせると、よりよい敬語表現となります。

関連タグ

アクセスランキング