IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

猟師の収入源はなにか・猟師の平均収入推移と都道府県別の平均年収

更新日:2022年05月25日

職種研究

猟師の収入はさまざまです。鳥獣捕獲等事業者に認可を受けている人や、普段サラリーマンをしていて休日に狩猟を楽しむ人さまざまですが、猟師の収入だけでは生活できないのが現実です。猟師になったら、ただ動物を撃たず、自然の恵みを頂いているという気持ちで猟をしましょう。

猟銃の管理と猟で生計を立てる事について

猟師が動物を猟って生計を立てられたのは明治初頭までです。今猟師として仕事をする場合は、他の仕事をしながら猟師の仕事をしないと生計が立てられません。サラリーマンや他の仕事をしながら休日は猟師というようり、ホビーの一種として狩猟を楽しむ人が増えています。 猟銃を持ってる人は、常に県に猟銃の弾を管理されています。何発残っているかをかんりされているので、クレー射撃等で弾を消費しないといけません。狩猟免許を持っている人は、弾の管理も必要になってきます。

獣害駆除をして県からお金をもらい生活する

農作物を荒らす動物を駆除する獣害駆除という仕事が猟師の収入源になっています。証拠写真や実際に猟った動物を見せて、いのししだと1万5千円くらいをもらい収入にしています。最近は不正駆除が増えており、猟っていないのに県側がだまされて支払ってしまう場合もあり、問題になっています。 北海道や東京など場所により、一頭あたりの報奨金が違ってきています。最近は、海外からの外来種などの動物が入ってきているので、猟師の仕事が重要になってきています。収入としては対した金額にはなりませんが、誰かがやらなければならない仕事とも言えます。

猟師の収入は平均いくらくらいなのか

猟師の講習会の講師をしている人でも150万円から200万円程です。あとの人はほとんど収入と言える程の収入がないのが現実です。銃を撃つのが好きな人、動物が好きな人、自然が好きな人などが猟師をしているので、収入は二の次です。

猟師としての収入が220万円から260万円の場合

猟師の講習会の講師や環境生息調査や出稼ぎ、県にしていされた動物の駆除などをしてやっと200万円になります。農家もそうですが、猟師や農家で200万円以上稼ぐというのは難しいです。220万円から260万円の場合は猟師以外の仕事で稼いでいる場合です。

2015年の猟師の平均年収を都道府県別にしたら

鳥獣捕獲等事業者に認定されると年収は300万円程です。猟師がみな鳥獣捕獲等事業者になっている訳ではないので、年収というのはばらつきがあります。一般の平均年収は220万円から260万円というのが基本年収ですが、猟師が皆、この年収ではありません。

東京都の場合336万円という平均収入

年齢や猟った動物の数、でも年収は変わってきますが、東京は特に猟師の平均年収が高いです。東京との平均賃金も基に給料が計算されているので、東京が一番猟師の給料が高いです。336万円と言う平均年収は、鳥獣捕獲等事業者に認定されている事が条件です。

北海道の場合平均216万円という収入

次のページ:自然を第一に考えて猟師を始めよう!
初回公開日:2017年11月13日

記載されている内容は2017年11月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング