IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

0120からの番号を携帯からかける料金|無料/フリーダイヤル

初回公開日:2017年11月05日

更新日:2020年01月27日

記載されている内容は2017年11月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

「0120から始まる電話番号へ携帯から電話をかける場合」をテーマにして、「0120」から始まる電話番号の仕組みや、携帯からフリーダイヤルに電話をかける方法などについてご紹介しています。、携帯電話とフリーダイヤルの関係性に興味がある方は、参考にしてみて下さい。

「0120」は有料?無料?携帯電話から「0120」にかける場合

「0120」は有料?無料?携帯電話から「0120」にかける場合

一般的に、「0120」から始まる電話番号は、「フリーダイヤル」などと呼ばれており、通話料金を気にすることなく話すことができます。しかし、最近ではスマートフォンや携帯電話が普及しており、携帯から「0120」が含まれている番号へと電話をかけた場合、どのようになるのかは、意外と知られていないと予想できます。 そこで今回は、「携帯から0120へかける場合」をテーマにして、さまざまなシチュエーションや状況別に、携帯から0120へかけるとどのようになるのか、通話料金は発生するのかといった内容を考察・ご紹介していきます。

「0120」から始まる電話番号について

「0120」から始まる電話番号について

携帯から「0120」が含まれている電話番号に電話をかける際の料金などについて考えていく前に、そもそも「0120」から始まる番号とは何なのか、「0120」から始まる番号の仕組みや特徴について確認してきましょう。 一般的に、電話の通話料は、電話をかけた方が支払うものとなっています。ですから、AさんからBさんへ電話をかけた場合、電話をかけたAさんが通話料金を支払い、電話を受け取ったBさんには通話料金は発生しないということになります。 「0120」から始まる電話番号は、いわゆる「フリーダイヤル」と呼ばれている電話番号です。「フリーダイヤル」と呼ばれる電話番号の場合は、上記でご紹介したような電話と通話料の関係性が変わります。通常であれば、電話をかけた人に発生する通話料ですが、フリーダイヤルの場合は、電話を受け取った人が通話料を支払う仕組みとなっています。つまり、フリーダイヤルの場合は、通常の通話料の発生の仕組みと反対になり、電話をかけた人ではなく、電話を受け取った人が通話料金を支払うことになるのです。

「0120」から始まる電話番号は企業や組織に多い

上記では、「0120」から始まる電話番号、いわゆる「フリーダイヤル」の仕組みについてご紹介しました。一般的な通話料金が発生する仕組みとは反対に、電話を受け取った人に通話料金が発生するフリーダイヤルですが、個人でフリーダイヤルの電話番号に設定している方は、ほとんどいらっしゃらないと予想できます。一般的には、「0120」から始まる電話番号は、企業や組織が使用している電話番号となっています。 例としては、通信販売の電話番号や、企業のお客様相談センターなどが挙げられます。これらは、消費者側が用事があるために電話をかけるケースが多い番号ですが、その用事の内容が商品の購入や商品・サービスに関する相談や不備の報告といった内容が多いため、企業側がフリーダイヤルの電話番号にして、通話料を負担するケースが多いのです。

公衆電話からフリーダイヤルへかけることも可能

今回のテーマは、携帯からフリーダイヤルへ電話をかけるケースが中心となっていますが、公衆電話の場合は、フリーダイヤルへ電話をかけることが可能なのかどうか、疑問に思っている方もいらっしゃると予想できます。 結論としては、「0120」から始まる電話番号へ、公衆電話から電話をかけることは、可能となっています。しかし、新幹線に設置されている電話や、病院で見掛けるピンク色の電話などからは、フリーダイヤルへの電話はかけることができないため、公衆電話であればどの電話からもかけられるというわけでもありません。

「0120」から始まる番号へ携帯から電話をかける際の料金

「0120」から始まる番号へ携帯から電話をかける際の料金

「0120」から始まるフリーダイヤルの仕組みについて理解したところで、今回の本題である「携帯から0120にかける場合」について、考察していきます。 まずは、「0120」から始まる電話番号へ、携帯から電話をかける場合、料金がどのようになるのか考察していきます。基本的に、「0120」から始まる電話番号は、固定電話を対象にしていることが多いため、携帯から電話をかけた場合、上手く電話をかけられないケースもあります。例外もありますが、料金が発生する以前の問題で、携帯からフリーダイヤルへ電話をかけても、電話が繋がらないことは、少なくありません。 上記のような場合は、携帯からは普通の電話番号にかけて問い合わせるか、固定電話からフリーダイヤルの電話番号へ電話をかけるかといった対処方法が考えられます。ですから、「0120」から始まる電話番号へ携帯から電話をかけた場合の通話料は、「そもそも繋がらないために価格を断定できない」というケースもあると言えるでしょう。

「0120」から始まる番号へ携帯から電話をかけても無料なのか

「0120」から始まる番号へ携帯から電話をかけても無料なのか

上記では、「0120」から始まる電話番号へ携帯から電話をかけても、そもそも番号が使用できず、繋がらない可能性があることをご紹介しました。しかし、最近では携帯からかかってきた電話にもフリーダイヤルで対応している企業も存在しているため、必ずしも「携帯から0120の番号へ電話をかけても絶対に繋がらない」と断言できるわけではありません。 一部企業では、携帯からの電話にも、フリーダイヤルで対応しているとのことですが、その場合はやはり、通話料は電話をかけた人には発生しないと予想できます。「0120」から始まる電話番号へと携帯から電話をかけた場合も、フリーダイヤルとして対応するよう設定されていれば、フリーダイヤルを設定している企業や組織が通話料金を負担すると考えられます。

0120からの電話番号へ携帯から電話をかけると通話料はかかるのか

0120からの電話番号へ携帯から電話をかけると通話料はかかるのか

「0120」から始まる電話番号へ、携帯からかけた電話が繋がった場合は、フリーダイヤルとして対応してもらえる可能性が高いため、基本的には電話をかけた人には通話料はかからないと考えられます。 しかし、上記でも何度かご紹介しているように、携帯からの電話には、フリーダイヤルでは対応しておらず、繋がらないケースも少なくありません。そのような場合は、携帯から「0120」の電話番号ではない普通の電話番号へ電話をかけることになる可能性があります。上記のように、フリーダイヤルが携帯からの電話に対応しておらず、携帯から普通の電話番号へとかけた場合の通話料は、企業や組織側ではなく、電話をかけた人が負担することになります。

「0120」からの電話番号へ携帯から電話をかける方法

「0120」からの電話番号へ携帯から電話をかける方法

続いて、携帯から「0120」が含まれている電話番号へ電話をかける方法についてご紹介していきます。 基本的には、電話をかけたい企業や組織のwebサイトや商品などの説明書、テレビCMなどを確認すれば、企業や組織の電話番号は掲載されています。フリーダイヤルを使用している企業や組織であれば、「0120」から始まる電話番号を掲載しているケースがほとんどでしょう。 しかし、中には携帯からの電話には、フリーダイヤルでは対応していない企業も存在します。その場合は、フリーダイヤルではない電話番号や携帯からの電話用の電話番号が掲載されているケースがほとんどなので、そちらの電話番号から電話をかけることになります。

「0120」から始まる電話番号へ携帯から電話はかけられるのか

「0120」から始まる電話番号へ携帯から電話はかけられるのか

「0120」から始まる電話番号へ、携帯から電話をかけることが可能かどうかは、企業の設定や対応、判断によると言えるでしょう。 どちらかと言えば、フリーダイヤルが携帯からの電話に対応していないケースが多いと言われています。携帯電話から「0120」の電話番号へかけても、そもそも電話が繋がらないため、携帯電話向けに普通の電話番号を用意している企業も少なくありません。 しかし、中には携帯電話から、「0120」から始まる電話番号へ電話をかけても繋がるよう、フリーダイヤルの設定をしてる企業も存在します。そのような場合は、携帯からフリーダイヤルへ電話をかけることが可能となります。 上記のような背景から、携帯からフリーダイヤルへ電話をかけることは、可能なケースと不可能なケースがあると言えるでしょう。

「0120」から始まる電話番号へ携帯から電話をかけられない理由

「0120」から始まる電話番号へ携帯から電話をかけられない理由

上記でも何度かご紹介していますが、携帯から電話をかけた場合、「0120」から始める電話番号が携帯からの電話に対応していないケースは、少なくありません。なぜ、「0120」から始まる電話番号が、携帯からの電話に対応していないのか、気になるところです。 基本的に、フリーダイヤルの電話番号は、固定電話を対象にして設定されていました。携帯電話の場合は、通話料の発生の具合や割合が固定電話と異なっており、そういった点は、携帯からの電話にフリーダイヤルが対応していない企業がある理由の1つと考えられそうです。 また、携帯電話の料金プランで、電話をいくらかけても一定の通話料しか発生しない、「かけ放題」などと呼ばれているメニューが登場したことも、フリーダイヤルと携帯電話の関係性に与える影響は大きいと予想できます。

携帯電話へ「0120」から始まる電話番号から電話がかかってきた場合

携帯電話へ「0120」から始まる電話番号から電話がかかってきた場合

ここまで、「0120」から始める電話番号へ、携帯から電話をかける場合に注目して、通話料金などについてさまざまな角度から考察してきました。しかし、「0120」から始まる電話番号は、こちらから一方的にかけるためのものではありません。時には、「0120」から始まるフリーダイヤルの電話番号から、携帯電話へと電話がかかってくるケースもあります。 フリーダイヤルの電話番号から、自分の携帯電話へ電話がかかってきた場合、過去にその電話番号に用事があって問い合わせていたり、見覚えのある電話番号であったりした場合は、電話に出ても問題ないでしょう。しかし、身に覚えがない電話番号の場合は、企業からのセールスや勧誘の可能性があります。ですから、フリーダイヤルの電話番号だからと言って油断せず、知らない電話番号からの着信に応答する場合は、個人情報の扱いなどに注意することをおすすめします。

フリーダイヤルが使える場合は積極的に利用してOK

フリーダイヤルが使える場合は積極的に利用してOK

いかがでしたでしょうか?今回は、「0120から始まる電話番号へ携帯から電話をかける場合」をテーマにして、「0120」から始まる電話番号と携帯電話の関係性について、さまざまな視点から考察・ご紹介をしました。 フリーダイヤルは、企業や組織が設定していることが多く、消費者や自社サービスのユーザーへのサービスとなっているケースも少なくありません。携帯電話からフリーダイヤルへ電話をかけられるかどうかは、企業や組織によっても異なりますが、可能な場合はぜひ積極的に利用しましょう。

関連タグ

アクセスランキング